« April 2012 | Main | June 2012 »

May 23, 2012

カラー

Pp000781_2 学生が校内で展示即売会していたので購入しました。
他にもいろいろあったのですが、このメガホンのような鮮やかな黄色が遠くから呼んでいるようで、最後の一鉢「お買い得」の文字に引き寄せられて衝動買い。
 花がワイシャツの襟に似ていることから、カラーリリー、略してカラーと呼ばれています。修道女の襟を連想させるという説もあるようで、白、ピンク、黄の花があります。花のエッジのゆるく曲がるカーブがちょっとセクシー! 
 花言葉は「清浄、壮大な美、歓喜」 英名はリリー・オブ・ザ・ナイル(ナイルの白百合)だそうです。サトイモ科の植物と聞くと、確かに葉はサトイモに似ていますね。白が庭にあるので、この黄色とペアで育てます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2012

いちご

Pp00079_3 イチゴの果実が赤く熟してきました。
 3月6日にプランターに植えた「いちご」の苗8株。ようやく食べられそうです。
完熟いちご目指して、もう一日我慢です!
(苗の植付け→ http://hello.moe-nifty.com/blog/2012/03/post-be60.html )

 ところで、イチゴの赤いところが果実と思いがちですが、実は、ゴマのような粒々が果実で、赤い部分は、めしべの土台(花床、花托)です。
 イチゴには、ビタミンCや葉酸が豊富で、そのほかペクチンやアントシアンも含まれています。それぞれの効果は、ビタミンCが風邪予防や美肌効果。葉酸は血を作り貧血予防。ペクチンは血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑え、アントシアンはポリフェノールの一種で発癌抑制作用があるそうです。
 その栄養素を逃さず食べるには、ヘタをつけたまま食べる直前に水洗いし、食べる前にヘタを取ると流出しなくていいそうですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2012

アストロメリア

P00057 庭のアストロメリア、写真のピンク系とオレンジ系が咲いています。雨上がりの水玉がきれいです。
 花言葉は、機敏、エキゾチック、とか、未来への憧れ、幸福な日々、など・・・
花びらの模様が複雑で、切り花でも水持ちがいいので花瓶に活けておくと”幸福な日々”が訪れるかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2012

立てば・・・

P000101 庭に真っ赤な芍薬が咲きました。
 昔から、美人を「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ってたとえるだけあって、目の覚めるような美しい花です。と言っても他の花のみんな咲いたときは綺麗なのですが、桜、バラ、チューリップ、ひまわり・・・
 芍薬は、春に新芽を出して花が咲く“草”で、すらっと縦に伸びた細い茎の先に、美しい花をつけるので“立てば芍薬”。牡丹は、茎が冬の間も残る“木”で残った枝から横に枝が伸び花が咲く。木が高くならずに座って見るとちょうどいいとも。風が吹いてもしなやかに揺られてうつむき加減に咲く百合の花は、優美な女性の美しい姿そのもの。ということらしい。
P000121 花の咲く時期でみれば、牡丹が4月。芍薬が5月。百合が6~7月。ちょうど、座っていた美人が立ち上がって優美に歩き出すという一連の動作になり、どこをとっても美しい“美人”の最高のたとえになります。
 その芍薬の花。牡丹が「花王」と呼ばれるのに対して、花の宰相「花相」と呼ばれるそうです。名前に薬の文字が含まれるように、その根に薬効成分があり、鎮痛作用や婦人病の薬として昔から重宝されています。
 雨上がりの午前中、まだ日がさす前の曇り空でも、ひときわ輝いて見えました。しばしウットリです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2012

絵画54(大阪城)

P000051 今年の桜は散ったけど、こちらの桜はパーマネントです。
 桜満開の大阪城を描いてみました。(F10、透明水彩)
 大阪城、森ノ宮から天守閣に向かい、玉造口で外豪を渡って石垣に登ったあたり、ちょうど天守閣の南東からの眺めです。
 大阪城は上町台地に建てた城で、天守閣が一番高くなり、天守閣を描くと横や上が空ばかりになりバランスが悪くなります。そこで左上から桜の枝を入れ、右に散る花びらを描いてみました。バックは薄い青空に、桜のピンクと黄金の黄色のカスミを入れています。なんといっても、大阪城は、秀吉の黄金の城なのです。
 大阪城の屋根は鮮やかな青緑色で、しかも鯱などいたる所が黄金色であり、色を強調すると、アニメーションの背景になってしまいそうです。そこで、影や南面と東面の屋根の色の違いを入れ、背景の黄色のカスミを城の右下にも伸ばして、空気感を狙ってみました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »