« クレームは宝 | Main | スカイプ(進化する携帯電話-その2-) »

November 23, 2005

進化する携帯電話

 11月10日、竹中平蔵総務大臣は、携帯電話の新規参入の認定証をソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイルの3社のトップに手渡した。12年ぶりの携帯電話の新規参入である。加入者数が9000万件と飽和状態に達した国内携帯電話市場はさらなる競争にさらされる。
 これまで携帯電話事業は、電話機器をただ同然で売ってもその後の通話料で十分利益がでた。今皆さんが支払っている携帯電話の使用料は相当高価なハズである。しかし一度使い始めると“無し”では過ごされない。ここに携帯電話事業の旨味があった。
 しかしこれからの携帯電話事業は大きく様変わりしそうである。
 インターネット電話「スカイプ」や無線LANの台頭である。インターネットに接続できるパソコンや携帯端末に無償の通信ソフト「スカイプ」を入れれば、相手がスカイプ利用者であれば無料で通話ができる。さらに有料サービスを利用すればアメリカの固定・携帯電話には1分2.7円で、日本の固定電話にも1分3円で掛けられる。日本では認可されていないが固定電話からの受信も本来可能である。更に無線LANのアクセスポイントを多数張り巡らせ何処でも使えるようにする計画があり、これができれば無線IP電話が可能になる。12月にはウィルコムがPDA型のPHS端末を発売する。PHSのほか、無線LANとも接続でき、スカイプも可能である。
 これまでの携帯事業各社が中継基地局などの高価な投資を行い通話料で回収したビジネスモデルは固定電話を携帯電話に変えた。更に革新的なビジネスモデルは携帯電話に取って代わるかもしれない。
(参考)日経ビジネス2005.11.21号「時流超流 ライブドアが放つ無線LANという刺客 新規参入の陰に“タダ携帯”」より

|

« クレームは宝 | Main | スカイプ(進化する携帯電話-その2-) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/7285020

Listed below are links to weblogs that reference 進化する携帯電話:

« クレームは宝 | Main | スカイプ(進化する携帯電話-その2-) »