« May 2011 | Main | July 2011 »

June 29, 2011

絵画42(ベネチアの風)

P000011 絵画32に続いて再びベネチアの水彩画です。
ご存じのように、細い水路をゴンドラでめぐります。建物の間をゆっくりと進むゴンドラ。歩いて観るより風情があり、じっくりとベネチアの街が楽しめます。水面から眺めると高い建物がぎっしり。その上に青い空。静かな水面を渡る爽やかな風!「乗る価値あり」お勧めです。
 その爽やかな風をイメージして、少し絵具を筆から弾いて飛ばしてみました。バックの建物、ちょっと不満なのでいずれ再トライしたい風景です。

(参考)こちらも併せてご覧ください。
 みてみてコラム・・・絵画32(ベネチア) 2011.2.2
 旅の土産話 ・・・ イタリア編(6)ベネチア、(9)ゴンドラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2011

朝顔咲いた!

 鉢植えの朝顔が今年初めて咲きました。小学生が栽培した種を敬老の日におふくろがもらったもので、種が5個あったのですが、芽が出たのは1本だけ。その1本が綺麗な花を咲かせました。残念ながら今日の朝は雨。折角の花びらの縁が雨に打たれて少し傷んでいますが、それでもしっかりと咲いています。
 初夏から秋まで、長く楽しめる花で、ツルがいつまでも成長するのですが、鉢植えでツルの先を止めて小さく栽培することにしました。「朝顔」の意味は「朝の美女」だそうです。花言葉は、いろいろあるのですが「明日も爽やか」「愛情」「平静」など。節電の夏の日除けには丁度良さそうです。
 写真は、左側が「花の中心の筒の部分に白い雌蕊がくっきりと自己主張しています。」右側は「見返り美人のイメージで、朝顔の白い筒の部分が美人のうなじのようで艶があります。」
P000121   P000201


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2011

トマト食べた!

 庭の鉢植えのトマトがようやく色づき始めました。
 待ちきれずに早速、口に放り込みました。まだ真っ赤でないけどビックリするほど甘いトマトです。今年のトマトは、シュガーミニ、ピュアスイートミニ、ルビーノの3種類を各1株づつ大きな鉢に植えています。どれも鈴生りで、これから順番に熟してきそうです。
 その他に、夏の野菜の定番、ナスにキュウリも各3本づつ。こちらは、既に何度も収穫済み。キュウリは一晩で大きく育ち、毎日食卓に登場しています。(取り損ねると、瓜のように太ったキュウリになってしまいます)これからの暑い夏は、水やりが欠かせませんが、朝起きて、すぐ採った野菜を朝食に頂くのは何より楽しみです。
 鉢植えでも、大きめの物なら簡単に栽培できます。水やりと害虫退治(しっかり検査して捕殺すれば無農薬でOK)2週間に少し肥料(油粕か化学肥料)を追加。支柱にひもで誘引さえすれば、ベランダでも栽培できます。
 写真は、上左から「■手前から、ナス、トマト(真ん中がルビーノ)、キュウリ」 「■キュウリ。勿論ほとんど真っ直ぐですが、これは珍しいドーナツ型(小さい時にお尻が首側と絡まって抜けなくなったので・・・)」 「■トマト(赤いのは食べてしまいました)」 「■ナス」。どれも美味しそうでしょ!
P00062_2   P00070_2
 
 
 
 
 
 
 
 
P00075_2   P00076_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2011

絵画41(5月のキャンパス)

P000051_2 5月。新入生が目立つ大学のキャンパス。その希望のイメージで水彩画に仕上げてみました。
 左の大きい木は、大学のキャンパスから知識を吸収して、いろいろな個性で大きく育つ学生たち。その木と校舎の間に、うっすらと水色のストライプ。ストライプに沿ってイエローやピンクを薄くぼかして入れてみました。水色のストライプは、爽やかな“5月の風”、イエローやピンクのぼかし模様は、風に乗ってきらめく“希望の光”のストーリーです。
 左手前の木の広がりは、水塗の乾かないうちにイエローや橙、ブルーなどで下塗りしたあと乾かし、黄色や緑、橙色で、若葉から影の葉を書き込みました。幹をしっかり書き込むことで、後ろの校舎との距離感(空気感)を狙っています。5月の若葉のころのキャンパス風景を感じていただければ嬉しいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »