« 旅の土産話(ドイツ編14)~枕~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編16)~クイズ「これは何のマーク?」~ »

August 27, 2007

旅の土産話(ドイツ編15)~ノイエピナコテーク~

P00013 ミュンヘンの美術館にいく。ゴッホやモネ、マネ、セザンヌ、ルノアールといった、有名な画家の代表作が飾ってある。しかも直近まで近寄れ、ノーフラッシュなら写真もOKだと言う。日本のように大混雑して十分鑑賞できない美術館とは大違いだ。
 子供たちが十数人やってくる。電車ごっこのように、一本のロープを握っている。到着すると引率の先生が、そのロープを鞄にしまう。迷子にさせない工夫だろう。その子供たちは、ゴッホの“ひまわり”の名画の前で、説明を受けたあと、床に座って、それぞれ絵を描き始めた。日本では信じられない光景だった。
 いい写真を撮るには、いい写真を沢山見ることだ。いい絵を描くには、いい絵を沢山見ることだ。見ることで感性や技法や構図など自然と学べる。本物を見ないと、本物か贋物かの区別はつかない。先程の有名な画家だって、実は沢山の絵をみて真似をしている。モネは日本の浮世絵の構図を取り入れている。セザンヌの絵には日本の箪笥や掛軸が描かれている。こうして本物の前で学んだ子供たちは、きっと感性が磨かれるのだろう。絵画にかぎらず様々な分野で感性が活かされていくのだろう。

|

« 旅の土産話(ドイツ編14)~枕~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編16)~クイズ「これは何のマーク?」~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/16259280

Listed below are links to weblogs that reference 旅の土産話(ドイツ編15)~ノイエピナコテーク~:

« 旅の土産話(ドイツ編14)~枕~ | Main | 旅の土産話(ドイツ編16)~クイズ「これは何のマーク?」~ »