« 東京土産 | Main | 幸せは自分の心が決める »

February 17, 2009

梅の花

「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花
               あるじなしとて 春な忘れそ」
有名な菅原道真の歌ですが、梅を題材にした歌は数え切れないほどあり、万葉の時代から日本人に愛された花ということになります。
 和歌だけでなく、諺や言い伝えも沢山あります。
 「花も実もある」とは梅をさすとの説があります。春に先駆けて咲く花と梅干として役立つ実がなることから、筋も通り、情味も備わって手落ちのない人物のたとえとして使われます。
 「松竹梅」中国では“歳寒三友”と言い、松は冬の寒さにも耐えて緑を保ち険しい岩場にも根を張ることから、忍耐強く真心を尽くす人。竹は節を持ち隠し立てのない正直な人。梅は厳冬に一番に咲くことから、激しい状況でも笑顔を絶やさない人。つまり三友とは友としてふさわしい人を示すことより、3つの等級を表す場合に使われたそうです。
P00062_3 今日の津は雪が積もる寒い一日でしたが、一昨日は4月の陽気。大阪城梅園の梅も少し早いですが綺麗に咲いていました。桜は散り際。梅は咲き始め、蕾が幾つか残っている方が絵になります。大阪城梅園はHP「花めぐり街めぐり」のコーナーより御覧下さい。

|

« 東京土産 | Main | 幸せは自分の心が決める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/44095708

Listed below are links to weblogs that reference 梅の花:

« 東京土産 | Main | 幸せは自分の心が決める »