« June 2006 | Main | August 2006 »

July 23, 2006

枝豆の話

 ビールの当ての定番は、なんと言っても枝豆である。栄養価も高く、豆のたんぱく質に含まれるメチオニンという物質は、アルコールの分解を助け肝臓への負担を和らげる効果があることで知られている。さらに、ビタミンB群や植物繊維のほか、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分などのミネラル類も豊富であり、夏の疲労回復やスタミナ不足にも効果を発揮する。
 この枝豆は、昔は田んぼの畦に植えられていた。元々年貢の取立てがきつく、食料の足しにと考えた農民が、畦の空いた場所に植えたそうである。それを黄色くなるまで放っておくと大豆になる。
 大豆は保存食になるメリットがある。枝豆にはないが、その分、豊富な栄養がある。大豆は、分類上「豆類」に分類されるが、枝豆は「野菜」である。
 枝豆でも、丹波篠山の黒豆は、粒が大きく、豆の皮が少し黒味がかっており、枝豆にして食べると一段と旨い。これが高価な黒豆になると思うと尚一層美味しく感じられる。大きな豆に育てるには、土壌を改良し十分な肥料を与え手間ひまかけて丹精に育て上げるそうで、もはや畦に植える手間のかからない豆とは違ったブランド枝豆である。高価だけど美味しいわけである。
(参考)日経ビジネス2006.7.17号「食材の力-枝豆 夏バテに効く酒のつまみ」(白鳥早奈英=栄養学博士)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

サッカーの試合と仕事の備え

 サッカーのワールドカップはイタリアの優勝で幕を閉じた。
 日本チームの戦いを振り返って、クロアチア戦やオーストラリア戦では、後半に動きが悪くなり負けてしまった。元々日本チームは他の外国チームに比べ、体格面で劣っておりその分スピードで相手をかく乱して得点に結びつけるしかない。ラグビーで有名な平尾誠二氏は、日経ビジネスの2006.7.10号の中で「試合を見ていると、スピーディーというより、何かバタバタしているような印象を受けた。」また「相手との体力差によるものでなく、体力を消耗して当然だという試合運びをしていたことが原因だと思う。」とも言っている。さらに「強いチームはここぞという時に一気にスピードを上げて攻め込み、引くべきところでは引くという、緩急のある動きを見せる。これはサッカーだけでなくラグビーにも通じる課題なのだが、日本はスピードを意識しすぎなのか、常に余裕がなく慌ててプレーをしているようだった。」
 体力差が物を言うラグビー出身の平尾氏の言葉には納得するものがある。この話は、スポーツの世界だけでなく、私達の仕事や生活にも教訓となる。毎日、夜遅くまで残業していて恒常化している場合、“本当に人手が足りない。業務量が多い。”だけであろうか?と疑って掛かることが大切になる。その仕事をやらなければどうなるか?今夜せずに明日にするとどうなるか?つまり業務の優先順位を冷静に考えることである。これを片付けなければ明日はもっと忙しくなると意識しすぎて余裕がなくなってないか?
 生活についても同じである。今日片付けなければ、今日これをしてしまわなくては・・・と追い掛けられる様にしている場合、一度バッサリきってしまうとどうなるのか?と考えると、余裕がでてくる。余裕がでてくると楽に考えられる。
 サッカーの試合を見て冷静に分析して、次の試合に備える。同じようにサッカーの試合を見て、自分の仕事の仕方にダブらせると次の仕事の備えとなるはずである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

温泉と新発想

 長野県の白骨温泉に温泉に行った。いい温泉にゆっくり浸かって、美味しい料理に舌鼓を打つと、心身ともにリフレッシュする。温泉の効能は、古くから知られているが、その効能を医学的に取上げた人は、後藤艮山(ごんざん)という人らしい。
 この人は相当型破りな人だったらしく、京の名古屋玄医の門を叩いたが、十分な謝礼が払えず入門を断られた。これに発奮して独学で漢方を学び、実証的な漢方の流派「古医方」を究めたのである。当時の医者は僧侶を同じ剃髪、黒染めの姿だったが、この人は普通の着物で長髪を束ねて紐で束ねていた。艮山は熊の胆と、薬より体にいいとされる食べ物やお灸、それに温泉を患者に勧めた。そのため「湯熊灸庵」とあだ名された。兵庫県の城崎温泉を実験の場に選び、弟子たちとともに腰痛、脳卒中の後遺症、痔、通風、外傷、婦人病などに温泉がよく効くことを確かめている。自分で試して実際に効くものなら、どんなものでもバカにせず、利用していたようである。
 自分で調べ実験し検証する。これは技術の基本である。どこかの文献に記載されているものをそのまま鵜呑みにして信用するのでなく、自分で確かめてみるとそこに新しい発見が生まれる。文献や権威者の話を信用しすぎると、新しい理論や技術や改善は生まれない。トヨタの改善にしても、ガリレオやニュートンやアインシュタインも、そうであったに違いない。
(参考)日経ビジネス2006.7.3号「漢方養生訓 温泉の自然治癒力」(堀田宗路=医学ジャーナリスト)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2006

7月8日鶴練紫陽花ラン

みなさん、おはようございます。
とっても暑くなりましたね。
家の中で用事していても汗が吹き出るようになりました。
この時期は太陽の下走るのが億劫になります。

7月の鶴練ですが、半分が木陰に隠れた生駒でおこないます。
ふれあいセンターから灯篭ゲートまでの往復30キロです。
私は最近ショートカット癖がついてしまったので、途中引き返して
しまうかもです。
だぶん紫陽花もまだまだ綺麗に咲いてくれていることと思います

日     7月8日(土曜日)

集合場所  ふれあいセンター

集合時間  9時30分(近鉄東生駒駅9:00分発 
      生駒駅発9:04分発の無料バスに乗れば9:20
      分にふれあいセンターに着きます

全員集合しだいラン開始 往復して帰ってきたらふれあいセンターでお風呂 簡単な食事(お茶)をします。
途中の飲み物、栄養補給などお忘れなく
少々の雨だったら決行します。中止になる場合は当日朝の7時までにこの掲示板でお知らせします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月24日鶴練特別編箕面トレイルラン

みなさん、こんにちは

5月も終わりぐらいからいい天気が続くようになり
爽やかな5月はあまりなく急に蒸し暑くなってしましました。
みなさん体調いかがですか?

さて6月の鶴練はまたまた特別編で去年7月にアメリカに移住
したともちゃんを迎え箕面トレイルランおよび一時帰国祝いを
したい思っっています。

日時  6月24日 土曜日

待ち合わせ時間  10時

待ち合わせ場所  阪急箕面駅改札口中ロッカー前

お風呂      石橋温泉

宴会       17時から場所石橋駅(詳細は決まり次第お知らせします。)


ランは参加自由ですが、宴会場は予約必要でおおまかな人数を把握したいためできるだけ早く参加表明御願いします。
予算は4000円くらいです。

トレイルコース案内はまほろんさんに御願いしました。
まほろんさんよろしく御願いします。

ただいまの参加者

ともちゃん 
まほろんさん
リータさん
ルンルンさん
メグちゃん?
すけさん?
O?
Kです 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

朝令暮改

 たまたま「トヨタのモノづくり」をテーマにした講演会を聞く機会があった。その中で、以前に、この“みてみてコラム”で話題にした「巧遅と拙速」の話があった。内容は、以前に書いた「巧遅と拙速」の考えと全く同じであり、改善では、積極的にやるべきことである。新聞などで使われている“悪い意味”では全くない。同じように、一般に悪い意味で用いられるが、改善では、むしろ推奨するべき内容の言葉がある。
 「朝令暮改」という言葉がある。これは、中国・漢の時代の話で、役人の農民に対する搾取が激しく、農民たちの生活が苦しい上に、水害や干害にも見舞われ、さらに臨時に租税を取り立てられる、その為の法令がいくつも出されて、朝出された法令が、夜には改められるといった有様で「法令がころころ変りあてにならないという意味」である。ところが、トヨタの改善では、とにかくいいと思ったことはやってみる。やってみることで新たな問題点が見えてくるので、その不都合を直ぐに改善すればよい。「朝令暮改」はむしろ推奨される行為なのです。
 どちらも、早くやることで次の問題点が見え、それを改善することで更に良くなる。早くやることでコミュニケーションが図れ、ベクトル合わせができ結局ムダやロスが省けることになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »