« February 2007 | Main | April 2007 »

March 21, 2007

仕事のキホン

 自動車の内装設計で一番神経を使うところは、ダッシュボードやインパネなどの運転席回りだそうだ。常に視界に入るため、この質感が悪いと売れない。最近は、表面に本革や布地の模様を入れた樹脂製である。この成型品を作る金型はノウハウの塊であり、作れるメーカーも限られる。
 そのノウハウを築き上げたメーカーに、愛知県の江南特殊産業という会社がある。ここの金型は経済産業省などが主催する「第1回ものづくり日本大賞」の特別賞を受賞していて、ホンダやトヨタに採用され、高級車の代表のようなリンカーン・コンチネンタルにも採用された。
 その社長の野田泰義氏。73年の第一次石油ショックの時代には、仕事が無くなり、従業員の生活を守る為に、パチンコ店や喫茶店の椅子を一脚100円で洗う日々をおくった経験のある苦労人である。
 今や世界のトップメーカーになった人だが、「小さな仕事をコツコツ引受けてこそ、大きな仕事が舞い込む。小さな仕事のありがたみを忘れてはいけない」と話されている。
(参考)日経ビジネス2007.3.19号「小さなトップランナー江南特殊産業『失敗でできた穴で』世界一」より

| | Comments (0) | TrackBack (3)

March 17, 2007

 春の日差しが感じられるようになりました。「春眠暁を覚えず」の季節です。ところで人の名前で“暁”と書いて、“さとる”とも読めます。
 陽明学者の安岡正篤氏に旧知の牛尾治朗氏(ウシオ電機会長)が尋ね事をしたときのこと、安岡氏は何時間も書庫にこもり調べ、ようやく知りたいことが判った時には、既に空も白み始め、窓からは暁の光が差し込んでいた。そして牛尾氏を呼んで嬉しそうに話されたそうです。「暁という字を“サトル”と読む意味が初めて分かったよ。」
(参考)日経ビジネス2007.3.19号「?」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »