« 5月4日鶴練「花彩祭マラニック」のお知らせ | Main | 始めの一歩 »

May 12, 2006

紫外線と安全・品質の話

 製造業に携わっている人は、大抵、安全性と品質に気を使っていることでしょう。
 安全にも色々あって、これから夏にかけて紫外線が一番強くなる。紫外線は、日焼けや肌の老化ばかりでなく、皮膚ガンや白内障との関係も指摘されている。
 そこで外出する時の対策は、なるべく日陰を選んで歩く、UVカット効果のある日焼け止めローションを使用する。紫外線を通しにくい黒っぽい衣類や帽子、傘、サングラスを着用する。よくミドルの女性が大きいつば付き帽子をかぶって長袖シャツを着ている姿や、ゴルフ場のキャディさんのように帽子の上からスカーフで顔全体を覆う完全武装スタイルまで、気にする人は大変な気の使いようである。その効果が(つまり品質に)、どれだけ現われるかは定量的ではないのだが、歳月の積み重ねが差にでると言われている。
 工業製品の品質も、毎日の積み重ねが重要となる。ちょっとした事を「まあいいか!」と見逃していると当たり前になる。気が付いた時には不良が続出して取り返しのつかない状態におちいってしまう。
 簡単なようで、当たり前の事を当たり前にズーっと続けてやる事が、本当は一番難しいのです。

|

« 5月4日鶴練「花彩祭マラニック」のお知らせ | Main | 始めの一歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/10038785

Listed below are links to weblogs that reference 紫外線と安全・品質の話:

« 5月4日鶴練「花彩祭マラニック」のお知らせ | Main | 始めの一歩 »