« 旅の土産話(ポーランドⅡ編5)-風土が醸成する伝統の味- | Main | 旅の土産話(ポーランドⅡ編7)-”どんべえ”に感激- »

October 05, 2007

旅の土産話(ポーランドⅡ編6)-燃える空-

P00043_3 7日目、朝6時。いつものように目覚める。窓のカーテンを開ける。日の出前。空を雲が覆っている。今日から天候が崩れそうだ。TVの日本語放送をつける。暫くすると、空の雲が赤く染まり始めた。刻々と変化して行く。やがて、東の空全体が真っ赤に染まった!
“見事な朝焼け”自然のドラマに感激だ。
“黄金の秋”といわれるポーランドの燃える秋には早すぎたが、素晴らしい“燃える朝焼けの空”には出会えた。

|

« 旅の土産話(ポーランドⅡ編5)-風土が醸成する伝統の味- | Main | 旅の土産話(ポーランドⅡ編7)-”どんべえ”に感激- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/16671576

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(ポーランドⅡ編6)-燃える空-:

« 旅の土産話(ポーランドⅡ編5)-風土が醸成する伝統の味- | Main | 旅の土産話(ポーランドⅡ編7)-”どんべえ”に感激- »