« 知らないのは日本人だけ | Main | チョコレート »

January 13, 2007

“パートから社長”に

 日経ビジネス2007.1.15号に吉野家の安倍社長とブックオフの橋本社長の新年特別対談が載っている。二人ともアルバイトやパートから社長になった人である。どちらも接客業であり、非常にお客様を大切にしている。その表れのひとつとして、ブックオフの「DDY」の話がある。
 「DDY」つまり、ダッシュ、出し切り、山彦の頭文字。店員が小走りで行動する。お客様から買った中古本を新品同様になるまで磨き上げてすぐに書棚に並べる。ひとりが“いらっしゃいませ”と言えば他の店員も”いらっしゃいませ“と反応する。(尤も、最後のYは、狭い寿司屋のカウンター越しに板さん数人が「へい、いらっしゃいませ!」と威勢良く言えば、逆に威嚇されたようで逆効果にもなるが、ブックオフのように広い店内なら問題ない)
 ブックオフの橋本さんは、最初1号店のパートだった。ところが2号店の出店のときにパートのまま店をまかされ社長となった人である。パートから社長になった秘密は、対談の言葉の中にヒントが隠されている。
 事業は良い時も有れば悪い時もある。悪い時に「この棚をひとつだけ変えておけば明日売れるのにな」と気がつくと、遅くまで残ってやってしまう。当然他のアルバイトからは「なぜパートなのに遅くまで働くの?」「いい格好して」と思われる。
 店員が、本当に良くしようと考えている店と、アルバイトだから時間が来れば終わりで早く帰って遊ぼうと考えている店では、店の雰囲気が全く違う。とも話している。
 だから“遅くまで残るのが良い”という事ではない。
 要は“考え方”。「どうすれば良くなるんだろう?」と思う。思うから“ヒント”に気がつき答えが見えてくる。見えれば「やらずにいられない」。
 「どうすれば良くなるんだろう?」これは、接客業だけでなく、どんな業種でも、
普段の生活でも、学校の勉強でも、大切なことです。皆、個性があって、人それぞれ違っているのですが、考える意欲がある限り、遅い早いはあっても、必ず答えは見つかるのです。
(参考)日経ビジネス2007.1.15号「時流超流 新年特別対談『バイトだからさ・・・』の先に」

|

« 知らないのは日本人だけ | Main | チョコレート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/13479265

Listed below are links to weblogs that reference “パートから社長”に:

« 知らないのは日本人だけ | Main | チョコレート »