« 絵画14(トルンの夜明け) | Main | (JogNote)鶴見緑地ラン »

July 02, 2010

絵画15(ヴェルニッツ門)

P000271 2年前、入社○0年記念のリフレッシュ休暇で、ドイツ・ロマンチック街道のツアーに行きました。途中の城壁の町「デュンケルスビュール」1618年からの30年戦争や、第2次世界大戦でも破壊されなかった為、中世の街並みが今も残っています。
 その街から出る門の一つ「ヴェルニッツ門」 石造りの門の外にはベルニッツ川が流れていて小さな木の橋を渡り外の町に続いています。門の手前にある黄色い電話ボックスが確りと存在感を示していました。そこで、自転車を押して行く女性を橋の上に入れてストーリーっぽくして描いてみました。
(元の写真は、「O&K’s Trip」2007.8.7「ロマンチックドイツ(3)」の10枚目の写真です)

※左の「Categories」の「絵画」をクリックして、絵画編をまとめてみてくださいね。

|

« 絵画14(トルンの夜明け) | Main | (JogNote)鶴見緑地ラン »

Comments

 写真撮るときに、写真になる構図やテーマを狙います(今なら絵になる構図でしょうが) それを絵にするときはもっと隅々まで見て、これは省略、ココに人物を追加、そのために少し構図を変えてとか色々考えます。勿論、じっくり見ているうちにその時の思い出がしっかり甦ります。ついでに一緒に撮った他の写真も見たりして、何を書くか決めるのに結構時間が掛かりってしまいます。
 クラスメイトにドイツ人!凄いね。英語にドイツ語もわかるの? ドイツは良いよ。ぜひ行ってみてください。

Posted by: Oちゃん | July 03, 2010 at 09:04 PM

Oちゃん、
写真見て、さらに絵を描くと思い出が鮮明に甦りませんか?
かの国には、ブログで知り合った人、クラスメイトだったドイツ人とタイ人が住んでいます。
Englandもエエけど、ドイツへも行きたくなりました。
予算あらへんのにsweat01

Posted by: ぶらんぼう | July 03, 2010 at 03:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/48778557

Listed below are links to weblogs that reference 絵画15(ヴェルニッツ門):

« 絵画14(トルンの夜明け) | Main | (JogNote)鶴見緑地ラン »