« 鶴練・番外編(詳細) | Main | 2/25 鶴錬・番外編 補足【重要事項】 »

February 23, 2006

中国の皇室報道

 今日2月23日は、皇太子様46歳の誕生日である。中国では日本の皇室のニュースがよく流れているそうです。日経ビジネスExpress(2006.2.22)「中国版『皇室報道』ちょっと意外な実態」より抜粋すると、
『東京国立博物館で開かれた「書の至宝-日本と中国」に天皇ご夫妻が2月1日に参観された。この内容を中国国営通信社・新華社のネット版に写真と共に出ており、中国の国宝級の書の展示品が日本人に大きなインパクトを与え大いに歓迎されたなどと書かれており、その記事とリンクした読者の掲示板には「何はともあれ喜ばしいことだ」といった好意的な書込みが目立った。昨年の紀宮さまの御結婚のニュースは新聞各紙が写真入りで経過を詳しく報道した。最近では、紀子さま第3子ご懐妊なども皇位継承規定と皇室典範改正法案の動きなどと共に報道されている。昨今の日本への風当たりからすると意外にも好意的にしかも詳しく書かれている。』
 以前に、このコラムにアップした「項羽と劉邦」その勝者の劉邦が中国を統一して築いたのが“漢”の国。この時代に日本に伝わったのが“漢字”。日本の皇室のニュースが中国では好意的に意外と多く書かれるのは、中国では政治と他のものは別と考える中国社会の“大人ぶり”が背景にありそうだ。“中国の長い歴史”そこに日本が関係しており、長い歴史の中で、ギクシャクした関係や問題点も度々起こっている。しかし、長い歴史の中で見ると一瞬の出来事に過ぎない。必ず問題は解決し友好関係が築かれることは歴史の積み重ねが証明している。やはり隣国とは仲良くしなくてはならない。
 私たちの関係でも、社会や動きでも、色々な性格の人がいて一緒に共同生活しているのが世の中である。一時の意見の違いや感情の問題があったとしても、長い人生の目で見ると刹那に過ぎない。一時の感情に左右されることなく長い目で見て判断するのが“大人の判断”であろう。いろいろな事件や最近の企業倫理の問題や政治経済の問題にしても、一時の利益だけで判断すれば誤った判断をする。長い目で将来を見越して考えることが大切である。

|

« 鶴練・番外編(詳細) | Main | 2/25 鶴錬・番外編 補足【重要事項】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/8803903

Listed below are links to weblogs that reference 中国の皇室報道:

« 鶴練・番外編(詳細) | Main | 2/25 鶴錬・番外編 補足【重要事項】 »