« 旅の土産話(欧州クリスマス編1)~機内~ | Main | 旅の土産話(欧州クリスマス編3)~ハイデルベルク~ »

January 18, 2014

旅の土産話(欧州クリスマス編2)~フランクフルト着~

P00001 長い機内から解放されて、降り立ったのはフランクフルト空港。後はバスでホテルに行って寝るだけ!ヨーロッパへの西回りで時差ぼけが少ないのは夜着で睡眠が確保できるのがいいところ。逆に東回りでアメリカやハワイに行くと、眠れなくて朝や昼に現地着なので居眠りすると昼夜逆転の時差ぼけが続く。
 で、空港でホッとしたのも束の間。早速トラブル発生!!
 ツアーは、17人+ツアーコンダクター(TC)1人ですが、スーツケースが4つ出てこない。欧州乗り継ぎの場合は時々あるようで、以前の出張時も同行者の荷物が出てこなかったりスーツケースが割れたりした。TCさんの話では、乗継の場合は、到着遅れとか、積み替え時間が無ければ、そのまま出発するし、ストがあれば人だけ載せて荷物は降ろさないでそのまま飛ぶそうです。TCさんの過去の経験では、16個中11個でてこなかったとか、ツアーの人で旅行中に出てこなくて関空に帰ったらあったとか、9か月後に自宅に届いたので開けるとカビだらけだったとか・・・
 早速、TCさんと出て来なかった人達はカウンターに行って手続き。カウンターはロストバッゲージの手続きで人だかり。暫く待って、下着類のパックをもらって帰ってこられました(荷物は3日後に旅行先のホテルに無事届きました)
 で、KLM航空のモットーは「3日以内に届ける」だそうです。本当は“荷物も正しく運ぶ”でしょうけど、堂々とポリシーにしているところが“荷物は無くして当然”の感覚ですね。海外旅行に行かれる予定の皆様、大事なものや1日分くらいの下着やおしゃれ道具は手荷物で自己防衛しましょう。

■写真は、ホテルの朝食。ハムやチーズ、パンが美味しい。ポテトは付き物だが野菜は少ない。

|

« 旅の土産話(欧州クリスマス編1)~機内~ | Main | 旅の土産話(欧州クリスマス編3)~ハイデルベルク~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/58968747

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(欧州クリスマス編2)~フランクフルト着~:

« 旅の土産話(欧州クリスマス編1)~機内~ | Main | 旅の土産話(欧州クリスマス編3)~ハイデルベルク~ »