« 絵画22(霧立つ広沢池) | Main | 園芸11(イラガ退治) »

August 31, 2010

絵画23(秋吉野)

 P000551 絵画22の続編で「秋吉野」です。吉野山といえば桜が有名過ぎますが、山霧の中に浮かぶ、散り行く桜葉紅葉の山々も、また趣があります。
 元の写真は、今回もsawaさんのHP「澤写真館」から、デジカメ散歩(’08.10.24 吉野山の桜葉紅葉)をお借りしました。
・澤写真館→ http://www.rinku.or.jp/sawa/ 

|

« 絵画22(霧立つ広沢池) | Main | 園芸11(イラガ退治) »

Comments

sawaさん、こんにちは。元写真でお世話になっています。
”筆さばき”ありがとうございます。写真と違って絵では、いらないものは省略できますし、位置ずらしや追加等もできるので自由度は高いと思います(私のような初心者には、書きにくいものを省略する等都合が良いですが)その点写真は邪魔な電信柱と思っても消せないのが辛いですね。
 風景の絵は、本当は自分で見た印象で描くのが一番ですね。同じ写真でも、実際に行って写真を撮ると、その時の印象でかけるのですが・・・緑の色は絵の具の色では自然界の色にならず、必ず混色にするのですが、もっとくすんだ色にした方が良い雰囲気になりますね。
 絵をカメラで撮ると、なかなか絵画の色にならないのが悩みです。今回は、日中の陰で撮ったので青色掛かっていて、その分色目が鮮やかになってしまいました。他の写真では、用紙の白が白にならずグレーっぽくなったりと、絵のイメージ通りに写真にするのが難しいです。

Posted by: Oちゃん | September 01, 2010 at 01:15 PM

初めまして

秋の奈良と京都の風景、素晴らしい筆さばきですね。
写真では表現しにくい風景も水彩画ではイメージ
出来ますね。

ただその場の情景が画像だけのイメージですから
季節感を表現しにくいですね。
晩秋になると木々が黒い緑色になっています。

Posted by: sawa | September 01, 2010 at 08:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/49307563

Listed below are links to weblogs that reference 絵画23(秋吉野):

« 絵画22(霧立つ広沢池) | Main | 園芸11(イラガ退治) »