« 絵画教室4 | Main | 絵画展 »

March 04, 2010

“散るは始まり”

Pp00037_2 早咲きの桜が満開です。鶴見緑地に東京マラソン後のリハビリランに行きました。河津、オカメ、ひかん、早咲きの桜は、既に満開!メジロが忙しそうに蜜を吸いに来ていました。 風は冷たいけれど陽射しはもう春の光です。
 この季節、学校の入学試験も終わり、“桜咲く”となった人は希望に満ちて4月を迎えることでしょう。残念ながら、そうならなかった人は、新たな一歩を踏み出さなければいけません。“散るは始まり”といいます。入試に限らず、マラソンや仕事やオリンピックでも「目標未達となり失意から再チャレンジする。」となれば、散ったときが始まりなのです。誰でも挫折があるのは当たり前。挫折があるから人は強くなれるのです。雑草は踏まれて強くなるといいます。散るを知るから優しくなれるのです。桜は、春に一気に咲いて、見事に散る。それは、花のあとに新緑を芽吹かせ夏の光を浴びて栄養を蓄え、冬の寒さに耐えて、次の春に見事な花を咲かせるための準備なのです。
 早咲きの桜に続いて杏の蕾も膨らんできました。紫陽花の新芽も膨らみ始めました。これからが花々の季節です。“始めの芽”大切に育ててあげましょう。

|

« 絵画教室4 | Main | 絵画展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/47719311

Listed below are links to weblogs that reference “散るは始まり”:

« 絵画教室4 | Main | 絵画展 »