« September 2005 | Main | November 2005 »

October 28, 2005

思い続ける心(南洲翁遺訓)-その2-

~思い続ける心(敬天愛人)-その1-よりの続き~
 西郷南洲の逸話で、明治維新の末期、幕府側の親藩として最後まで抵抗したのが、会津藩と庄内藩であった。その庄内藩を薩摩藩士を中心に編成した官軍が攻め落とした。官軍の参謀、黒田清隆が城の明け渡しを求めて登城する。上座に黒田が座り、下座に17歳の若き藩主、酒井忠篤(タダズミ)が控える。明け渡しの儀式が滞りなく終えると、黒田がさっと席を立って下座に席を移し、忠篤に「どうぞ上座に、儀式は終わりました。そこは藩主である貴殿の席です。」と言ったのです。
 この礼節に満ちた振る舞いに、戦いに負け意気消沈していた庄内藩の重鎮たちが、あっと驚いた。さらに官軍である薩摩藩士は刀を持たず、丸腰で城下に進駐した。本来ならば庄内藩士から刀を取上げるものを「負けたとはいえ同じ侍、刀を取上げるには及ばず」として、なんと帯刀を許したのです。
 そうした一連の指示を出していたのが西郷南洲であった。その寛大で人道的な扱いに深い感銘を受けた庄内藩士たちは、南洲が薩摩に下野し開いた私学校で学び薫陶を受ける。その後、西郷隆盛は西南戦争で賊軍の長として非業の死を遂げるが、大赦によって賊名が解かれるや、元庄内藩の若者たちが中心になって西郷が生前に語った教えの数々を集め後世に伝えんとして編んだのが「南洲翁遺訓」である。当時の時代背景より政治や外交、軍事などの話題が多いが、一貫して人の上に立つ者が身につけるべき心構えについて述べられており、南洲の没後から100年以上の歳月を経ても、その教えは全く色あせていない。
(参考)日経ビジネス2005.10.3号「敬天愛人 西郷南洲遺訓とわが経営-稲盛和夫」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

思い続ける心(敬天愛人)-その1-

 日経ビジネスの10月3日号より「敬天愛人」と題した連載が始まった。京セラの創業者の稲盛和夫氏の人生訓というべき内容である。そのベースとしているのが南洲翁遺訓である。南洲とは西郷隆盛の雅号であり「敬天愛人」とは西郷隆盛がこよなく愛した言葉である。“天を敬い人を愛する”天を敬うとは自然の道理、人間として正しい道、すなわち天道をもって善しとせよ。人を愛するとは己の欲や私心をなくし“利他”の心をもって生きるべしという万世共通の教えです。西郷南洲は、敬天愛人を日々行うことが人生の目的であると語り、自ら実践した大人物でした。
 南洲が、「一家が仲睦まじく暮らす為にはどうすればよいか」と問うたことがある。問われた人は「夫婦仲睦まじく・・・助け合えばよい。」と中国の「四書五経」の中より答えるのだが「それは看板であって実際に行うのは難しい、どうすれば良いか」と再び問いかける。南洲の答えは「それはね、欲を離れることだよ」と言う。一人一人が過剰な欲を捨てさえすれば全てがうまくいく。その通りなんです。現代の社会でも、企業経営者でも政治家でも、世相が乱れているのも、すべて欲が多過ぎるために起こっている問題ばかり。お互いに欲を少しづつ削れば、自分がほんの少しだけ損をする覚悟をすれば、他人に譲り与える勇気があれば全てうまくいくのです。
 この話を聞くと、「頭ではわかっていても、実際に出来るわけないよ。」と大抵の人は思うに違いありません。「聖人君子でもあるまいし・・・」と笑って終わってしまいます。でも聖人君子になる必要はありません。「そうあるべきだ」「そうありたい」と強く思い続けるだけで良いのです。今の自分はそうでない。全く逆であっても、できるはずがないで終わらずに「そうありたいな」と思い続けるのです。それだけで大きく道を踏み外さない。正道を歩みたいと思う心があれば大きく逸脱しないのです。人間には復元力があって、少し行き過ぎても暫くすると原点に戻ってくるのです。そうありたいと思い続ける初心が非常に重要な事なのです。
~思い続ける心(南洲翁遺訓)-その2-に続く
(参考)日経ビジネス2005.10.3号「敬天愛人 西郷南洲遺訓とわが経営-稲盛和夫」より

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 13, 2005

10月29日鶴見緑地練習会のお知らせ

10月の鶴見緑地練習会のお知らせです。

日     10月29日(土曜日)
集合時間  17:00
集合場所  園内命の塔正面玄関東に約50メートルの看板前
ラン    17:10 ストレッチ後開始
      約10キロ
お風呂   18:30 つぼ花の湯
晩御飯   17:15 銭湯隣のフレンドリー

久しぶりの普通の鶴見緑地練習会です。練習会といっても
毎回ゆっくり走っておしゃべりが多いランニングですが
よかったら走りに来てくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

★迷惑メール対策

 皆さんはパソコンで、迷惑メールに悩まされていませんか?
 2002年に「迷惑メール対策法」という法律が施行されましたが、迷惑メール(スパム)は一向に減りません。
 プロバイダーのスパムブロック機能は非常に強化されてきています。しかし巧妙な手口で迷惑メールは増殖する一方です。通常のメールと見かけは同じものや、送り手のアドレスが毎回変りブロックできないものが後を絶ちません。メールだけでなく掲示板まで侵食されては管理者の削除操作に掛ける無駄な努力も増大の一方ですね。迷惑メールの主な物は、高額商品や投資勧誘、アダルト商売・・・殆んどが詐欺や違法コピー商品、金を巻上げることが目的の詐欺商売。にもかかわらず後を絶たないのはそういう詐欺行為に引っかかる者がわずかでもいるためでしょう。
 最近の迷惑メールの発信地は、日本語メールであっても、米国、香港、韓国、台湾、ロシア、ウクライナなど国外が増えており、国内法では、ネット犯罪に無力と言わざるを得ません。世界では1日に5百億通以上のメールが交わされています。近々その半分がスパムになるという予想があります。それを無くすには、インターネットの仕組みそのものを改良する国際的な取決めや犯罪検挙体制が必要なのかもしれません。何か良い方法をご存知の方は、ぜひ広めて頂きたいものです。
(参考)日本経済新聞9月17日号(山根一真)「デジタルスパイス 迷惑メール対策 根本論議が必要」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2005

★サンマの塩焼き

 サンマの塩焼きを食べる時、皆さんは内蔵も食べますか?
 以前にテレビで松田聖子が「サンマの内臓を食べる」って言っていましたので、食べてみるとこれが実は甘くって美味しいのです。魚の内臓の胆嚢は直ぐに破れて胆汁が内臓に周り、これが苦い味の元になりますが、サンマだけは破れずに料理すると苦さが消えます。特に秋のサンマは脂が内臓を包み甘く美味しくなります。
 サンマなどの青魚には、DHAやIPAが豊富に含まれていて、老化を防ぎ動脈硬化や心筋梗塞・高血圧などの生活習慣病の予防になります。また、良質なタンパク質やカルシウムの吸収を良くするビタミンD、血行を良くするナイアシンなども多く含んでいます。内蔵には、皮膚や粘膜を丈夫にして抵抗力をつけるビタミンAの一種のレチノールが含まれており残さずいただく事をお勧めします。
 江戸時代の庶民は、脂の乗ったこの魚を「秋刀魚が出ると按摩が引っ込む」などと例えたそうです。
 サンマの添え物といえば大根おろしですが、旬のサツマイモとの食べ合わせもお勧めできます。糖質、食物繊維、ビタミンCが豊富なうえ、抗酸化作用のあるビタミンEが玄米の2倍もありサンマの貴重な不飽和脂肪酸(DHA)が酸化するのを防いでくれます。煮物や天ぷらにしてどうぞ・・・
(参考)日経ビジネス2005.10.3号「食材のチカラ-サンマ 生活習慣病の予防に」白鳥早奈英(栄養学博士)より

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 07, 2005

最近「手書きのお手紙」もらった?

 10月6日から国際文通週間である。E-メール全盛の今時に?と思う人も多いと思いますが、実は密かなブームに成りつつある。確かに国内のペンフレンドクラブの数は、2005年6月現在で286、会員数は5,926人、最盛期の1960年と比べると、1/8と1/14である。しかし今文通を始める人は、会員に入ってない人が多い。文通相手はネット掲示板で探す。勿論E-メールも携帯メールもバリバリに使っている人が多く、いま風に「レタ交(=レター交換)」とか「レタ友」とか呼ばれ、10代、20代が多く30代の文通経験者でも再開する人が増えている。
 E-メールや携帯メールで早く返事をしなければいけないとプレッシャーを感じるよりも、時間のあるときに、じっくり時間を掛けられる。本名や住所など相手がよく判らないE-メールや携帯メールより、住所と本名をハッキリ明かして始める文通に“顔が見えるコミュニケーション”の安心感があり、忘れていた欲求と一致したのかもしれない。勿論、文通を始めた人は、その後もE-メールや携帯メールは続けている。「短い連絡は気軽にメールで、大事な話は手紙で・・・」と上手に使い分けている。
 手書きでしっかり文章を作るには、時間と手間が掛かる。それが温もりとなり、回を重ねるうちに信頼関係ができる。生活の隅々までネットが浸透した現代社会は、効率やスピード、利便性が高まった半面、非効率で不便なものを排除してきた。人間には、その無駄や非効率が癒しになり必要なことも事実である。手書きの温もりに“癒し”を求めるのは、現代社会の窮屈さへの反発なのかもしれない。
 私も手紙を書いてみようかな?(誰に?って鋭いツッコミが聞こえてきそうです)。
(参考)日本経済新聞 2005.10.6「生活ウェーブ ネット世代文通に夢中」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

ハリケーンの命名と京都議定書

 アメリカのハリケーン「リタ」は事前の避難が奏功したのか、「カトリーナ」ほどの被害はでなかったようだ。ハリケーンの命名は、世界気象機関が毎シーズンごとにリストを準備する。リストは男女の人名21個がアルファベット順(Q、U、X、Y、Zは除く)に並べる。リタ(Rita)は今年17番目。今年用に残されているのは、Stan、Tammy、Vince、Wilmaの4つしかない。だが今年の北大西洋は例年より海水温が高くハリケーンが異常に多発しており過去最多だった1933年の21個を超える可能性がある。その場合には、ギリシャ語のアルファベットを利用して、α、β、γと名付けられる。
 このハリケーン多発と地球温暖化との因果関係を巡る議論が米国内で盛り上がってきた。論議の行方によっては、温暖化防止のための京都議定書への参加を拒否しているブッシュ政権への批判が強まることにもなりかねない。しかし温暖化と巨大ハリケーンの発生には直接の関係はないという専門家の見解があり因果関係は証明されていない。
 日本でも、台風の増加や各地の地震、暑い夏など異常気象も発生している。石油や資源も限りがある。因果関係の議論はさておき、大切なのは温暖化防止に向けた一人一人の小さな取組みである。その積み重ねで世界の潮流が生まれる。
(参考)日本経済新聞(2005.9.26)「ハリケーン多発 命名リスト尽きる?」。日本経済新聞(2005.9.23)「相次ぐ巨大ハリケーン 米で温暖化との関連論議」より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

“一期一会”の心得

 昔からの豪商には、近江商人が有名である。9月7日にオープンしたそごう心斎橋店に、和菓子の「たねや」が店を構えた。阪神百貨店では洋菓子を含めた菓子売り場でも常に1位の売上を誇り関西では知名度が高い。この「たねや」は明治創業の近江の和菓子屋さんである。百貨店出店にあたり常に新しい仕組みを取入れている。
そごうでは、店の奥に工房を設け作りたての生菓子を提供している。東京三越では、当時中元・歳暮時の売り上げに依存しており季節感のないマニュアル通りの売り場しかなかったところに、1週間ごとに商品を入替え鮮度のある売り場作りをして大成功を収めた。
 近江の老舗として「京都の和菓子屋に負けたくない」という積年の思いが商魂を揺さぶった。近江は琵琶湖の東の平野に位置し広大な農耕地が広がり京料理や京菓子の原材料を供給してきた。常に京を意識し浪速や尾張と対抗し、秀吉の時代から栄えた近江の魂が根付いているのかもしれない。「たねや」の社員のバイブルとなっている和綴じ本「末廣正統苑」には商いの心と近江商人の遺訓が書かれているという。その中にこんな一節がある。「今日いかにお客様にお喜びいただくか、これこそが商いの神髄なり。数字のみを追うのは真の商いにあらず。心を砕き、身を低くしてお客様への礼を尽くすべし・・・」。
 人の出会いは不思議なものである。全く偶然にあった人が、生涯にわたる貴重な友となるかもしれない。あの時あの場所にいなければ、一生会えなかったかも知れない。それだけに新しい人との出会いは大切にしなければならない。大切にする人の元には大切にしてくれる人が集まる。人の繋がりは宝であり財産になり、人徳を形成する。“一期一会”という言葉がある。「茶会に臨む際の心得で、一生に一度の貴重な出会いと心得て、互いに誠意の限りを尽くしなさい。」という意味だそうです。
(参考)日経ビジネス2005.9.26号「ひと烈伝 山本徳次氏[たねやグループCEO]近江発の和菓子革命」(橋長初代:フリージャーナリスト)より

| | Comments (2) | TrackBack (0)

-10,000アクセス超え 謝辞-

『みてみてコラム』2月16日開設(3月6日カウンタ開始)以来10,000超えのご利用を頂きました。皆様の沢山のご訪問ありがとうございます。朝礼ネタなど“ちょっといい話”や雑学などの話題も70本を超え、当面100本超えに向け充実させてまいります。皆様方の温かいご支援よろしくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »