« 東京マラソン | Main | 関宿を走る »

August 26, 2008

天璋院篤姫「小松帯刀」(4)

P00024 NHKの大河ドラマ「天璋院篤姫」は、いよいよ和宮派とのトラブル編に入ったのだが、今ひとつ煮え切らないキャラクターが、薩摩の小松帯刀。しかし、歴史の表舞台に立った、西郷や大久保、龍馬、慶喜と違って、実は本当のキレモノであったらしい。
 この人、薩摩藩の名門、肝付家に生まれ、小松家の養子となり、藩主斉彬より帯刀の名を賜り、久光に力量を認められ弱冠27歳で家老に昇進する。藩政改革に取組むと共に、朝廷や幕府、諸藩との交渉で巧みな外交手腕を発揮したエリートだった。大河ドラマでは、そのエリートぶりより、西郷や大久保と親密に付き合う場面が何度も登場する。明治維新で活躍した武士は諸藩の中枢の武士ではなく、下級武士が多いのだが、幕府の枠組みの中にあって自由に活動できたはずもない(龍馬は、土佐藩を脱藩している)。その下級武士であった、西郷や大久保が、明治維新に活躍できた理由は、家老“小松帯刀”の理解が大きかったはずである。
 薩長同盟(1866年1月)も京都の小松邸で龍馬の仲介のもと、西郷と木戸孝允が会談し締結。1867年10月13日の京都・二条城での大政奉還の審議でも慶喜に対してその必要性を熱心に説いたという。歴史上の派手な出来事には名を残していないが、実は要所を押さえるキーマンであった。維新後、明治政府の要職につく人材であったはずだが、残念な事に36歳で病死している。
 大河ドラマ。当分は、篤姫と和宮に注目が集まるはずだが、維新にかけての歴史の動きと小松帯刀に注目しても面白いだろう。

PS. 天皇の妹「和宮」に対して、徳川の嫁となった以上、徳川の人間として扱おうとした篤姫は、天皇あっての明治政府の体制側から、和宮をいじめた悪女という評価であったそうだ。“直近の歴史は体制側が作る”ようやく大河ドラマでその評価が変わる。物事の判断は、一方だけでなく両方の話を直接聞いて自分で判断しなければならない。このことは、ドラマの中で、度々、篤姫が実行している。原作者の宮尾さんのメッセージかもしれない。

|

« 東京マラソン | Main | 関宿を走る »

Comments

こんばんは、まきちゃん。
 確かに、宮尾さんの原作本では、五目並べしていた記述は皆無だったように記憶しています。
 ついでに、NHKでは、13代将軍家定はウツケのふりをしていたことになっているが、原作本では、この話もありません。はっきりとは書いてないが、総合的に判断すると、ウツケだったようです。
 ところで、30日は日本ですね。久しぶりに皆でワイワイやりましょう。楽しみです。

Posted by: Oちゃん | August 27, 2008 at 10:34 PM

Oちゃん 今日は!いつも勉強になる事ばかりで
楽しませて貰っています 
 我が薩摩でも小松さぁは有名です でも西郷さぁ 大久保さぁよりは影が薄く歴史小説にも取り上げられていないので残念ですが 今回のドラマで少しは有名になったかな?
 篤姫と五目並べしたとか しなかったとか
本当は無かったみたいですね 
鹿児島の風土では 男女が同室に並ぶ事さえ無かったようですから 今では考えられませんが・・・。男尊女卑・・・厳しい国でしたね
また 色々教えて下さい 

Posted by: makiko | August 27, 2008 at 01:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/42285372

Listed below are links to weblogs that reference 天璋院篤姫「小松帯刀」(4):

« 東京マラソン | Main | 関宿を走る »