« 絵画59(寂光院) | Main | 絵画61(錦秋のこみち)Ⅱ   »

November 14, 2012

絵画60(錦秋のこみち)

P00002_2 京都、大原「三千院」といえば、紅葉の名所で、境内、門前、歩道と観光客が絶えない。
 普通は、大原のバス停から三千院に向かって歩き、三千院手前で左に折れて門前に向かうのだが、左に折れずにそのまま真っ直ぐ進と、音無しの滝に続くこみちになる。 
 少し外れただけで、ほとんど観光客は通らない。しかし、左手の石垣の塀越えに、三千院の庭の紅葉や、周囲の山の紅葉に囲まれて、しっとり落ち着いた晩秋の景色が楽しめる。

 題材は、昨年の11月28日に写真撮影したものをベースに、透明水彩画(F10号 530×455mm)に描いてみた。もちろん写真では、深い緑の木々もあり、小道も舗装されているのだが、しっとりとした晩秋の雰囲気を出すには相応しくないので、全体を錦秋にしてみた。
 幾重にも重なり合う黄色や赤の枝、苔の茂った石積みの落ち着いた風景の中で、紅葉の落ち葉の小道を進んで、そのむこうの錦秋を見てみたい。と思って頂けたら嬉しいです。

■ 次の絵画展は、
「6人展」2013年2月4日~9日、谷町6丁目の薬業年金会館の予定です。
ぜひお越しください。
大きな本物の絵画は、また印象が違います。

|

« 絵画59(寂光院) | Main | 絵画61(錦秋のこみち)Ⅱ   »

Comments

たけちゃん、遠近感がいいでしょ。奥に続くこみちがポイントです。

Posted by: Oちゃん | February 01, 2013 at 01:19 PM

この微妙なカーブを交えた遠近感がいいですね~~~

Posted by: たけした | January 31, 2013 at 05:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/56113843

Listed below are links to weblogs that reference 絵画60(錦秋のこみち):

« 絵画59(寂光院) | Main | 絵画61(錦秋のこみち)Ⅱ   »