« January 2009 | Main | March 2009 »

February 17, 2009

梅の花

「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花
               あるじなしとて 春な忘れそ」
有名な菅原道真の歌ですが、梅を題材にした歌は数え切れないほどあり、万葉の時代から日本人に愛された花ということになります。
 和歌だけでなく、諺や言い伝えも沢山あります。
 「花も実もある」とは梅をさすとの説があります。春に先駆けて咲く花と梅干として役立つ実がなることから、筋も通り、情味も備わって手落ちのない人物のたとえとして使われます。
 「松竹梅」中国では“歳寒三友”と言い、松は冬の寒さにも耐えて緑を保ち険しい岩場にも根を張ることから、忍耐強く真心を尽くす人。竹は節を持ち隠し立てのない正直な人。梅は厳冬に一番に咲くことから、激しい状況でも笑顔を絶やさない人。つまり三友とは友としてふさわしい人を示すことより、3つの等級を表す場合に使われたそうです。
P00062_3 今日の津は雪が積もる寒い一日でしたが、一昨日は4月の陽気。大阪城梅園の梅も少し早いですが綺麗に咲いていました。桜は散り際。梅は咲き始め、蕾が幾つか残っている方が絵になります。大阪城梅園はHP「花めぐり街めぐり」のコーナーより御覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2009

東京土産

 東京土産と言えば、何を思い出しますか? 30年ほど昔、東京出張の帰りに買って帰ったのが「草加せんべい」硬くって口が切れそうになるあれ!。出張の帰りに東京駅の売店で、サッと買った後は、ビールとお弁当を買って新幹線に乗込む。これが定番だった。つまり、それらしいお土産がなかった。
 20年ほど昔、美味しいものがあると同僚に聞いて買って帰ったのが「東京ばな奈」バナナ味のカスタードクリームをスポンジケーキで包んだもの。別に珍しいわけでもないのだが、買って帰ると好評だった。多くの人に好まれるバナナ味でふわっとした感触が安心でき、何より、あの硬いせんべいでないところが支持されたようだ。その後「東京たまご」なるものも発売されたが、いまだに「東京ばな奈」は人気商品だそうだ。
 ところで、一昨日の日経ビジネスオンラインで、羽田空港では、ロールケーキが、スーツにコート姿でビジネス鞄を抱えた男性出張者に人気があるという記事があった。出張者が土産に買って帰るのは、家か会社であり、会社には、ひとつひとつ包装してあるのが必須のはず。ロールケーキ1本は会社土産には難しい。とすれば家庭用。つまり自分も食べる目的がある。先日食べた堂島ロールも名古屋、東京に進出するほどロールケーキブームのようだが、とうとう羽田発の出張土産になったようだ。「東京ばな奈」も最初は羽田空港に登場してブレークしたそうで、そのうち東京駅にも「東京ロールケーキ」が増殖するかもしれない。
P00031
PS.今日はバレンタイン。早速頂きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2009

ジョギングシューズ市場はドル箱!?

 2007年の東京マラソンあたりからマラソンブームだそうだ。健康志向が高まる中、お金を掛けなくても手軽に始められるところが人気と中日新聞に記事があった。
 日経ビジネスでも、同様にジョギングシューズが好調との記事があった。スポーツシューズ市場は2006年~2008年では市場全体で8%減。人気のサッカーや、テニス、野球、ゴルフも件並みマイナス成長なのだが、マラソンはほぼ前同維持。ジョギングに至っては1.8%の微増。僅かでも市場が縮小する中では大健闘だ。しかも4年前より単価は2割ほど上がっている。その背景には健康志向でジョギングを始める人が増えた事と、他のスポーツと比べて30代以上が中心の年齢の高さがある。
 歳をとってから始めた市民ランナーと学生時代に陸上を経験しトレーニングを積んだ人では体格や筋肉のつき方が異なり、同じように練習量を増やすと故障の原因になる。そこに市民ランナー向けのシューズ市場が活気付く。昨年暮れに、ミズノが「ウェーブライダー12」、アシックスが「ゲルカヤノ15」を発売した。ミズノは男性用と女性用にわけ、体格や筋肉の違いに合せて靴底のウェーブの形を変え体への負担の少なくした。アシックスはゲル状の衝撃吸収材と樹脂製プレートを靴底に組込みんだ。いずれも体への負担を軽減する高機能シューズの改良品(12、15はそれぞれ12代目、15代目)。それぞれジョギング中の体から足首の動きに注目し、腰や膝を痛める原因を抑制し怪我の防止に役立てようとするものだ。
 最初は、走るだけならタダ!と思っていたのだが、シューズは少々高くても良いものが必要だし、ウエアーや小物も量産効果のあるものと違って結構高価だ。それに大会参加費や遠征費用も結構かかる。お金を掛けなくてもというのは少し違っているようだが、目標が立てやすく、それ以上の楽しみに気付くとはまってしまうからやめられない。
(参考:日経ビジネス2009.1.19号「技術フロンティア ジョギングシューズ 膝や足首の負担を軽減」等)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »