« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

安全で安心な食物

 6月1日に、QPマヨネーズの500gタイプが319円から350円に17年ぶりに値上げとなった。9月には、日本ハムのシャウエッセンが価格据置で7本入りを6本にし実質値上げすると言う。このところ、食料品はじめ、色々な物が値上げされつつある。理由も色々あるのだが、一説には、トウモロコシの価格急騰だと言う。そのお陰で、大豆畑がトウモロコシ畑に替わり、こちらも需要が逼迫。さらに家畜の餌となっていたトウモロコシの急騰のお陰で、畜産農家の採算が合わなくなり養豚など縮小する農家が続出したため食肉価格も値上がりする事態となったそうだ。ところが6月後半にトウモロコシ価格が急落した。
 今年になって、バイオ燃料の話題が豊富になり、日本でも東京圏でエタノール入りのガソリンが試験販売されたそうな。このエタノールの原料がトウモロコシ。昨年9月、オーストラリアの旱魃による小麦の不作がきっかけで、投機マネーがトウモロコシの買いポジションを増やしたのが始まりといわれている。更に、今年の1月にブッシュ大統領は一般教書演説で、ガソリン消費量を減らすため「エタノールなどの代替燃料を2017年までに350億ガロンに増やす」という目標を掲げ、更に高騰した。“エタノールバブル”である。
 しかし、現在は、農家が作付けを増やしたため、需要逼迫懸念が薄らぐと投機熱も下降気味となった。
 元々投機筋では穀物が投機対象とされてきた。しかし、本来食物は人の生活の基本であり投機対象にするべきものでは無いハズである。安全な食物を安定して供給できる体制こそがあるべき姿のハズである。そのためには、“作物がどのように作られ、どれだけ丹精込めて作られたか”と言った「農業の見える化」が必要である。昔と違ってITが発達した現代では夢物語ではなくなるに違いない。
(参考)日経ビジネス2007.7.16号「時流超流「穀物バブル」崩壊の兆し」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2007

疲労回復ドリンク

 ヨーグルトなど、特定保健用食品“トクホ”と呼ばれる商品があるのはご存知でしょう。一般に、血糖値や血圧、中性脂肪、整腸に関する効果をうたったものだが、今回、疲労回復に効くというトクホの第1号の許可が申請された。発表したのは、疲労回復の効果を持つ食品・医薬品を開発する産学官連携の「疲労プロジェクト」で、参加企業の一社が申請したというもの。
 そこで戦々恐々としているのは、元気なCMを流し続けているドリンク剤メーカー。ドリンク剤の効能は「肉体疲労時の栄養補給と滋養強壮」であって疲労回復はうたってない。しかしCMのイメージは“疲労回復に効く”であり、新トクホと真っ向から衝突する。プロジェクトを主導する総医研の創業者の梶本氏は「そもそもドリンク剤は、成分中のカフェインで眠気を覚ましたり、微量のアルコールで気分を高揚させたりして、疲労が軽減した気にさせているにすぎない。」と早くも手厳しい口撃。トクホの場合は臨床試験によりその効果を検証したという。一例として「疲れると唾液の中にヘルペスウイルスが現われる。その量で疲労度を測定する。」などを評価尺度としている。では、その尺度と疲れたという感覚は一致するのだろうか?中立の立場の人でないだけに話半分以下として、ここは大きな疑問としておこう。
 本当に発売されて効能がハッキリすれば、業界の盛衰と再編成につながる可能性がある。それ以上に、効果も期待できるかもしれない。マラソンランナーなら、ハーフのエイドでトクホ一本で、30分は早くゴールできるかもしれない。新ドーピング問題だ!
(参考)日経ビジネス2007.7.16号「時流超流 抗疲労のトクホ発売へ “真打ち”登場にドリンク剤メーカー戦々恐々」より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 28, 2007

プレミアムビール

P00031 プレミアムビールと言えば、サッポロ“エビス”が定番だ。ところが今年の夏は“だった”になるかも知れない。と言うのは、サントリー“プレミアムモルツが、エビスを猛追し、トップが入れ替わる勢いである。
 では、本当に、美味しい究極のビールはあるのだろうか?
山梨県清里に、八ヶ岳ブルワリーがある。そこの醸造長の山田一巳氏は、キリンの横浜工場で、約40年間職人としてビール造りに携わった人だ。その人が定年後、八ヶ岳の醸造長に就任した。
 ある時、テレビ局の取材を受け、
「究極のビールは?」
勿論、「私の作ったデュンケル(オールモルトの濃厚なタイプ)です。」と営業用に答える。
しかし本当の所は、とても究極のビールなど造れないそうだ。どれだけ造り続けても、ビール造りにゴールは無いという。発酵とは、酵母の力で、アルコールと炭酸ガスに分解することであり、酵母のご機嫌をとって気持ちよく仕事をしてもらっている様なもの。生き物と会話しながら向き合うアナログな作業だという。
 世の中、コンピュータを使ったデジタル時代なのだが、現場は、泥臭い職人(体裁良く言えばマイスター)の世界である。
 アナログ時代からデジタル時代への変換を支えてきたベテラン技術者が、新入社員のご機嫌を取りながら、四苦八苦している姿が浮かんできて、ひとごとではない気分である。反抗期の子供を抱えるお父さん、今宵は、酵母と匠の技に感謝して、旨いビールのアワと会話してみませんか。では、一歩お先に、ゴクッ!
(参考)日経ビジネス2007.7.30号「有訓無訓 生き物と対話する難しさ ゴールない奥深さ痛感」より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 27, 2007

ストレスに潰されないコツ

 働き盛りの30代から50代で、うつ病などのメンタルヘルス面での障害を持つ人が増えている。
 日経ビジネス2007.7.23号の話だが、49歳になるE氏は、身内の死、異動、子供の受験、家の購入、客との折衝・・・と、数多くのストレスにも負けずに働き続けてきた。E氏の話では「まるで皿回しのように、どこかの皿が落ちそうになると、飛んでいっては回し、別のものが落ちそうになれば飛んでいってテコ入れする。まさに綱渡りの連続だった。」いつ、鬱病になってもおかしく無い状態なのだが、それでも続けられた理由を尋ねると「100%完全に回そうとしないことですね。1つの皿にこだわると、ほかの皿が落ちるんですよ。だから合格点より少し上の60%、70%回したら、すぐ次に行くんです。」と言う。「仕事も、家庭も、遊びも、どれか1つでも固執しちゃうと、ほかのものが潰れちゃいますよ。」
 最近、E氏の会社の採用試験で求められるのは、「好きなことに100%の力を出し切れる人より、自分の嫌いなことや不得手な分野でも、必ず平均点よりやや上の成績を出せる人間」という。
 そういえば、最近話題の本では、渡辺淳一の「鈍感力」というのがありました。昔、社長になる確率の多い血液型はB型で、A型は几帳面すぎてダメだという説もありました。A型の人は、几帳面でいい仕事をするのですが、几帳面な性格が災いして多くのストレスに対応できないのかもしれません。皆さん、ストレスの多い現代社会です。ほどほどにして上手く乗り切りましょう。
(参考)日経ビジネス2007.7.23号「心と体 心のクスリ ストレスに潰されないコツ」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2007

失敗を楽しむ

 砂漠の植物は、めったに降らない雨の後、猛然と芽を出し花を咲かせ、一面が美しいお花畑となり、種を散らし、めったに降らない次のチャンスを待つ。
 干ばつに強い植物は、その時なりにやるべきことをきちっとしている。立派な葉や美しい花を咲かすことはできなくても、その時のチャンスを活かすために、地下の目に見えないところで根をはわしている。
 成功ばかりしていると、それに満足してしまう。逆に失敗を続けると、現状ではダメだと一生懸命変えようとする。一種のハングリー精神である。成功する人は、2回や3回の失敗で諦めるのではなく、100回やれば99回失敗し、そこから何かをつかむから成功するのかもしれない。99回の失敗を楽天的に楽しめるメンタリティーがある。
 7月24日の夜にNHK総合テレビのプロフェッショナルという番組で、アイガモ農法の古野隆雄さんの挑戦の話が放送された。確か、アイガモ農法の挑戦については、以前に放送があったと思う。今回は、それ以降の挑戦で、
「アイガモは、田の雑草のヒエを食べないと言われているが、本当は食べるかもしれない。」「乾田直播(かんでんじかまき)と言って、乾いた田んぼに直接種を撒く事で、苗作りや田植えなどの重労働を省くことができる。」
などの農業実験を個人で挑戦している。ヒエの実験も、乾田直播も今年の実験は失敗であった。50歳を過ぎた古野さんのコメントは、「あと十数回は挑戦できる。この間に何とかすればいい。」であった。これまで失敗の連続であっても、笑って失敗を楽しんでいるようであった。
雨が降らない。日照りが続いて、田植えの時期を遅らせすぎると収穫も落ちる。しかし古野さんは、そのお陰でジャガイモが大きく成長し沢山の収穫ができたことを喜ぶ。逆境のときや、上手くいかないときに何を考え何をすべきなのか。答えがここにある。
 古野さんは、九州大学の農学部出身だそうだ。有吉佐和子の「複合汚染」という小説で農薬に頼る農業にショックを受け、農薬を使わない農業に挑戦し失敗の連続ののち、アイガモ農法を確立した。田んぼの中に合鴨を放し雑草や害虫を食べさせ、更にその糞が稲の肥料になる。農薬を使わずに稲作を行うには膨大な格闘が必要となる。その常識を覆した農法は、いま世界で急速に広がっている。古野さんは、スイス・シュワブ財団が選出する「世界で最も傑出した社会起業家」に、日本人としてただ1人選ばれている。
(参考)2007.7.24 NHK総合テレビ「プロフェッショナル(農家・古野隆男)?」
    日経ビジネスオンライン2007.7.24「楽天的に『失敗』できる人」(茂木健一郎)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 22, 2007

ひつまぶし

070722_181732 今日は津で、鰻屋に行った。
 もうすぐ7月30日、「土用の丑」である。この日に、うなぎを食べる習慣が出来た有力な説は、“江戸時代に、売れない鰻屋が、物知りの平賀源内に相談したところ、源内は「丑の日」に『う』の字がつくものを食べると夏バテしないという民間伝承を思い出し「本日丑の日」と店先に張らせ、うなぎを食べるべしと宣伝したところ、源内の言うことならと流行しだした。”と言われている。源内が知っていたかどうかは判らないが、うなぎには、ビタミンBが豊富に含まれており、夏バテや食欲減退防止の効果があるそうだ。
 ところで、その鰻屋には、愛知県一色町のポスターがある。日本のうなぎ生産といえば、浜名湖を思い浮かべるが、一色町は実に1/4を占め、生産高1位である。昔から伊勢湾沿岸の三重県は、桑名、津、伊勢とうなぎの名産地で、町の中に、鰻屋が多い。
 さて、今日は「ひつまぶし」を注文した。大阪では、あまり知られていないが、名古屋近辺では、どこの鰻屋にもあるメニューだ。写真のように、おひつに鰻どんぶりが入っていると思えばよい。3~4回にわけ、茶碗に入れて食べる。
 一杯目は、そのまま鰻丼で頂く。
 二杯目は、きざみネギ・海苔、わさびを乗せて、お澄ましの出汁を掛けて頂く。
 三杯目は、お茶漬けで頂く。
 四杯目が残っていれば、一番気に入った食べ方で、もう一度頂く。
一回の食事で、3種類の味わいが出来る。
 今日の店は、うなぎを焼く調理場をガラス張りで外から見えるようにしてある。当然店の外に、蒲焼の美味しそうな煙が立ち込めている。この匂いに誘われて、これからの季節は繁盛しそうだ。そろそろ梅雨明け、暑い夏の到来だ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 21, 2007

めがね

 フレームが曲がったので眼鏡店に行った。簡単に調整してくれた。更にレンズに多数のすり傷があったので聞いてみると、犯人は熱だという。別に熱いところに入れた覚えもないし・・・と思っていると、お風呂は?と聞かれる。普段は当然はずしているのだが、温泉に入ったときに、時々かけたままのときがあった。お湯につけたり、お湯で洗ったりするのは良くないそうだ。さらにサウナは、もっての外!だそうだ。
 最近のレンズはプラスチック系が殆どで、温度が上がると、レンズのコーティングに悪影響があり、その状態でタオルなどで拭くとコーティングに傷がつく。
 そこで、レンズ交換をするつもりで、合わせてもらうと、凄くよく見える。4年前と7年前の眼鏡と比べると雲泥の差だ。それだけ視力が悪くなったということだ。慣れとは不思議なもので、これが当たり前と思っているのだが、本当はもっと綺麗に見えたのだ。会社の健康診断では分からなかったが、たまには眼鏡の検査も大切だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2007

毛髪醤油というショッキングな話

 昔、理容室や美容院で不要となった毛髪の切屑を集めて、カツラや髪文字(かもじ)という女性の添え髪を作ったそうだ。(既にこの商売は消滅したらしいが・・)
 ところが、中国ではこの毛髪の切屑から醤油を密造しているというショッキングな話があった。
 元々、毛髪はアミノ酸の原料。醤油の原料もアミノ酸である。毛髪を10%の塩酸の中に入れて24時間ほど煮沸したあとに濾過して苛性ソーダで中和させるとアミノ酸が出来上がるそうだ。
 勿論、中国政府では、毛髪醤油の生産禁止令を再三発令している。しかし依然として全国各地で密造され、低級醤油として販売されている。一部にはガンを誘発する物質が含まれているとも言われている。中国では醤油にも厳格な食品衛生基準があるのだが、これを守らない悪徳業者が後を絶たない。
 醤油は中華料理の基本中の基本の調味料。密造醤油も格安醤油である。安かろう悪かろうは万国共通である。“高級感漂う店は素材が良いだけで美味しくない”と言うのが一般常識だが、これは中国でも当てはまる話だそうだ。しかし低級感漂う店は、素材も安ければ調味料も安いはず。中国旅行では、安い食品や路傍の屋台での食事は避けるのが賢明かもしれない。
 中国であろうと、日本であろうと、どこにいようが、美味しい中華料理を 信用できる素材で、安価に、安心して食べてみたいものだ!
(参考)日経ビジネスオンライン2006.6.9「中国に残る 髪の毛で造る「醤油」」北村 豊(住友商事総合研究所)」より

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 15, 2007

Hi-Fiステレオ

P00013 久々に、レコードを聴いた。30年以上前に買った当時ブームだったコンポステレオで、古いレコードをかけた。ターンテーブルを回してレコード針を下ろす。相変わらず緊張する一瞬。懐かしい音だ。
 2006年度、ホームシアターシステムが前年割れを起こした中で、音楽再生用のHi-Fiアンプが前年比12.9%増、Hi-Fiスピーカーシステムが59.6%増となった。このところ、パソコンなどに主役の座を追いやられ、隅っこで小さくなったステレオだが、ちょっとした人気復活である。
 牽引役は、やはり定年で金銭的・時間的に余裕のできた団塊の世代である。この世代は、若い頃にステレオでレコードを聴くのがブームであった。企業戦士を経て、余裕の出来た今、若き時代への回帰である。
 現代では、音楽の聴き方も様変わりし、家の中ではなく外出中にイヤフォンで。ソースもレコード店で試聴してでなくネットでダウンロード。再生機器もアナログからデジタルに。となり、スピードの速い世の中、ジックリと聴く時間も作れず、何かとギクシャクした現代。一度、利便性の高いパソコンや自動車を離れて、ゆったりと癒し系のサウンドに耳を傾けるのも、忙しい現代人にとっては、心のリフレッシュになるに違いない。
(参考)日経ビジネス 2007.7.9号「時流超流 売れ筋探偵団 音楽再生用Hi-Fiオーディオ機器の人気が復活 団塊の“休眠層”を呼び覚ます」より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 12, 2007

ビール復権?

 7月12日の中日新聞では、発泡酒等含めたビール系の1-6月のシェアで、アサヒがキリンを0.1%上回ったとある。アサヒの発泡酒「スタイルフリー」が順調に伸び、キリンを小差で振り切った。一方のキリンは、ビールの大型新商品の「キリン・ザ・ゴールド」が好調だそうだ。
 今年はプレミアムビールが話題となっている。昨年なら第3のビール。それ以前は発泡酒と、ビールでない安いビールが売れ、本来のビールの売れ行きが落ちていた。ところが、定番ビールとして「ザ・ゴールド」を発売した所、3月20日の発売から10日で160万ケース(大ビン換算)を販売し、07年度四半期(1-3月)のビール系飲料出荷量ではアサヒを押さえて首位を奪取したそうである。
 ビールと言えばドイツ! ビールの歴史は5~6000年に及ぶと言われており、ドイツの修道院では断食が行われ、その際に飲んでも良い飲料としてビールが認められていた。そこでドイツ各地の修道院でビール醸造が盛んに行われ発展したそうだ。ところが、一人当たりのビール消費量No.1はチェコだそうだ。ビールの歴史を変えたのが、19世紀のチェコのピルゼン地方で誕生したピルスナー。今や日本のほとんど、世界の90%がこのピルスナータイプと言われている。
 発泡酒や第3のビールも手軽で良いのだが、定番ビールを飲むと、独特の味があり、やはり美味い。この夏は、定番復権となるのだろか?・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 10, 2007

秋のゴールデウイーク

 秋の休日である「体育の日」などをずらして11月初めに集め「秋のゴールデンウイーク」を作る構想が、政府与党内に浮上しているそうだ。その賛否を日経ビジネスが聞いた所、「賛成56.9%。反対38.0%。分からない5.1%」だった。賛成意見、反対意見といろいろあるようだが、皆さんはどうでしょう。
(参考)日経ビジネス2007.7.2号「ビジネス世論「秋にもゴールデンウイークを」構想 過半数が「賛成」」より

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 08, 2007

美味しい桃の季節

P00010_1 桃の美味しい季節だ。桃皮を剥いて丸かじりも良いのだが、一口大に切って、ヨーグルトをかけて食べるのも良い。桃には食物繊維のペクチンがあり、腸内環境を整え、コレステロールの吸収を抑制する働きがある。更に糖尿病を予防する効果も期待できる。疲労回復に有効なクエン酸も含まれている。一方のヨーグルトは乳酸菌を多く含みペクチンとの相乗効果で腸内の善玉菌を増殖させる。
 桃の原産地は中国。日本の「古事記」には既に桃の記述がある。桃はバラ科に属し主に花を観賞していた。食用に栽培が本格化したのは明治時代になってからのことであり、品種改良され現在の美味しい桃となった。子供の頃、庭の桃を食べた記憶では、硬くて小さくて、甘くなく、好きな果物ではなかった。大人になっても、やはり天敵である。丸かじりすると、たっぷりの繊維が歯に挟まり歯磨き必須となる。やはり美味しい桃は一口大に切ってヨーグルトと一緒に上品にいただくに限る。
(参考)日経ビジネス2007.7.2号「食材のチカラ-モモ「ペクチン」が生活習慣病を予防」より

| | Comments (2) | TrackBack (2)

July 05, 2007

乾杯!と言えば・・・

 シャンパンと言えば、“結婚式の乾杯!”で飲む物と思いがちだが、今、静かなシャンパンブームだそうだ。
 シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)によると、日本のシャンパン輸入量は今年1~3月には、イギリス、アメリカ、ドイツに次ぐ世界4位に躍進したそうだ。この勢いでは2000年の3倍超の1000万本台となる。
 「ドン・ペリニヨン」や「ローラぺリエ」「モエ・エ・シャンドン」など高級感のあるシャンパンを飲むなら、おしゃれなオードブルやちょっと高級な西洋料理を想像しそうだが、和食や中華でシャンパンを置く店が増えてきた。寿司屋で飲むのが「寿司シャン」と言う。他のお酒を飲んでいても最後にシャンパンを飲むのが「締めシャン」。さらに、居酒屋、蕎麦屋でもシャンパンを置く店がある。極めつけは、お好み焼き屋さん。ソースと青海苔と鰹節のたっぷり掛かったアツアツの豚玉を頬張りながら、シャンパイで乾杯!?
(参考)日経ビジネス2007.7.2号「時流超流 売れ筋探偵団 和食も取り込み裾野拡大、1000万本突破へ シャンパン「日常の泡」に」より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2007 | Main | August 2007 »