« 素敵な花を | Main | 山内一豊とお茶 »

January 31, 2006

干物の美味しい焼き方

 先日、尾鷲の人からサンマの丸干しを頂いた。早速、焼きたてを頂くととても美味い。この時期の尾鷲のサンマは、三陸沖より下ってきたもので、秋に太ったサンマも回遊するうちに脂肪が落ち身が引き締まっているため開きでなく丸干しにする。塩味が利いて、酒のあてや熱いご飯に最適である。お伊勢参りの参道でも焼き立ての香ばしい香りをさせて売っている。
 日経新聞のアンケート調査によると、2005年12月の「読者がよく食べる干物アンケート」では、
①アジ ②カレイ ③サンマ ④ホッケ ⑤イワシ だそうです。
 プロに聞く「この季節の美味しい干物ランキング」では、
①若狭カレイ ②静岡のキンメダイ ③静岡のアジ ④北海道のコマイ ⑤福井のアマダイ だそうです。「この季節」という質問なので、サンマやイワシは外れたようである。
 漁業組合などの干物に詳しい専門家のおすすめ第一位の「若狭カレイ」は「ササガレイ」とも言い、12月から1月にかけて旬で、干物でも製造後5日位が賞味期限で新鮮なうちに食べた方が良い。“焼く前に骨に沿って両面に包丁で切れ目を入れる”のがコツで、焼いた後きれいに身が外れる。焼き加減は、カレイは「弱火の遠火」、キンメダイやアジは「強火の遠火」。さっと焼いてジューシーさを味わうか、よく焼いて香ばしさを楽しむかは好みに合せると良いそうです。
 美味しい干物とお味噌汁で、炊きたての朝御飯を頂くのは、日本人の最高の贅沢に違いありません。
(参考)2006.1.23 日本経済新聞「プラス1 この季節におすすめの干物」より

|

« 素敵な花を | Main | 山内一豊とお茶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/8437015

Listed below are links to weblogs that reference 干物の美味しい焼き方:

« 素敵な花を | Main | 山内一豊とお茶 »