« 絵画39(本郷の瀧桜) | Main | 絵画41(5月のキャンパス) »

May 19, 2011

絵画40(長谷寺 枝垂れ桜)

P000031_2 長谷寺は「花の御寺」とも呼ばれ、特に牡丹は7000株、ほかにも芍薬やシャクナゲ、額アジサイなど、四季の花が境内いたるところに咲きます。牡丹があまりに有名になってしまったが、桜もまた見事で6000本以上あり、吉野と並ぶ名所といわれています。舞台造りの本堂と境内を囲む堂塔伽藍が桜色に覆われた眺めは圧巻です。
 4月13日、丁度満開。長谷寺の境内のルートは、一般的に、仁王門から入り登廊を登り、本堂から五重塔をめぐり仁王門に戻るのですが、五重塔から本坊に寄り、そこから後ろを振向くと枝垂れ桜越しに国宝の本堂が望めます。
 今回は、本堂とそこに被さる見事な枝垂れ桜を主題に、手前の塀と松、境内を埋め尽くす桜、背後の初瀬山を描いてみました。本堂と手前の塀と松をしっかり描きこみ、淡いピンクの枝垂れ桜を筆の勢いで描き、桜が山に沈みこまないように背後の初瀬山を淡くして奥行感を狙ってみました。(水彩画F10号)前回の「又兵衛桜」に続いて桜2作目です。もうとっくに桜の季節は終わりましたが、前回の又兵衛桜と合わせて楽しんで頂ければ嬉しいです。

|

« 絵画39(本郷の瀧桜) | Main | 絵画41(5月のキャンパス) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/51714849

Listed below are links to weblogs that reference 絵画40(長谷寺 枝垂れ桜):

« 絵画39(本郷の瀧桜) | Main | 絵画41(5月のキャンパス) »