« 安全で安心な食物 | Main | 旅の土産話(ドイツ編予告) »

August 01, 2007

高品質の農作物の話

 海外からの農作物の輸入品に、MADE IN JAPANの農作物が押されている。一番の理由は、やはり価格が安いことだろう。しかし食の安全性や環境問題など消費者の意識が高くなった今、それだけではない。国産品の味が落ちていないだろうか。旬を無視した栽培が無理を生み、味を落として無いだろうか。夏には夏野菜があり、栽培にも植物に適した土や気候がある。当然、生産者の高い品質の農作物を作る工夫が必要だ。それに、高い品質の農作物を適切な価格で販売するシステムがいる。
 農産物の直売場は全国各地にある、複数の農家が同じ物を出展した場合、売れ残りは困るので、100円でトマトが出展されていると、95円と値付けしたくなる。お客に値引きを要求されると値引きしてでも売りたくなる。値引き合戦の始まりであり、その結果安いものを作るために品質を問わなくなり、手間隙を掛けずに手っ取り早く生産量を上げる手段として、農薬の大量使用となる。その結果、さらに安い輸入品に駆逐される。悪循環である。
 つくば市にある小さな直売場が農業関係者の注目を集めている。集客力はもとより、生産者の売上が増加している希有な市場である。ここのルールは、値付けは最初の出展者がトマト100円とつけると、次の出展者は同じかそれ以上つけるルールがある。お客は会員制で最初に1000円の会費を払う。買い物ごとに10%のポイントをつけ、一定ポイントたまるとサービスが受けられるルールと値引きはしない。当然値段は、地域のスーパーなどより高くなる。主旨を理解できる人だけを対象にする戦略である。ところが、最初会員300人でスタートしたが、今では1万1千人を超える。成功の理由は、価格を下げないことで、出展者は品質を上げる工夫をし始めた、同じ値段なら味で他を上回っていなければ買ってもらえない。品質とは技術である。出展者が競って技術向上に努めた結果、美味しい農作物が並び、高い価格でも十分商売が成立している。
 従来の流通機構に捕らわれない、時代に応じたビジネスモデルを作ることで、再生できることを示している。農業に関わらず、従来の考え方に固執しないで、世の中の流れに乗ったモデルを作れば、流れは変わる。
(参考)日経ビジネス2007.7.30号「小さなトップランナー みずほ(農業直売所の運営) 儲かる農家を育てる直売所」より

|

« 安全で安心な食物 | Main | 旅の土産話(ドイツ編予告) »

Comments

たけちゃん、こんばんは。
そうやね。安売りばかりしても利益は少ないし、「労多くして・・・」やね。電器メーカーも安売り競争ばかりで利益率が最悪やね。メーカーより、ヤマダなどの量販店の利益率の方が大きいなんてウソみたいやね。

Posted by: Oちゃん | August 16, 2007 at 09:09 PM

今晩は たけしたです。
先日 香港でベテランガイドさんが言ってました。 高いものを売る商売をしないと 安いものでは事業がなりたたない なってもジリ貧。
流れが変わってきているんでしょうかねぇ。
ではでは

Posted by: たけした | August 16, 2007 at 05:08 PM

まきこさん、こんばんは、コメントありがとう。
12日に日本に帰ってきました。メチャクチャ暑いです。ドイツは長袖が要るくらいでしたので、ギャップが大きいです。上海も暑そうですね。以前にお邪魔した時の暑さを思い出しました。

Posted by: Oちゃん | August 13, 2007 at 12:42 AM

Oちゃん 久々の書き込みです
 最近の低価格競争に対するコラム 頷きながら読んでいます。本当に矛盾した競争ですよね
流石に低賃金の中国でも 日本の要求に応える体力無くなりつつ有ります 大会社だけ利益追求にも因りますが・・・・。
 技術者現地に派遣してる意味も無くなってないのかなぁ?と不思議に思う事さえ有りますよ
 昔一時期 問屋外しみたいな有ったと思うけど 其れに近い現象もおきてるしね
悪循環の始まりは ユニクロでしょうか?
其れなりに良い事だった筈なのに 今では皆を苦しめる改革になって来ている気がします
 何処かで食い止めて欲しいと願いつつ・・・・ 

Posted by: まきこ | August 06, 2007 at 03:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/15971444

Listed below are links to weblogs that reference 高品質の農作物の話:

« 安全で安心な食物 | Main | 旅の土産話(ドイツ編予告) »