« パピルスを使う | Main | 水木さんの幸福論 »

May 08, 2008

三重のお寿司屋さんに行く

P00001P00002_2P00004 

回転しないお寿司屋さんに久々に行った。ボリューム満点で美味しいと聞いていた久居(津市)の都寿司だ。開店の18時に行くと入り口には既に満席の張り紙。人気があり予約なしでは普通は入れないそうだ。それでも店の人に聞くと、カウンターでお寿司ならOKとの事。入って早々に予約客の急なキャンセルがあり、4人分の支度ができている個室が空いた。そこで噂の「おまかせコース(3,150円)」を注文する。
 最初に「お造り」2人前にしてはたっぷりあり新鮮だ。元々“津”というだけあって海の幸は新鮮で豊富で安い。次に「ズワイガニ」この季節に三重でカニ?と思うかもしれないが、津の海岸沿いには、カニの水産加工業者が連なっており、全国の市場や料亭に卸しており、年末には一般家庭に大売出しのチラシを出して大賑わいする。「お寿司10貫(ウニ、イクラ、カニ味噌、海の幸の大巻、アジの押し寿司)」「あら炊き」「串かつ」「陶板焼」「さざえのつぼ焼き」「ふぐ皮のポン酢」「穴子のてんぷら」と続く。さらに「たこの活け造り」と「活・車えび」は動いているものをそのまま食べる。もう満腹だ。その後も「サラダ盛り合わせ」「うなぎ寿司」「イカと蟹のにぎり」「味噌汁」・・・と続き「ケーキ」「コーヒー」で締める。量だけでなく勿論味も良く、これが3,150円コースと疑ってしまう程だ。最後にお持ち帰り用のパックをもらえるので、食べきれない分を詰めて帰る。壁には三重の海の幸の一覧表の絵のあるカレンダーが張ってある。今日はその有名所を漏れなく賞味したことになる。お陰で益々メタボに磨きがかかってしまった。

|

« パピルスを使う | Main | 水木さんの幸福論 »

Comments

けいさん、こんばんは。
うなぎの「初音」って、関にあったんですね。しかも通勤コースのすぐ近く。知りませんでした。ネットで調べると、有名なお店のようで、時間を見つけて行ってみようと思います。無くなり次第終わりというのも本当のようですね。

Posted by: Oちゃん | May 26, 2008 at 09:51 PM

 うなぎの「初音」さんは、無くなり次第閉店されると聞いたような・・・
一度しか行っていないのですが、おいしかったなぁぁ。何度もお店の横は通るのですが、自分のご飯時に合わないと入れないので、遠方での食事は時間の調整が難しいです。

Posted by: けい | May 25, 2008 at 11:41 PM

こんばんは、ご無沙汰ですね。
なるほど!読むだけでお腹いっぱいになりそうですね。
確かに三重には個性的な?(変わった?)お店がありますね。
美味しいけど無愛想とか。材料が無くなり次第早々に終了とか。商売っ気が少ないと言うか、競争が少ない分、のんびりしていて都会的なお洒落さに乏しいかもしれません。が、その分、海の幸・山の幸・野の幸と豊富です。
“桶入りのランチ”程々の量で上品そうですね。

Posted by: Oちゃん | May 12, 2008 at 11:11 PM

 ご無沙汰しています。
お元気そうで、何よりです。
さて、今回のお寿司屋さんのお話は、読んでいても途中でお腹いっぱいになりました!
 三重にはとっても良心的なお店があるのですね。私もいつか行ってみたいと思います。
 偶然ですが、昨日のランチはお寿司でした・・・回ってはいないですが桶入りのです。
なんてタイミング!!

Posted by: けい | May 11, 2008 at 03:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/41137959

Listed below are links to weblogs that reference 三重のお寿司屋さんに行く:

« パピルスを使う | Main | 水木さんの幸福論 »