« 近い将来のヒット商品 | Main | 天璋院 篤姫 »

January 26, 2008

串の話(亀山大市)

Pp080126_133529 今日は、三重県亀山市で、亀山大市が開かれている。もともと旧正月の買出しから始まったそうで100年の歴史がある。今では商店街の通りが歩行者天国になり露天が並び賑わっている。露天で多いのは、焼き鳥、イカ焼き、牛串。これらの共通点は?
そうです、どれも串に刺してある。焼き鳥を自分で作った人なら判るのですが、鶏肉を串に刺すのが意外と難しい。肉には皮と身、硬い部分と柔らかい部分があり、生肉の真ん中にカッコ良く刺すにはコツがいる。まず、串がぶれない様に串の先の近くを持ち、肉に串を小さく波打つようにズラしながら刺すのがコツだそうだ。それでも熟練の職人で1時間に100本刺すのが限界と言われている。
 その串刺しを自動で行う機械を製造しているのが、コジマ技研工業。従業員4人という小企業だが、シェア90%、売上は2億2000万円にのぼる。1985年に製造を始めたが、最初は、食品会社から、どうせ使えない機械と決め付けられ相手にされなかったそうだ。ところが評判が上がると模倣品が出回る業界。しかし真似されても更に追随を許さない改良を重ね、現在は殆どライバルが姿を消した。ライバルがいたからこそ良い機械ができた。零細企業のモノ作りへの執念である。
 社長の小嶋さん(74歳)が開発を始めたきっかけは、行きつけの飲み屋で「串を刺すのが手間なんだ。機械を作ってくれたら、たまっている飲み代をチャラにするよ」という一言だそうだ。串料理を食べるとき、どのようにして刺すか考えた人の技術者魂を思いながら、熱燗を頂くのもいいかもしれません。
(参考)日経ビジネス2007年12月24日号「小さなトップランナー コジマ技研工業」より

|

« 近い将来のヒット商品 | Main | 天璋院 篤姫 »

Comments

私も、この記事を書いて以来、串を食べるたびに、串の刺し方を見るようになりました。簡単なようでコツがいるのですね。

Posted by: Oちゃん | January 27, 2008 at 10:12 PM

へぇぇ~~~!
串ざしって大変なのですね。
焼き鳥等は、外で食べる物という感覚なので、家で作ったこともないですし、その作業の難しさを考えたこともありませんでした。
これからは、そんな苦労もあるのだということを忘れずにおいしくいただきたいと思います。

Posted by: けい | January 27, 2008 at 06:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/17853708

Listed below are links to weblogs that reference 串の話(亀山大市):

« 近い将来のヒット商品 | Main | 天璋院 篤姫 »