« 旅の土産話(イタリア17)-パスタローディング | Main | 旅の土産話(イタリア19)-カプリ島 »

December 02, 2010

旅の土産話(イタリア18)-青の洞窟

 ナポリは大型の豪華客船が寄港する世界有数の美しい街。そこからフェリーで50分程でカプリ島に着く。こちらもナポリ以上の美しい島だ。晴れ渡った空。穏やかな海。明るい空気の透明感がある。
 青の洞窟の美しいブルーが目に浮かんでくる。これからモーターボートに乗り換えて南イタリアのハイライト「青の洞窟」観光です! 埠頭を少し歩くとボート乗場。ここでTCさんから「少しお待ちください」のひと言。前方のチケット売場に、イタリア語や英語から中国語など各国語の看板があった。見慣れた日本語で「本日、高潮のため中止」非情の一文が目に付いた。これほど晴れて凪いでいるのに中止!信じられない!が仕方がない。代わりに出来た時間でたっぷりカプリ島を楽しむ。
 昼食後、モーターボートで「青の洞窟」の入口を検証しに行く。港を出て洞窟に近づくにつて、波は大荒れ!ボートも大きく揺れ波しぶきがかかる。青の洞窟の入口は、手漕ぎボートの1艘が入るのがやっとの小さな洞穴。そこが波のたびに海中に沈み、波が下ると洞穴から海水が吹きだす。とても入れたものではない。天候や港の波風に関係なく入口の波の状況で決まる。“現場第一”ということが良くわかる!
Pp00018■非情の看板
 
 
 
 
 
 
Pp00042■海から見るカプリ島

|

« 旅の土産話(イタリア17)-パスタローディング | Main | 旅の土産話(イタリア19)-カプリ島 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/50193345

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(イタリア18)-青の洞窟:

« 旅の土産話(イタリア17)-パスタローディング | Main | 旅の土産話(イタリア19)-カプリ島 »