« 旅の土産話(ドイツ編9)~シュネーバル~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編11)~クリスマスショップ~ »

August 21, 2007

旅の土産話(ドイツ編10)~石器時代のマンガの食事~

P00096 石器時代のマンガで、大きな骨付き肉をかじっている場面があったと思う。
今日は一日フリータイム。夕食は、ローテンブルクの有名レストラン「バウマイスターハウス」にする。月曜日という事もあってすいている。2人で“るるぶ”お勧めの「シュヴァイネハクセ」と「サケのソテー」、「野菜サラダ」とビールを注文する。
シュヴァイネハクセは、豚のすね肉を肉汁やビールをかけ炭火で長時間焼いたもの。ジャガイモ団子のクネーゼルが2個付合せにある。だが、デッカイ!肉もジャガイモ団子も、2人前はある。やっぱり体の大きいドイツ人仕様だ。石器時代のマンガを思い出した。

|

« 旅の土産話(ドイツ編9)~シュネーバル~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編11)~クリスマスショップ~ »

Comments

毎日見てくれた、ありがとう。
これは、さすがに食べ切れません。
ドイツ人の体格がよい理由がわかりました。

Posted by: Oちゃん | August 22, 2007 at 10:40 PM

 お店で出たのも、おいしそうですね。
るるぶの写真通りで。

二口くらいは食べてみたいです。
食いしん坊・けいでした。

Posted by: けい | August 22, 2007 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/16195560

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(ドイツ編10)~石器時代のマンガの食事~:

« 旅の土産話(ドイツ編9)~シュネーバル~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編11)~クリスマスショップ~ »