« July 2017 | Main | April 2018 »

January 31, 2018

絵画111 Hawaii(水彩2枚組)

1枚目「Waikiki」(水彩F6号、410×318mm)
ご存知の有名過ぎる「ワイキキビーチ!」。隣のカピオラニ公園のモンキーポッドの木陰越しに見ると、観光客で混雑するビーチを遠目に、散歩や読書、昼寝などを楽しむのんびりした雰囲気の海岸が見えてくる。暑い日差しを避けて綺麗な芝生の上で贅沢な景色を眺めてのんびりと・・・極上の休日!
2枚目「KALAPAWI Market」(水彩F6号、410×318mm)
既に1月にアップしましたが、Waikikiと合わせて2枚組で。
Waikikiが都会のリゾートなら、こちらは「天国の海」と言われる田舎のリゾート。小さなお店がオールドタウンの素敵な雰囲気を漂わせています。
どちらも、
アッ、ハワイ!行ってみたいな~のんびりと・・・

※1枚目は、カピオラニ公園側に、これほど人はいませんでした。
※2枚目は、実際はマーケット越しに海は見えませんし手前の標識もありません(実際にある風景を寄せ集めて雰囲気を作ってます)
M000063


M000081


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2018

絵画110 水彩「KALAPAWI Marker」

KALAPAWI Market(水彩F6号、410×318mm)
今年の10月に訪れたハワイ・オアフ島のラニカイビーチ。
ハワイ語で「天国の海」と言われ全米ナンバー1にも選ばれた白砂と翡翠色のグラデーションが美しい海岸です。そこに行く途中で見つけた、KALAPAWI Marketは、1932年創業の青緑色の可愛いオールドマーケット。お店の雰囲気がひときわ輝いていて、“これを描かずに何を描く!”と思ってしまいました。
が、残念ながら、ビーチから1本内側の道沿いで美しいビーチが見えない!
そこで、絵画のいいところ、勝手に創作して、マーケット横からビーチへ続く小路を追加して美しい海のイメージを作ってみました。となると、ビーチ帰りの2人、ヤシの木とプルメリアの木、ビーチの案内標識、往来する自動車、歩道の芝生に赤い日日草などを加えて、楽しそうな田舎街にしてみました。
“私だけの(私だけしか見えない)KALAPAWI Market”
M00015121


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画109 水彩「避暑地にて」

絵画教室のモデルさん、大抵、無表情!長時間微笑み続けると顔が引きつるので人形さんのような顔になります。
それでは、面白くないので、
勝手に、視線を正面にして、少しだけ口を開けて微妙に微笑ませて、ついでに目元を、適当に変えて・・・
バックのイメージは、爽やかな軽井沢や北海道や信州でなくって、この夏マラニックで行った「生駒のラッキーガーデンから見た矢田丘陵」ここの眺めは十分避暑地の雰囲気があります。はい!
(水彩F10、530×455mm)
M00036112


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画108 油彩「蓮の輝き」

「蓮の輝き」油彩P12号(606×455mm)
早朝の朝焼けの光が、蓮池に差し込むサマを想像してみました。
五重塔の北側の暗い森の蓮池に光が差し込み、浮かび上がる蓮の花。
池の奥には、うっすらと朝もや。
朝焼けの光が、シルエットの五重の塔の屋根や、池の蓮に回り込み、蓮の花の輝きを際立たせています。
というイメージで・・・
元は、東寺の北側の蓮池。実際は、午前10時頃かな?
この時間なら、単なるお寺の庭の蓮池。しかも、まだ花が咲いていない6月末。
絵になりにくいのですが、ふと、蓮の花とシルエットの五重塔、そこに朝焼けの光が降り注ぐイメージが浮かんだので、絵にしてみました。
P0000411


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2017 | Main | April 2018 »