« March 2006 | Main | May 2006 »

April 28, 2006

大阪タイガース?

 このところ、阪神と阪急と村上なんとかの話題がニュースになっている。今日ラジオで、何があっても「阪神タイガース」の名前は変えないという談話があった。
村上なんとかを絡めて、阪急ホールディングスが阪神電気鉄道株を取得する交渉が膠着状態にある。一般大衆の関心ごとは、鉄道よりもむしろ「阪神タイガース」はどうなるの?である。関係者によると、新しい球団名の候補は「大阪タイガース」が最有力候補になっているそうだ。
 阪神タイガースは、1935年に大阪タイガース(株式会社大阪野球倶楽部)として発足。戦時中には「阪神軍」であったが戦後60年まで大阪タイガースが続いた。一方阪急グループだった阪急ブレーブス(現オリックス)も「大阪阪急野球協会」としてスタートしており、大阪を球団名に入れても顔が立つ。この際、サッカーのJリーグのように、球団名より社名を外して地域名にする球団が増えれば、プロ野球は変るに違いない。当然地域へのファンサービスも増え、ご当地ファンの増加や地域の活性化につながるかもしれない。
(参考)NBonline 2006.4.18「大阪タイガースが最有力に」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2006

桜~限りあるもの~

 今週の初めより、かなりの雨と風が続いていますね。これで今年の桜も散ってしまいそうです。一週間前の土・日で桜を楽しまれた人も多いと思います。桜が美しいのは、さっと咲いて一斉に散るところだと思います。この短い時期しか楽しめない、限りあるからこそ美しいのですね。仮に桜が一年中満開に咲いている状態を想像してください。当たり前になった桜に誰が振り向くのでしょうか。誰がその下で宴会をするのでしょうか?
 限りある時間、限りある命、だから人は優しくなれるのです。青春がいつまでもあるならば、青春は輝かないでしょう。人生が永遠なら努力もしないでしょう。限りあるからこそ、精一杯生きて楽しめるのです。
 宋文洲さんの「限り-母から聞いた寓話の“価値”」(日経ビジネスオンライン2006.4.6)より「昔々、冬の天から雪ではなく小麦粉が降っていました。食料は無限にあるので人々は誰も働く必要がありません。ある日、神様がお坊さんに化身し、農家を訪ねたのです。家の人に『旅をしてお腹がすいたので食べ残りのパンでも頂けませんか』と懇願したのです。しかし、マージャンで忙しいからとお坊さんを追い出してしまいました。人間の廃退を知った神様は、天に戻って小麦粉の替わりに冷たい雪を降らすようにしました。小麦は労働を通じて夏にしか作れない限りあるものにしました。これで人間はやっと今のように同情心のある人間になったそうです。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2006

弁当。コンビニで割り箸がもらえない?

 割り箸の価格が値上げされる。ある大手コンビニは2月下旬割り箸の価格を15%上げた。100円ショップなどに割り箸を卸すアサカ物産は3月から1袋80本入りを50本に減らす。
 割り箸はほぼ100%が中国産である。その中国の業者の団体が、割り箸の価格を5割値上げしてきた。中国は約10年前から日本に割り箸を輸出してきた。この10年で40%ほど輸出価格を下げ市場を制覇した。中国では、昨年から住宅着工が増え原木価格が上昇していたこともあるらしい。しかし、中国に頼りすぎたことが、値上げを認めざるを得ない状況をつくり出していたのは事実で、こんな所にも“チャイナリスク”が存在した。割り箸でも、木材の不要部分から作ったものや竹を利用したものなど、資源のムダ使いを避けた日本製も使われているが全体に占める数は少ない。昨年の春以来“チャイナリスク”がよく報道されるのは、電機や自動車などの大物であるが“中国リスク”の危険な物は他にも沢山あるはずである。これが割り箸で無く、エネルギーや食料などであれば、たちまち大パニックになる。“チャイナリスク”に係わらずアメリカや他国に依存しているものは、今回の教訓を生かす方策を確り立てて頂きたいものだ。
(参考)日経ビジネス2006.3.27号「時流潮流 割り箸が一斉値上げ 弁当、コンビニ業界に新たな“中国リスク”」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

春の魚

 魚辺に春と書いて「鰆(さわら)」これからが旬になる魚です。昔大阪の心斎橋のメインストリートを少し入った所に昔からある“焼き魚定食”の店で、鰆の塩焼き定食を食べた。焼きたての鰆に炊きたての御飯と味噌汁、それに一品が付いていた。スゴク美味しかった。やはり魚は焼きたて、御飯は炊きたて、熱いうちに戴くに限る。
 その鰆には、たんぱく質や脂質、ビタミンDのほか、糖質、亜鉛、健康な皮膚や髪の毛を作るビタミンB2、体内の余分なナトリウムを排出し血圧の上昇を抑えるカリウムも豊富に含んでいる。高血圧の人には“春の魚”が良い。
(参考)日経ビジネス2006.3.27号「食材のチカラ-サワラ 高血圧には“春の魚”」(白鳥早奈英:栄養学博士)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »