« 叱咤激励 | Main | 鶴見緑地でジョグ »

December 01, 2008

教えて学ぶ 

 新人を指導する。まったくの新入でなくても、入社2~2年目の若い社員、あるいはベテランになると10年選手も教える機会はあるでしょう。
 書類ひとつとっても、まったく意味不明の人(日本語がわかっているの?)。文脈はそれなりにできても誤字だらけ(PCのお陰で日本語変換に失敗したことに気付かない!)。隣の席からメールで報告する。やってますと自信ありげだが結果はピントはずれ(最初に確認する!報連相のコミュニケーションができない!)・・・
 うんざりするのだが、よく考えると、昔は自分もそうだったハズだ。他人の間違いを見て、昔の上司の気持ちがよく判る。昔は書類ひとつ作るのにも苦労したものだ。誤字脱字もいっぱい書いた。悪い報告は、し辛かったし、ピントはずれの結果報告で遣り直しも山のようだった。人に教えて初めて、きちっと書くことの大切さが分かる。人に教えて初めて、コミュニケーションの大切さが分かる。教えてもらう事は自分の成長に欠かせない。が、教えて初めて、本当の大切さに気付く事はいっぱいある。
 OJTや職場コーチ制度など、呼び方は企業によって違うが、先輩が後輩を教えるのは、実は、先輩の勉強の場でもある。教える人が、きちっと解ってないと教えられない。自分の喋りや仕事の仕方が正しかったか?客観的に見詰め直す機会になる。他人の視点で考える訓練になる。相手のレベルに合せてブレークダウンするには、それなりの技量がいる。
 相手に緊張させ過ぎず。感情的に怒らず。叱れば褒める。説教の後には冗談も必要だ。良い例え話のネタも準備する必要もある。・・・と考えれば、自分の人間性を高める修行だ。“教えることが自分の成長になる。”とは上手く言ったものだ。

|

« 叱咤激励 | Main | 鶴見緑地でジョグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/43292794

Listed below are links to weblogs that reference 教えて学ぶ :

« 叱咤激励 | Main | 鶴見緑地でジョグ »