July 02, 2018

「第6回 なかま絵画展」終了

7月1日、無事終了しました。
見に来て頂いた皆様、ありがとうございます。
(本来なら個別にお礼言うべきところですが、とりいそぎご一緒で)
見に来て頂いた皆様も、見に来れなかった皆様も、絵画展の様子をYouTubeムービーにしましたので、いま一度、ご覧いただければ幸いです。
こちら→
「第6回 なかま絵画展」
(限定公開、3分00秒)
※ BGMに、須藤千晴さん演奏の素敵なピアノ曲を選んでみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2018

絵画114 「夏櫨(なつはぜ)」と絵画展お知らせ

「夏櫨(なつはぜ)」(水彩F10号 530×455mm)
先の5月4日の投稿では、「鉛筆デッサン」(水彩用下書き)でしたが、それに透明水彩で色付けしてみました。
じっくりとご覧ください。

って、やっぱり写真で撮って縮小表示すると、絵画の微妙な色の再現が出ない!のが辛いですね。ぜひ本物をご覧ください。第6回なかま絵画展に出展予定です。

■鉛筆デッサンと夏櫨の説明は、5月4日の投稿にあります。合わせてご覧ください。
※みてみてコラム、5月4日「絵画113 下書き「夏櫨(なつはぜ)」
http://hello.moe-nifty.com/blog/2018/05/113-d001.html

※Facebook、5月4日「夏櫨(なつはぜ)」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1719539594829029&set=a.136196036496734.27700.100003190151322&type=3&theater

■第6回なかま絵画展
2018.6.27(水)~7.1(日)
AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00まで)
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23 白雲ビルディング1F
・地下鉄西梅田駅より徒歩5分
・JR北新地駅より徒歩5分
※みてみてコラム、6月11日「第6回なかま絵画展」のお知らせ
http://hello.moe-nifty.com/blog/2018/06/6-e606.html

L0000813


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第6回なかま絵画展」のお知らせ

朝日カルチャー中之島の絵画教室の仲間6人で絵画展を開催します。
油彩・水彩7点出展予定です。
お近くにお越しの節は、ぜひお越しください。

日時 2018年6月27日(水)〜7月1日(日)
  AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00迄)
場所 ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23 白雲ビル1F
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅、JR北新地駅より、徒歩約5分
※ギャラリー白雲の案内URL
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/02gal.pak/03gal-tikamiti/03rental-gal/21-hakuun-hp/hakuun1a.html


6


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2018

絵画113 下書き「夏櫨(なつはぜ)」

「夏櫨(なつはぜ)」(鉛筆F10号 530×455mm)
水彩の下書きの鉛筆画。
このまま、葉っぱにコントラストをつけて、机とバックを書き込めば「鉛筆デッサン」で完成!なんですが、最初から水彩を狙って、The Langton(Made in England)の水彩用紙に書いたのでこの後色付けします。水彩画にするには、ちょっと書き込み過ぎですが、鉛筆の筆跡を生かして仕上げるには、これくらい書き込むのもアリかと。
色付けすることで、葉っぱの前後関係をハッキリさせて立体感を出そうと思います。
素材的には、水彩より油絵のネタ。油彩でコッテリ書き足しながら完成させると素敵な絵画になると思いますが、ハマり過ぎるので、今回は水彩で仕上げてみます。

「夏櫨(なつはぜ)」
山地に自生する落葉低木で、初夏にハゼのように美しく紅葉するので「なつはぜ」と呼ばれています。別名「日本のブルーベリー」だそうで初夏に実ができ秋に熟し黒色になると食べられるそうですが、その前に鳥に食べられて実が残りにくい。その夏櫨の紅葉と熟した実を活けたものが、家庭画報2017.11月号に掲載されていて「あっ、これいいね!」と思ったので。

今年の絵画展は、6月27日から7月1日、堂島(西梅田)ギャラリー白雲で。
※ ギャラリー白雲:大阪市北区堂島2-2-23(1F)
M000271


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2018

絵画112 ハワイアンブルー

ハワイシリーズの3作目。と言っても1~2作目は水彩。今度は油彩で種類が違うので3枚組にはしにくい。で、単独で、
「ハワイアンブルー」(油彩P15号 652×500mm)

ハワイ、ダイアモンドヘッドの頂上から見下ろした太平洋と灯台。灯台は「ダイアモンドヘッド灯台」という名前ですが、そのものすぎてタイトルにはしづらいですね。毎回思うのは、絵画を写真にすると微妙な色の変化が飛んでしまって・・・(尤も、使用するディスプレイで色味が大きく変わるので合せ込むのもむつかしい!)

一面に広がるブルーの海。微妙に変化するエメラルドグリーン。ちらっと輝くレッド。波がしらのチタンニウムホワイト。岩礁の波の騒めき・・・微妙なところは、やっぱり本物の油彩で見てほしいですね。今年の絵画展は、6月27日から7月1日、堂島(西梅田)ギャラリー白雲(昨年と同じ会場)で行います。
※「ギャラリー白雲」大阪市北区堂島2-2-23(1F)
L00005122


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2018

絵画111 Hawaii(水彩2枚組)

1枚目「Waikiki」(水彩F6号、410×318mm)
ご存知の有名過ぎる「ワイキキビーチ!」。隣のカピオラニ公園のモンキーポッドの木陰越しに見ると、観光客で混雑するビーチを遠目に、散歩や読書、昼寝などを楽しむのんびりした雰囲気の海岸が見えてくる。暑い日差しを避けて綺麗な芝生の上で贅沢な景色を眺めてのんびりと・・・極上の休日!
2枚目「KALAPAWI Market」(水彩F6号、410×318mm)
既に1月にアップしましたが、Waikikiと合わせて2枚組で。
Waikikiが都会のリゾートなら、こちらは「天国の海」と言われる田舎のリゾート。小さなお店がオールドタウンの素敵な雰囲気を漂わせています。
どちらも、
アッ、ハワイ!行ってみたいな~のんびりと・・・

※1枚目は、カピオラニ公園側に、これほど人はいませんでした。
※2枚目は、実際はマーケット越しに海は見えませんし手前の標識もありません(実際にある風景を寄せ集めて雰囲気を作ってます)
M000063


M000081


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2018

絵画110 水彩「KALAPAWI Marker」

KALAPAWI Market(水彩F6号、410×318mm)
今年の10月に訪れたハワイ・オアフ島のラニカイビーチ。
ハワイ語で「天国の海」と言われ全米ナンバー1にも選ばれた白砂と翡翠色のグラデーションが美しい海岸です。そこに行く途中で見つけた、KALAPAWI Marketは、1932年創業の青緑色の可愛いオールドマーケット。お店の雰囲気がひときわ輝いていて、“これを描かずに何を描く!”と思ってしまいました。
が、残念ながら、ビーチから1本内側の道沿いで美しいビーチが見えない!
そこで、絵画のいいところ、勝手に創作して、マーケット横からビーチへ続く小路を追加して美しい海のイメージを作ってみました。となると、ビーチ帰りの2人、ヤシの木とプルメリアの木、ビーチの案内標識、往来する自動車、歩道の芝生に赤い日日草などを加えて、楽しそうな田舎街にしてみました。
“私だけの(私だけしか見えない)KALAPAWI Market”
M00015121


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画109 水彩「避暑地にて」

絵画教室のモデルさん、大抵、無表情!長時間微笑み続けると顔が引きつるので人形さんのような顔になります。
それでは、面白くないので、
勝手に、視線を正面にして、少しだけ口を開けて微妙に微笑ませて、ついでに目元を、適当に変えて・・・
バックのイメージは、爽やかな軽井沢や北海道や信州でなくって、この夏マラニックで行った「生駒のラッキーガーデンから見た矢田丘陵」ここの眺めは十分避暑地の雰囲気があります。はい!
(水彩F10、530×455mm)
M00036112


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画108 油彩「蓮の輝き」

「蓮の輝き」油彩P12号(606×455mm)
早朝の朝焼けの光が、蓮池に差し込むサマを想像してみました。
五重塔の北側の暗い森の蓮池に光が差し込み、浮かび上がる蓮の花。
池の奥には、うっすらと朝もや。
朝焼けの光が、シルエットの五重の塔の屋根や、池の蓮に回り込み、蓮の花の輝きを際立たせています。
というイメージで・・・
元は、東寺の北側の蓮池。実際は、午前10時頃かな?
この時間なら、単なるお寺の庭の蓮池。しかも、まだ花が咲いていない6月末。
絵になりにくいのですが、ふと、蓮の花とシルエットの五重塔、そこに朝焼けの光が降り注ぐイメージが浮かんだので、絵にしてみました。
P0000411


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2017

絵画107 油彩「富士」

Mm0004721
 2017年4月30日の「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」は肉離れで応援でしたが、その分綺麗な富士山を堪能できました。
 その翌日、観光で訪れた忍野村の新名庄川の水辺から、桜並木の土手越えに富士山を眺めた風景を絵画にしてみました。油彩F15号(652×530mm)。

 この日、富士山は裾野に雲がかかり頂上しか見えませんでしたが、前日のスカッと綺麗に見えた印象を重ね合わせてみました。
 富士に桜!と、それだけで主役になれる素材ですが、本来なら脇役の“土手と川面”が、意外にも主役以上に主張していて、こっちが主役!?と思えるほどです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧