« January 2007 | Main | March 2007 »

February 24, 2007

東京マラソン

P00018_3
 2月18日、初めての東京マラソンが開催されました。
3万人の出場者、それも約9万人のなかより抽選で選ばれた人しか参加できません。
人気の秘密は、やはり花の東京を堂々と交通を遮断して走れると言うことではないでしょうか。その東京マラソン当日は、あいにくの土砂降りの雨! 3万人の出場者ですから、早くからスタートラインの立って待ち、その間にスッカリずぶ濡れで体が冷え切ってしまった人も多いと聞きます。この悪コンディションの中、早い人は、2時間10分で、遅い人は、終了の7時間でゴール。時速にすると、2時間10分:19.47km/h。7時間:6.0km/h。時速6km/hは、早歩きとなりますが、これで7時間は続かない、ゆっくり駆け足レベルと考えればいいでしょう。これなら練習すれば、大抵の人は走れます。つまり、マラソンは練習すれば、基本的に故障が無ければ誰でも走れるのです。ただし、走っている間は、ズーと走るのも、途中でリタイアするのも、自分の判断なのです。誰も助けてくれない。誰も指示やアドバイスしてくれない。スタートダッシュの仕方や途中のペース、休憩の取り方など、残りの距離や時間、関門の通過時間などを考えて、自分の調子を考えて、全部自分で考えなければなりません。この判断を間違えると、後半バテて、つぶれたり、故障の原因となったりします。
 自分の判断で自主的に動くというところが、仕事でも同じで、常に情勢をみて、どう動くか判断しなければならない。そういう点で、仕事も、人生も、マラソンも共通点があります。マラソンのTV中継。2時間30分ほどですが、このような観点から見ると、違った一面が見え面白くなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2007

チョコレート

 チョコレートの季節である。そこで一話。
 最近のチョコレートで、ヒットしたのは「カカオ○%」とか表示したもの。そのカカオはギリシャ語で「テオブロマカカオ(神の食べ物)」と呼ばれており、日本には江戸時代後期に薬として伝わったと言われている。
 カカオの薬効にはポリフェノールとテオブロミンがあり、ポリフェノールは、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があり、赤ワインより含有量は多い。テオブロミンは、自律神経系を調整して心身をリラックスさせる効果がある。また利尿作用を促進して血圧の上昇を抑制したり血行を良くし冷え性を改善する効果もある。そのポリフェノールの酸化を防ぎ薬効を高めるのがビタミンC。つまりイチゴなどの果物と一緒に食べるとより効果が期待できる。
 今渦中の不二家にLOOKチョコレートがあった。チョコの中にイチゴなどのジャムが入っていた。ビタミンCがあるかどうか知らないが、この食べ方は優れていることになる。
 仕事で疲れた時は「チョコレートでホッと一息!」 勉強で疲れた時は「ココアで一息!」納得である。
(参考)日経ビジネス2007.2.12号「食材のチカラ-チョコレート ポリフェノールが健康を促進」(白鳥早奈英:栄養学博士)より

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »