« 河津桜⑤ | Main | おいしい食事は、楽しい食卓から »

March 19, 2006

「お花見スイーツ」もあるよ

 今年の桜の開花予報は、大阪市が3月26日。平年に比べて3~4日早くなる見込みです。開花予想から1週間が満開と言われ、4月1日頃が花見のピークとの予想です。少し遅い桜の吉野の中千本は4月9日頃が満開との予想です。
 この花見シーズンは、百貨店の食品売り場の弁当の売り上げが普段の2倍を超す書き入れ時だ。最近は大人数のグループでもオードブルを囲むのではなく、各個人個人が好きな弁当を選ぶ傾向がある。しかし売れ筋の上位は、お節料理と同じく、老舗料亭の高級弁当に人気がある。ただ価格は“お節”ほどでなく5000円程度。行楽弁当の中心価格帯が1500円~2000円の中では高額だ。大阪梅田・阪急百貨店の目玉は、独創性の高いカ上方料理で人気の割烹「き川高嶋」(きは七が3つ)の花見弁当2100円。3月22日から5月7日まで毎日20食限定販売だそうです。
 さらに高島屋新宿店では、花見弁当の購入者の8割が女性である点に注目し「お花見スイーツ」約40種そろえる。ババロアとスポンジを桜色の生クリームで飾りつけした「マキシム・ド・パリ」の「桜のコルベイユ」を筆頭に、食材や盛り付けなどで春らしさを演出し、「食後のもう一品」を狙う。ここまで力を入れる理由は、「一度、花見弁当を買った人は、秋の行楽や、お節の注文にも繋がりやすい」との読みがある。
 吉野山、桜の季節には、阿部野橋からでる近鉄特急の切符は売り切れる。かといって急行は満員で立ち席で往復。車は大停滞。となれば諦めて近くの公園でコンビニ弁当で満足するのが関の山。今年は、一発!奮起して、特急券をインターネットで押さえて、秀吉も詣でた吉野山の桜見物に挑戦してみるか・・・・
(参考)日経ビジネス2006.3.20号「売れ筋探偵団 女性客に照準を合わせる。百貨店の花見弁当「お花見スイーツ」も登場」より

|

« 河津桜⑤ | Main | おいしい食事は、楽しい食卓から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/9166800

Listed below are links to weblogs that reference 「お花見スイーツ」もあるよ:

« 河津桜⑤ | Main | おいしい食事は、楽しい食卓から »