« 山内一豊とお茶 | Main | 今年の新入社員 »

February 04, 2006

ピアノ売ってチョ~ダイ♪

 大阪のTVのCMで、財津一郎の某ピアノ買取のCMがある。「ピアノ売ってチョ~ダイ♪・・・」という踊りながらのCMは大阪の人には馴染みがあると思う。
 ピアノをTV-CMするほど買い取ってそんなに売れるのかと思っていたが、どうやら海外に輸出しているらしい。主な輸出先はイタリアやドイツ、スペインの欧州や、米国、オーストラリアから、タイ、中国のアジア、さらに最近はインドからも注文がある。この会社では、西日本を中心に年間1万2千台を買取り、その9割以上を輸出している。
 日本では、5百万台前後が普及し、新品の販売台数は年間2万3千台、中古品は5万台程度と新品より多く流通している。この理由は、新品は値引きが大きく利幅が少ないのに比べ、中古品は、例えば状態の良いヤマハのアップライトなら15万円程度で買い取り、内部の部品交換や表面研磨などをすれば、約2倍の価格で売れる。それでも新品の1/2である。さらに今の製品より昔の方が材料や作りが良いという話も聞く。
 ヤマハ、カワイといった日本製ブランドは、欧米でも有名であり「日本製品は安くて品質がよく、中古品でも品質が良い」との評価がある。さらに中国やアジアでは、富裕層だけでなく、一般の消費者でもローンを組んで買うようになってきた。日本でも30年前は年間30万台も売れるブームがあった。どの国でも生活水準がよくなると、子供にピアノを習わせることを考えるようだ。
 私も、カミサンが婚礼に持ってきた埃の被ったピアノを練習してみるか・・・
(参考)日本経済新聞2006.1.30「エコノ探偵団 中古ピアノ買い取りなぜ広がる?」より

|

« 山内一豊とお茶 | Main | 今年の新入社員 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/8500286

Listed below are links to weblogs that reference ピアノ売ってチョ~ダイ♪:

« 山内一豊とお茶 | Main | 今年の新入社員 »