« April 2006 | Main | June 2006 »

May 27, 2006

旭川の旭山動物園

 北海道・旭川の小さな旭山動物園。2005年夏季の3ヶ月累計で、あの上野動物園を抜いて入園者数日本一となった。一時は客足が遠のき、廃園の危機にさえあった。
 何が日本一に押し上げたのか?それは、何も珍しい動物が来たからではなく、全員の意識改革だと言われている。そもそも動物園は、動物を見に来る。そこで働く飼育員は裏方で、動物の世話をして観客の邪魔にならないようにしている。表にでるのは、イルカやお猿の芸を披露する一部のショー担当の人だけ。と言うのがこれまでの動物園の固定概念であった。当然、従業員もその考えが当たり前であった。
 でも、本当に動物の特徴や可愛さや賢さなどの良さを知っているのは、飼育員が一番である。動物園で檻の外から通りすがりで見ているだけでは判らない良さを知っているのは飼育員自身である。その飼育員が、担当の動物の良さを観客に説明する。なるほどとうなづいてもらう。もっと知ってもらって、来て良かったと思ってもらう。そうすればもっと動物園が楽しくなり、自分達も励みになる。そのことに気がついて、飼育員が自分自身の顔と名前でお客の前に立つ。ライブな形で接客することで、“動物相手の仕事”という自己完結的な意識が“お客さんのために何ができるか”という方向へ開かれていく。つまり現場の仕事と思っていたのが、サービス業としての方向転換であった。その方向転換を支えたものは、「動物園の動物はつまらない」「くさい、きたない」といった世間の悪評でありそれに対する悔しい気持ちであった。「自分の担当する動物は、本当はスゴイんだぞ!」ということを何とか伝えたい。現場で仕事をする玄人が、素人であるお客さんと接する事で、本当の良さを伝えることができ、お客さんのハートを掴んだのである。
 自分の感動を他人と共有するための創意工夫は、心躍る仕事なのである。組織の中で「自分の仕事」に没頭している従業員は、どこにでもいる。そこでは個々の職業能力が磨かれ、その人なりのやりがいが生まれているだろう。しかし、それらを組織が最大限に活用する為には「その仕事がお客さんの満足にどうつながっているか」を本人に見通しさせることが重要だ。
 人間は、「誰かに喜んでもらいたい」からこそ良く働き、その動機をはっきり自覚できた時こそ持てる能力をよく発揮する。
 動物園は一例にすぎない。私たちの職場でも、生活の場でも、固定概念に捕らわれていないだろうか?誰かに喜んでもらえる仕事をしているだろうか?折角する仕事なら、創意工夫で心躍る仕事をしなければ自分にとって大損である。
(参考)日経ビジネスオンライン2006.5.24「『旭山動物園のつくり方』は、組織の作り方」(松田尚之)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

メモの効用

 過去の経験が大切なのは、それが必要な時に思い出せるからなのです。もし人間が記憶したものを思い出せなければ、いくら経験しても、また一からやり直しと同じです。同じように本を読むのも、いつか「あっ、あんな事が書いてあった。応用してみよう。」と思い出すことができるから知識として生きてくるのです。もし思い出せなければ、また一から本を読まなければなりません。
 人間の脳には、海馬という部位があり、忘れている情報の中から必要なものをよみがえらせてくれます。非常に優秀な情報整理機能であり、情報を蓄え、取捨選択をする高度な装置なのです。
 私のような凡人には、毎日の情報を全て記憶することなど到底できず、ついさっきの事も「何だったっけ?」と忘れてしまうのですが、これはこれで大切な事で、次の情報を記憶するプロセスにつながるのです。でも忘却ばかりでは仕事になりません。仕事では、情報を探す手掛かりになる「メモを書く」事が、忘れた情報を思い出し、さらに新しい情報を取得する大切な事となります。優秀な海馬にかわる優秀な“メモ書き”を日々行うことが、“仕事の達人”への秘訣につながります。
(参考)日経ビジネスオンライン2006.5.12「『アハ!体験』をご存知ですか?」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

始めの一歩

 明日は休みだ、走るぞ!と思うランナーさんは多いと思います。がしかし、その日になってみると、朝一番に用事があり、機会をのがしてもう走る気がしない。といった状態になることもあるでしょう。
 心理学者の加藤諦三さんは、心のエネルギーというものは使わないと湧いて来ないと言われています。精神分裂症の研究者で有名なエミール・クレペリンというドイツ人は「作業興奮」という考え方を明らかにしました。これは「人は何らかの作業に取りかかって初めて精神状態がその作業に見合ったモードに変化する」ということです。
先程のランナーの話では、始める時間になると気持ちが乗らない。でもいざ走ってみると意外に調子が良くなり、予想外に遠くまで走ってしまった。という状態が良くあります。脳の中心付近に、小さな「側座核」と名付けられた部位があり、ここに刺激が伝わって細胞が興奮すると「やる気」が沸いてくる。何かをやり始める前は、ここが興奮してないので「やる気がしない」状態となっているのです。
「まず、始める!」何かをやる前には気持ちが乗らなくても、やり始めれば沸いて来る。何事も、まず始めることが大切になります。
(参考)日経ビジネルオンライン2006.5.11「先送りしがちになる仕事をこなす3つのDash」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

紫外線と安全・品質の話

 製造業に携わっている人は、大抵、安全性と品質に気を使っていることでしょう。
 安全にも色々あって、これから夏にかけて紫外線が一番強くなる。紫外線は、日焼けや肌の老化ばかりでなく、皮膚ガンや白内障との関係も指摘されている。
 そこで外出する時の対策は、なるべく日陰を選んで歩く、UVカット効果のある日焼け止めローションを使用する。紫外線を通しにくい黒っぽい衣類や帽子、傘、サングラスを着用する。よくミドルの女性が大きいつば付き帽子をかぶって長袖シャツを着ている姿や、ゴルフ場のキャディさんのように帽子の上からスカーフで顔全体を覆う完全武装スタイルまで、気にする人は大変な気の使いようである。その効果が(つまり品質に)、どれだけ現われるかは定量的ではないのだが、歳月の積み重ねが差にでると言われている。
 工業製品の品質も、毎日の積み重ねが重要となる。ちょっとした事を「まあいいか!」と見逃していると当たり前になる。気が付いた時には不良が続出して取り返しのつかない状態におちいってしまう。
 簡単なようで、当たり前の事を当たり前にズーっと続けてやる事が、本当は一番難しいのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2006

5月4日鶴練「花彩祭マラニック」のお知らせ

5月の鶴練はまた特別編で公園お花めぐりをします。
案内はまほろんさんにお願いしました。
今大阪市内で花のフェスティバルが開催されています。
春から初夏に向けてのお花を見にランニングで公園めぐりを
一緒にしませんか?

10:00 JR京橋北口改札口を出たところ集合
10;15 コインロッカーに荷物を預けて出発

1部    京橋~鶴見緑地公園 5k
※1部をワープする場合は地下鉄で
10:50 鶴見緑地公園 鶴練集合場所

2部    花の道~京阪西三荘~大工大~毛馬~桜の宮14k
12:30~
13:15 帝国ホテルで昼食(コンビニで買って川沿いで食べます)

3部    帝国ホテル~中之島公園~靱公園~緒方洪庵宅~
      大阪城公園 12k
※3部をワープする場合は徒歩で大阪城へ

15:00 JR京橋着 白玉温泉へ

17:00 宴会(くつろぎ居酒屋火風土)

ユートピア白玉温泉

http://michikene.ld.infoseek.co.jp/siratama.htm

くつろぎ居酒屋火風土
(店長お勧めコース2400円プラス飲み放題1600円)

http://r.gnavi.co.jp/k312300/menu4.htm


ランニングはドタ参歓迎ですが宴会は予約の都合上なるべく
早く参加表明おねがいします。(できれば4月30日まで)

では、まほろんさん宜しくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »