« 京都・祇園・初詣 ぶらり散歩 | Main | “笑う門には福来る” »

January 09, 2008

名人の心構え

 「プロフェッショナル 三ツ星に輝くすし職人」(1/8 NHK総合TV PM10:00~10:45)という番組があった。日本を代表するすし職人小野二郎さん(82歳)の話。寿司職人として「現代の名工」に選ばれ、あのミシュランガイド東京版で三ツ星に輝いた。その小野さんを三ツ星に決まる前から密着取材して名工の仕事ぶりを映し出す。
 小野さんが普段使っている道具は、毎日掃除をし新品のように美しい。それが寿司の味に関係するかと言えば“ノー”だろう。しかしそれを大切にする心が、名工の技となっているに違いない。さらに私達が目にするのは華麗に握る場面だが、その前に細やかな仕込み作業が続く。すしの味はこの仕込みとご飯の出来で決まる。
 「仕事の9割はお客さんの見えないところで済んでいる。」と小野さんは言う。寿司を握る前には既に9割の仕事が済んでいる。お客さんが見るのは最後の1割だ。しかし見えない9割が出来ていないと旨い寿司は握れない。どんな仕事でも、見えないところを誤魔化してはいけない。たとえ誰も見ていなくても、それを誤魔化すと、つい手抜きになり仕事が荒れてくる。見えない9割を大切にする心は、必ず伝わるものだ。
 流れるような手捌きは「二郎握り」と呼ばれる。不器用だった小野さんが人の3倍も4倍も努力して見つけた握り方だ。82歳になる小野さんだが、現役で店に立ち続けるために、毎日40分歩いて店に向い、外出時には指を保護するために夏でも手袋を欠かさない。その心構えには、どんな仕事にも通じる名人の説得力があった。
(参考)NHK総合TV 2008.1.8「プロフェッショナル 三ツ星に輝くすし職人」。日経ビジネスオンライン2008.1.8「9割の見えない仕事を突き詰める」より

|

« 京都・祇園・初詣 ぶらり散歩 | Main | “笑う門には福来る” »

Comments

はい、頑張って乗り切ってください。

Posted by: Oちゃん | January 14, 2008 at 09:26 AM

ありがとうございます。
Oちゃんのエールで乗り切りま~~す!

Posted by: けい | January 13, 2008 at 09:57 PM

こんばんは、厄介な仕事ですか?大変だ!でも前向きに取り組もうとされるところがエライ!
 NHKも、いい番組がありますね。つまらぬテレビを見ているより教育テレビのほうが面白い場合もありますね。日頃は帰りが遅くて夜のニュースぐらいしか見れないのですが、毎朝新聞のテレビ欄はチェックしています。
 では、厄介な仕事が、上手くいきますように・・・

Posted by: Oちゃん | January 11, 2008 at 11:27 PM

この番組、観たかったんですけど気付いたら終わっていました。 残念っっ!!
でも、コラムのおかげで全容が明らかに!
注目しておられたことに感謝です。

今日、ちょうど出張で厄介な仕事をもらう羽目になってしまったので、ちょっぴり落ち込んでいたのですが、「こんな事ではいか~ん」と力が湧いてきました。 自分に自信をつけるためにも、前向きに取り組んでみます。

Posted by: けい | January 10, 2008 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/17635349

Listed below are links to weblogs that reference 名人の心構え:

» エコバッグ [,名人の心構え]
読ませて頂きました。次の記事も楽しみにしています。 [Read More]

Tracked on January 10, 2008 at 05:33 PM

« 京都・祇園・初詣 ぶらり散歩 | Main | “笑う門には福来る” »