« February 2010 | Main | April 2010 »

March 30, 2010

旅の土産話<沖縄旅行⑤舞踊編>~琉球舞踊~

 琉球舞踊は、リゾートホテル、琉球村、おきなわワールドと3箇所で見学しました(那覇の国際通りには、琉球舞踊をみながら食事するお店も沢山あるようですが・・・)。
 ホテルは7:30からと8:30からの2回。2人の女性が衣装を変えて踊られています。こじんまりですが近い分お客さんと掛け合いもあり、挨拶の「ハイサイ」や楽器の「サンバ」などの説明が面白くなかなかの人気でした(この時間、ホテルのバイキングは空いています)
 琉球村では、道ジュネーといって、琉球国王・王妃が登場する沖縄風パレードがあり国王の御前で踊りを披露し、それを観光客が見物する趣向になっています。91歳のおばあさんが、一升瓶を頭に載せて元気に踊られていました。10回もTVにでた名物おばあさんです。
 おきなわワールドでは、スーパーエイサーと題して、獅子舞やエイサーを10人以上で演舞されます。非常に迫力があり見事です。残念ながら写真撮影禁止(撮っている人もいましたがルール違反はいけません)です。エイサーと言うのは、旧盆に先祖供養の目的で舞われる集団舞踊で、地区の青年会などが主体となって行われているそうで、掛け声や太鼓などスゴイ迫力です。毎年9月には全島エイサーで、本島各地から選抜された青年会が集まり地元でも大人気のイベントがあるそうです。
 今度はいつ行けるかな・・・美しい海と美味しい料理に泡盛。琉球舞踊も綺麗で、ゆったり過ごすリフレッシュ旅行でした。

 旅の土産話<沖縄編>これで終了です。いかがでしたか? 皆様も良い旅にめぐり合えますように・・・

P00028〔写真上:ホテルにて〕

P00018〔写真中:琉球村にて〕

P00020〔写真下:91歳のおばあさんと〕

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 29, 2010

旅の土産話<沖縄旅行④買物編>~まちぐゎー~

 那覇の国際通りから市場本通りに入る。左右にお土産屋さんや泡盛屋さんが続き、サーターアンギダーという丸くカリッと揚げたお菓子(60円)やフルーツジュース、てんぷら(沖縄食べ歩きの定番だそうです)のお店などが続く。その先に第一牧志公設市場がある。島らっきょうに、色鮮やかなお魚やチラガーという豚の顔皮にビックリ! 1階で買ったお魚は、調理してもらって2階で食べられる。公設市場なのだが観光客も多くお店のお兄さんが豚の前で写真を撮ってくれた。帰る当日なら、ここでもお土産を調達できる。泡盛のビンも空港の手荷物でそのまま飛行機に持ち込めるのにもビックリ!
P00135〔写真上:市場中央通り〕


P00131〔写真中:第1牧志公設市場〕

P00134〔写真下:2-134 第1牧志公設市場〕

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2010

旅の土産話<沖縄旅行③グルメ編>~パヤオ直売店~

 嘉手納からうるま市の海中道路へ行く手前を南下すると泡瀬漁港があり、パヤオ直売店があります。パヤオ漁は沖に人工の浮き漁礁を作って回遊する魚を集める漁で、夜つった魚が朝には店頭に並べられています。ここの駐車場に「わ」ナンバー(レンタカー)は私達だけで旅行雑誌にも殆ど載っていません。直売店の青や赤のお魚をその場でさばいてくれます。その横の食堂で、「イセエビのうに焼き定食」「魚汁と天麩羅定食」を注文しました。どれも量が多く食べ切れません。焼き魚定食を食べていた人も多かったです。どちらも、なぜかマグロの刺身が付いていました。魚汁にはヨモギの葉を浮かべて頂きます(到着早々に昼食に食べた“沖縄ソウキソバ”にもヨモギをトッピングしました)。ところで直売店のお魚は、赤や青色で大きな熱帯魚!のよう。先程の魚汁や焼き魚定食のお魚もこんな色だったのかな?(3日目に居酒屋で食した、赤い魚の“グルクンの唐揚げ”は美味しかった。)
P00002〔写真上:ソーキそば〕 

P00028〔写真中:魚汁とてんぷら定食〕 


P00070〔写真下:沖縄料理セット+泡盛〕

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2010

旅の土産話<沖縄旅行②観光編>~沖縄海洋博公園~

 沖縄の観光で絶対に外せないところといえば「美ら海水族館」。世界最大級の水槽があり巨大なジンベイザメが泳ぐ。美しい海とその向こうに伊江島が見える美しい風景とあわせて日本一(世界一)の水族館かも!? 
 しかし、ここは沖縄海洋博公園の中にあって一施設に過ぎないのです。一般の観光では、水族館とイルカショー程度しか行かないのでしょうが、公園内は非常に綺麗に整備されていて、海岸遊歩道を通って、おきなわ郷土村や熱帯ドリームセンターなどの見所が沢山あります。特に「熱帯ドリームセンター」は美しい胡蝶蘭やカトレアが所狭しと咲き誇っていました。さらにバナナなどの熱帯果実や樹木。他のフルーツパークなどお土産屋さん併設の施設とは雲泥の差です(パイナップル食べ放題はありませんが・・・)。
 水族館だけでなく、お弁当を持ってきて一日ゆっくり遊びたい公園です。そんなに素晴らしい公園なのになぜ行かないのか? それは間違いなく“暑い!”この日は3月でも暑くTシャツ一枚で十分でした。
P00074_2〔写真上:美ら海水族館〕

P00095〔写真中:オキちゃん劇場〕

P00118〔写真下:熱帯ドリームセンター〕

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2010

旅の土産話<沖縄旅行①>~ラッキー!~

 昨年末、突然「日本○○店協会」から手紙が来ました。「沖縄旅行にご当選のお知らせ」と言うものでした。なにこれ?状態だったのですが、よく考えてみると商品券を使ったときに応募はがきを貰っていて、暫くそのままだったのですが、何かのついでに記入してポストへ・・・そのまま忘れていました。「優待券くらいでは?」なんて思いながら開けてみると、沖縄ペアで2泊3日旅行に当選! 早速ネットで検索し応募したことを思い出しました。
 このラッキー旅行に1泊追加して3泊4日で“3月の沖縄”楽しんできました。今回は、観光編、グルメ編、買物編、舞踊編の4部に分けて”旅の土産話”を進めます。
P00043_2〔写真上:金武湾〕

P00010_2〔写真中:琉球村の古い民家〕


P00173_2〔写真下:ホテルの窓より〕

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 17, 2010

野菜づくり

Pp00146_2 ラディッシュの芽がでました。庭のコンテナに1週間程前に種をまいておいたのが、昨夜の雨と暖かさで、一斉に双葉が開き始めました。1ヶ月程で収穫できる園芸初心者向きの野菜ですが、小さな丸く赤いラディッシュはサラダのアクセントにぴったりです。しかも、ビタミンCや消化酵素のジアスターゼを含んでおり、葉も食べられて重宝しそうです。1週間づつずらして少しづつ種をまく予定で、食べるのも長続きします。
 プランターや植木鉢でもOKで、これからがまき時です。皆さんもいかがですか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 05, 2010

絵画展

Pimg 2日続けて絵画展に行った。昨日は「絵画の庭~ゼロ年代日本の地平から」(国立国際美術館)、今日は「小倉遊亀展」(兵庫県立美術館)。
 昨日のものは、「2000年代の日本の具象的な絵画の隆盛、それまでの欧米中心の流れにとらわれない解放感あふれる斬新な描画作風がある・・・」と解説されていて、注目の28名の新作約200点が展示されていた。
Pimg_0001が、これまで絵画と言えば、教科書で教わった程度の私には異次元の世界へ行ったようで意味不明!? 作者の一人は「誰も描いたことのない絵を描きたい!」と言っているとおり難解でした。というか、本来は感性の問題だから「なぜこうなのか?」と論理的に考えても解なし!なのかもしれないが・・・
 その点、小倉遊亀展の方は、静物の鮮やかな色彩や、生き生きとした人物の表情から今にも動きそうな鮮やかさやモデルの性格まで伝わってくる。105歳まで創作活動をされ、文化勲章を受章されている。おススメです。
 いづれも小休止を入れて2時間近く、平日のお陰でじっくり鑑賞できた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2010

“散るは始まり”

Pp00037_2 早咲きの桜が満開です。鶴見緑地に東京マラソン後のリハビリランに行きました。河津、オカメ、ひかん、早咲きの桜は、既に満開!メジロが忙しそうに蜜を吸いに来ていました。 風は冷たいけれど陽射しはもう春の光です。
 この季節、学校の入学試験も終わり、“桜咲く”となった人は希望に満ちて4月を迎えることでしょう。残念ながら、そうならなかった人は、新たな一歩を踏み出さなければいけません。“散るは始まり”といいます。入試に限らず、マラソンや仕事やオリンピックでも「目標未達となり失意から再チャレンジする。」となれば、散ったときが始まりなのです。誰でも挫折があるのは当たり前。挫折があるから人は強くなれるのです。雑草は踏まれて強くなるといいます。散るを知るから優しくなれるのです。桜は、春に一気に咲いて、見事に散る。それは、花のあとに新緑を芽吹かせ夏の光を浴びて栄養を蓄え、冬の寒さに耐えて、次の春に見事な花を咲かせるための準備なのです。
 早咲きの桜に続いて杏の蕾も膨らんできました。紫陽花の新芽も膨らみ始めました。これからが花々の季節です。“始めの芽”大切に育ててあげましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »