« May 2010 | Main | July 2010 »

June 30, 2010

絵画14(トルンの夜明け)

P000451 3年前の出張時の写真より、朝の早い出発で早起きしたときのホテルの部屋から、旧市街の教会のシルエット越しに見事な朝焼けの空が現れました。城壁で囲まれた世界遺産の旧市街、ポーランド“トルン” 2007年9月16日、紅葉には少し早いが真っ赤な空を用紙いっぱいに書いてみました。

※左の「Categories」の「絵画」をクリックすると、絵画編がまとめて見れます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 27, 2010

絵画13&お祝いパーティー

P000391_2 ランニング仲間の結婚披露パーティーが昨日ありました。北新地のイタリアンレストランの1フロアーを貸しきって100名ほどの友人達が集まり、盛大なお祝いになりました。   
 今回は、絵画教室に通い始めてから6ヶ月になり、「そうだ、2人の絵を描こう!」と閃きました。丁度、5月15日の「安威川駅伝大会(当HPのランニングコーナーに掲載中のp00003ベース)」にお二人が出場され、ウエディングスタイルで仮装された写真がありましたので、それを頼りに、デッサンで書き始めました。ところがランニングに使用する仮装用のドレスですから、そのままでは絵にならないので、顔だけ参照して、ドレスやネックレスを本物らしくアレンジして、ついでに2人で乾杯しているポーズに変更してみました。そうすると、鉛筆デッサンでは物足りなくなり、水彩で薄く色づけして見ました。最後に、左右に薔薇の花と右上に「Congratulation 2010.6.6」と入れ完成です。駅伝大会の炎天下の眩しそうな顔から室内用に少しアレンジしてみたこともあり似てないところが多く、そこは6ヶ月目のご愛嬌でお許し頂くことにして、雰囲気だけでも楽しんでいただければと思い、ご本人様のご迷惑も顧みず無理やりプレゼントにしました。幸いにも、会場では、受付時のウエルカムボード代わりに、パーティーでは高砂席横に置いて頂き、多少ともお役に立てたようで今後の励みになりました。ありがとうございました。(これ、教室以外に出た最初の絵画になりました)

| | Comments (4) | TrackBack (3)

June 23, 2010

株主総会

P00005 大手電機メーカーの株主総会に初めて出席した。会場の中之島グランキューブ大阪(国際会議場)まで、送迎バスもあるのだが新福島より歩いてみた。途中、隣のロイヤルホテル前を通るのだが、ここではJR西日本の株主総会が開催される。同時刻開催のため続々と株主らしき人が入っていくのだが、前の歩道にはTVカメラを構えマイクを持った一団が4~5チームほどいて、2チームから「JR西日本の株主の方ですか?」と聞かれた。宝塚線の脱線事故にからみ、情報漏洩や歴代4社長の在宅起訴などいろいろ話題が在ったことに関しての取材だろう(夕刊に記事)。一方、私の出席する株主総会の方は大きな問題もなく、スムーズに会場入り。受付で手続きをして、本日の議事の冊子とお土産の入った手提げ袋を頂いた。
P00006 会場内は、携帯電話OFFは勿論。パソコンやカメラ撮影禁止(どこの総会も禁止のようだ)。会場の壇上に、社長・会長以下主な重役が並んで時間通り総会スタート。監査報告や事業報告、決議事項説明が35分ほど。その後、質疑応答が1時間ほど。今期は、利益も黒字転換し大きな問題もないためか、さほど問題となる質問はなく、想定Q&Aの守備範囲かと思われた(この日のためにQ&Aを作成・纏めする部門はさぞ大変だったかも・・・)。その後、採決。事前に回答のあった分で既に決議事項は全て可決と決まっているのだが、参加者の拍手で5分ほどで決定(確認)し終了。
 この日は、雨にもかかわらず1000人以上入る1階席はほぼ満席(2階席は見えなかった)。参加人数は後日発表の広報に任せるとして、株主向けの堺工場見学会の案内などの連絡の後、11時35分ころ閉会。初めての株主総会だったが平穏無事に終わり、業界含め世界情勢や経済関係の良い勉強になった。
※写真1枚目は、終了後んも会場出口(梅田や難波行き送迎バスに乗込む人達)。2枚目は、気になるお土産は“レスポワールのお菓子缶”でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 22, 2010

野菜作り9(完熟トマト)

P000181 先日「トマトがなかなか赤くなりません。」と書いた途端に、色づき始め、21日完熟トマト初収穫です。ナス・キュウリ・トマトの夏野菜3兄弟で一番手間が掛かっただけあって、綺麗に赤くなった果実は美味しいです。1個赤くなると続々と赤くなってきました。

P00029 木の背丈も人より高くなったので、先端を摘んでこれ以上延びないようにし、養分を果実に集中させてやります。水遣りは乾燥ぎみにし与えすぎないことがポイントだそうです、夏の直射日光があたると葉が萎えてきますが、それで甘さを凝縮するそうです。(梅雨のジメジメが不快だ!と言っても、トマトはもっと大変でしょうね)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2010

野菜作り8(収穫)

P00015 梅雨の晴れ間の暑い一日。ようやくナスが5個一度に収穫できました。キュウリも3本、ピーマン、シシトウも少々。キュウリは1~4本ほど毎日取れていたのですが、ナスはこれまで1個づつで漬物にする程度でした。5個取れると油で炒めておかずに出来ます。
 トマトは、たくさん実が付いてきているのですが、なかなか赤くなりません。開花後2ヶ月ほどが収穫の目安と言われており、まだ当分掛かりそうです。2週間ほど前には成長途中の一部の果実のお尻が黒くなり慌てたのですが、カルシウム不足で骨粉を与えると元気な果実が出来始めました(この騒動で10個以上没になりましたが)。梅雨の時期、雨が掛からない軒下に移動し、乾燥気味にして完熟まで甘味を濃縮させる予定です。完熟トマトの赤い色の元は、リコピンと呼ばれ、抗酸化作用が強くがんの予防効果が期待できる天然の色素だそうです。完熟まで、まだまだ水遣り・虫取りと世話がやけそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2010

絵画教室12(ボトル-素描)

P000231_2 今回のテーマは、空のボトルのデッサンです。グリーンのビンの半透明感とラベルがポイントです。B3ケント紙にHBの鉛筆1本で描いています。

※よろしければ感想聞かせて下さいね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 10, 2010

野菜作り7(夏野菜)

 暑い一日、いよいよ夏野菜の季節です。
トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、毎日、水やり・虫取りして順調に育ってきました。
P00034_2(1) トマト
 第5果房まで沢山の果実がついてきました。まだ青く色づいてないので収穫は先ですが、大きくなった青い果実の房は楽しみです。これだけ果実が付くと通常のチッソ・リン・カリ以外に、尻枯れ防止にカルシウムが必要になります(人間と同じです)。
 
 
 
 
P00048_2(2) キュウリ
既に毎朝、収穫してサラダに入れて食べています。生のキュウリ、不思議なことに少し甘味があります。毎日数cmほど、蔓が延び果実が大きくなります。
(写真は、雄花)
 
 
 
 
 
P00046_2(3) ナス
一番果は早目に取るのが鉄則なので、少し小さいうちに取って一夜漬けにしました。いける!もう直ぐ、本来の大きさの2番果以降が収穫できそうです。団扇のように大きな葉が沢山付いています。水をタップリ朝・昼・夕方と与えます。
 
 
 
 
P00019(4) ピーマン・シシトウ
 ピーマンの一番果が5cmほどになりました。わき芽を取り払い3本仕立てにし支柱を立てました。シシトウも小さな果実がつき始めました。同じく3本仕立ての予定ですが、まだ少し先になりそうです。
(写真はシシトウの花と果実。ピーマンも同じ花です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2010

絵画教室11(はいポーズ!)

P000171子供の撮影に夢中のお母さん。
手を合わせてニコッといい表情。
思わず座っていた椅子から身を乗り出して携帯カメラでアップ。
上手く取れたかな?
 鶴見緑地の5月の午後、ふと見かけた微笑ましい光景でした。遠くから撮影した写真をトリミングして場面を拡大しお母さんと子供さんをメインに前景に季節のバラを入れてみました。

※よろしければ感想聞かせて下さいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2010

絵画教室10(花嫁-素描)

P000341 親戚の結婚式、新婦さんのデッサンをしてみました。
絵画を写真でとると、思ったほどコントラストがつかず白と黒が弱くなり、実際とはちょっと印象が違うのですが、このデッサンは一旦これで終了したいのでアップしてみました。絵画的には、少し横顔にして、ライトを一方から当て、顔に陰影をつけるのが良いのでしょうが、なにしろ結婚披露宴の新郎新婦席。ビデオ的に最良のセッティングで、左右からライトアップされていて、ストロボを光らせると、殆ど陰影が消えてしまいます。が、それも練習の内と気にせずトライしてみました。

※ブログの左の「Categories」の「絵画」をクリックして、絵画教室シリーズで見てくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »