« iPhoneにみるソフトバンクのしたたかさ | Main | 夏みかんの“すっぱい”話 »

June 30, 2008

携帯電話のルーツ(前記事「iPhoneにみる・・・」のおまけ)

 携帯電話の世界シェアは、2007年 1位ノキア、2位サムソン、3位モトローラ、4位ソニーエリクソン。ノキアとエリクソンは、北欧のメーカーである。
 なぜ北欧?
 隣の家に行くにも距離があり、自動車が必需品の土地で、しかも猛吹雪。そこで自動車が故障した場面を想像してみてください。たちまち雪に埋もれて凍死が迫ってきます。頼みの綱は、携帯電話!(尤も、最初はデッカイ自動車電話が普及したのですが・・・)今でも、北欧メーカーが強い理由だそうです。
 ところで、初期の頃の携帯電話は、肩から掛けた弁当箱2つくらいの箱に、固定電話の受話器がケーブルで付いていたものでした。(無線機とバッテリーと思えば当たりです)

|

« iPhoneにみるソフトバンクのしたたかさ | Main | 夏みかんの“すっぱい”話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/41698530

Listed below are links to weblogs that reference 携帯電話のルーツ(前記事「iPhoneにみる・・・」のおまけ):

« iPhoneにみるソフトバンクのしたたかさ | Main | 夏みかんの“すっぱい”話 »