« 勝海舟と篤姫 | Main | ザルに水を盛る »

November 14, 2008

感謝の一礼

 一生懸命努力して、優勝した。血のにじむ努力をして勝ち取った。当然「私が頑張ったから一番になった」と喜ぶのは良いのですけれど。一番になった成功体験が響いて、その後ダメになる人も多いものです。一番になれたのは、当然努力もあるのですが、支えてくれた人が必ずいたことを忘れてはいけないのです。その人達がいたからこそ運がついてくるものなのです。
 ある日本の登山家が、外国の未踏峰の山に登ったとき「我自然を征服せり」と叫んだそうです。ところが一緒に登った現地のシェルパは「自然が登ることを許してくれた」と大地に感謝したそうです。マラソンのテレビ中継を見ていて、清々しく感じるのは、選手がゴールした後、コースを振り返って一礼する場面があります。柔道でも、音楽でも何でも、躾の行き届いたチームでは、自分たちの練習場から一礼して下がるのが礼儀です。理由は簡単です。自分が強い!と天狗になるのではなく、「一番にして頂いた」「ゴールさせて頂いた」「練習させて頂いた」ということに感謝しているのです。感謝することで、自分ひとりの力ではなく、支えてくれた人々皆の力であり、幸運の力を呼び込めるのです。ですから、この次もと頑張れるのです。

|

« 勝海舟と篤姫 | Main | ザルに水を盛る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/43116089

Listed below are links to weblogs that reference 感謝の一礼:

« 勝海舟と篤姫 | Main | ザルに水を盛る »