« 絵画38(モデルデッサン) | Main | 絵画40(長谷寺 枝垂れ桜) »

April 02, 2011

絵画39(本郷の瀧桜)

P0000411 奈良県大宇陀の本郷に、樹齢300年の枝垂桜があります。
満開になると、枝から桜が流れ落ちる滝のように見事に咲くことから「本郷の瀧桜」と呼ばれていて、この時期だけ大勢の人が見物に押し寄せます。また、戦国武将「後藤又兵衛」が大阪夏の陣の後、晩年を過ごしたという伝説の屋敷跡であることより「又兵衛桜」とも呼ばれています。2000年のNHK大河ドラマ「葵徳川三代」のオープニング画面に使われたことから有名になり、春の桜の写真や絵画の題材として、時々、旅行や写真の雑誌の紙面を飾っています。
 昨年の4月に見物に行き、写真を撮ってきましたので、それをベースに、水彩画でF10号に描いてみました。写真では少し時期が過ぎていたのですが、満開にできるところが絵画のいいところです。春爛漫の見事な枝垂れ桜を楽しんで頂ければ嬉しいです。

※ 昨年4月に見物に行った時の記事は、こちらです→
http://hello.moe-nifty.com/blog/2010/04/post-4d49.html

|

« 絵画38(モデルデッサン) | Main | 絵画40(長谷寺 枝垂れ桜) »

Comments


 こんばんは、ぶらんぼうさん。
確かに、本物見ると感動するかも?
ただ、ちょうど満開を観れる日に行くのは難しく、大抵、一部満開で一部早いか遅いかです。これだけ大きいと、樹全体が一斉に満開になるのは難しいのかもしれませんね。
 ちょっと交通の不便な所なので、車で行くしかありませんが、この時期の土日は渋滞です。昨年は4月8日に行きましたが少し遅かったように思います。

Posted by: Oちゃん | April 03, 2011 at 10:55 PM

この絵でこんだけの迫力あるのだから、本物の樹を見たら言葉を失いそうです。

Posted by: ぶらんぼう | April 03, 2011 at 05:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/51280111

Listed below are links to weblogs that reference 絵画39(本郷の瀧桜):

« 絵画38(モデルデッサン) | Main | 絵画40(長谷寺 枝垂れ桜) »