« 旅の土産話(富山・金沢編-予告) | Main | 旅の土産話(富山・金沢編2)-白川郷 4月30日 »

May 04, 2009

旅の土産話(富山・金沢編1)-荘川桜 4月30日

P00105 一度は観たい“荘川桜”と“さくら道”。東海北陸道の荘川ICを降り、国道156号線に白川郷に少し走ると樹齢500年余の「荘川桜」がある。昭和35年、御母衣ダム建設により湖底に沈む桜の巨木2本を現在の湖岸に移植し奇跡的に根付いた桜の老木。毎年GWに見事な花を咲かせている。この移植の成功に感動した国鉄バスの車掌佐藤良二氏が、名古屋から金沢までの266kmに植樹を始めたのが有名な“さくら道”。ここを走るのが“桜ネイチャーラン”で毎年4月に行われている。
 荘川桜は、満開から少し散り始めの丁度良い時期。今が盛りの若い桜ほど花に勢いはないが500年歴史の重みがあり丹精込めた人々の愛情があり、その愛情に応えるように花を咲かせている。さくら道の桜は、都会の桜並木に比べると間隔が多少広いが、山間道を延々と続くとなると立派な並木である。普段は気付かないかも知れないが、この時期は、淡いピンクに色づく花びらが“ここに我あり”と存在を主張していた。

|

« 旅の土産話(富山・金沢編-予告) | Main | 旅の土産話(富山・金沢編2)-白川郷 4月30日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/44898826

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(富山・金沢編1)-荘川桜 4月30日:

« 旅の土産話(富山・金沢編-予告) | Main | 旅の土産話(富山・金沢編2)-白川郷 4月30日 »