« November 2008 | Main | January 2009 »

December 14, 2008

わかる経済の話(韓国旅行はなぜ安くなった?-金融危機と円高)

〔韓国旅行がなぜ安い?〕
 原因は円高とウォン安ですが、ではなぜ?その答えを知るには、金融危機と世界経済を知る必要があります。素人の私が説明する“誰でもわかる経済の話”です。(間違ってたらごめんなさい)
〔金融危機〕
 アメリカの経済は'99年頃から下降していたのですが、決定的に表面化したのは、2008年3月、サブプライムローン問題(低所得者が借金して家を買ったのだが景気後退で返却できなくなった。さらに資産価値が下落し売れなくなった)でベアー・スターンズ社が経営危機になり公的資金で救済したのが始まりです。その後数社が同様に救済されたのですが、リーマン・ブラザースの経営危機に至っては個別救済されず経営破綻をしました。
〔景気の悪化〕
 金融危機は、車などのローン金利アップ、銀行の貸し渋りとなり、個人消費の落ち込み、物が売れない。設備投資の中止。と連鎖し金融業だけでなく製造業にも波及し雇用悪化・失業率上昇となり急激な景気悪化となりました。
〔世界への波及〕
 米国は世界経済の中心ですから、欧州の資金や産油国の原油高から生まれた利益が米国に投資されていたのです。米国の金融機関の不良債権は、そこに投資していた金融機関の経営危機につながります。欧州は米国金融機関の4~5倍の不良債権を抱えているといわれています。また、ドバイ、サウジアラビアなどでは、原油価格が1/3まで下落し、利益減少より不動産価格の下落、不良債権化、金融機関の貸し渋りと発展し、企業活動に十分な資金が回らなくなりました。その中で日本は、バブル以降リスクの高いものには手を出さなかった事より比較的損失は少なかったのですが、輸出企業には大打撃でありトータル的に日本経済全体の悪化となっています。
〔オイルマネー〕
 原油価格の高騰は、日本の利益が産油国へ流出します。(ドバイの超高層ビルやパーム・アイランドやザ・ワールドの人工島をスゴイと思わないで!実は、僕やみんなが作ったのですよ。この夏185円/Lでガソリンを入れたうちの数%、それ以前のガソリン代の数%はこの建設費となったハズです) この原油の膨大な利益(=オイルマネー)の多くはアメリカの国債に大量投資されたのです。そこで危険な金融機関から資金を回収し、世界で比較的安全な日本に投資を始めたのです。これが円の独歩高の引金です。その反対に、韓国にはこれまで膨大な資金が投資されており、世界中から資金を同じ比率で回収したとしても、韓国からは莫大な資金の回収となり、その結果ウォン安となります。ドル安やユーロ安も同様と見て良いでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2008

電気製品の王様は?

 電気製品の王様は何だと思いますか?でっかい冷蔵庫や電子レンジに洗濯機? やっぱりテレビですよね。テレビが、デジタルハイビジョン放送になると液晶テレビとのマッチングが凄く良くなり、驚くほど綺麗な映像が見られるようになったのですが・・・
 民放の番組に、録画してまで見たいと思う番組が少なくなったのでは? と思うのは、日頃仕事ばかりで、あまりテレビを見られない私だけでしょうか? 12月3日の中日新聞(三重では中日新聞はメジャーです)の朝刊には、名古屋のテレビ局が減益だったと書かれていました。全国のテレビ局も同様で、収入源のスポットCMが減少しているそうです。ちょっと前のCMでは「冬ソナ」「加山雄三」・・・といったものが目に付きませんでしたか?パチンコの宣伝です。収入源は景気の影響と思いがちですが、“テレビ離れ”の影響も指摘されています。最近は、小さな検索窓をつけてネットに誘導するCMが目立ってきましたが、テレビ広告が2007年度減収だったのに比べてネット広告は前年比24.4%伸びたそうです。パチンコの広告は、これまで自主規制していたが、消費者金融の広告が激減したあと、収益減を補うには解禁せざるを得なかったそうです。それでもテレビCM減が続けば、もはやCMを増やす業界は見当たりません。
 先々週のNHKの大河ドラマ「篤姫」は過去最高の視聴率だったそうです。私の場合、録画してでも見たい番組はNHKが多いのですが、テレビはやっぱり放送する内容が一番です。娯楽番組もいいのですが、民放が元気を取り戻すには、やっぱり内容で勝負してほしいものですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2008

鶴見緑地でジョグ

P00005_2 11月の最後の日曜日、鶴見緑地公園までジョギング。ありました!“綺麗な紅葉”
紅葉の名所とまではいかないのですが、そこは花博記念公園だけあって、カナダ・オンタリオ州館跡、日本庭園、遊園地(マジカルクロス)跡など・・・ 花と緑の博覧会が開かれたのは1990年。18年経つと木々も立派に大きくなり、四季折々の花が楽しめます。
P00007_2 写真は「オンタリオ館前」「日本庭園」と「いのちの塔」。HPのTop写真は「遊園地跡の銀杏並木」
勿論、小鳥たちも増え、バードウォッチングの定例会場にもなっています。催し物も多く、今日はPENTAXと書かれたテントとKODAKの上着をきた係員がいて、沢山のアマチュアカメラマンがいました(時々モデル撮影会もやっています)。コスプレのメッカでもあるようです。
P00016_2 という事で、ランニングをしながら毎回新しい発見があり、色々な風景が楽しめます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2008

教えて学ぶ 

 新人を指導する。まったくの新入でなくても、入社2~2年目の若い社員、あるいはベテランになると10年選手も教える機会はあるでしょう。
 書類ひとつとっても、まったく意味不明の人(日本語がわかっているの?)。文脈はそれなりにできても誤字だらけ(PCのお陰で日本語変換に失敗したことに気付かない!)。隣の席からメールで報告する。やってますと自信ありげだが結果はピントはずれ(最初に確認する!報連相のコミュニケーションができない!)・・・
 うんざりするのだが、よく考えると、昔は自分もそうだったハズだ。他人の間違いを見て、昔の上司の気持ちがよく判る。昔は書類ひとつ作るのにも苦労したものだ。誤字脱字もいっぱい書いた。悪い報告は、し辛かったし、ピントはずれの結果報告で遣り直しも山のようだった。人に教えて初めて、きちっと書くことの大切さが分かる。人に教えて初めて、コミュニケーションの大切さが分かる。教えてもらう事は自分の成長に欠かせない。が、教えて初めて、本当の大切さに気付く事はいっぱいある。
 OJTや職場コーチ制度など、呼び方は企業によって違うが、先輩が後輩を教えるのは、実は、先輩の勉強の場でもある。教える人が、きちっと解ってないと教えられない。自分の喋りや仕事の仕方が正しかったか?客観的に見詰め直す機会になる。他人の視点で考える訓練になる。相手のレベルに合せてブレークダウンするには、それなりの技量がいる。
 相手に緊張させ過ぎず。感情的に怒らず。叱れば褒める。説教の後には冗談も必要だ。良い例え話のネタも準備する必要もある。・・・と考えれば、自分の人間性を高める修行だ。“教えることが自分の成長になる。”とは上手く言ったものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »