« 当たり前にできる(5S その3) | Main | 幻の焼酎のからくり »

September 22, 2005

パソコンで体の調子悪くしていませんか?

 今、ここをご覧のあなた!「マウス症候群」になっていませんか?
秋風が吹くころ、夏の暑さのせいか疲れやすい、胃がもたれる、腕が重く肩がこるなどと思っているあなたは、一度、パソコンに向かう姿勢を考えてみてください。
 マウス症候群とは、不自然に手首を固定した状態で、マウスを長時間使い続けるために起こる様々な体の不調を指し、一般的には、手首の痛みや痺れ、ひじや肩の痛み、握力の低下などがあげられます。さらに、体の軸が傾くため背骨のバランスが崩れ、首から頭にかけて集中している神経や血管が圧迫される結果、背中の痛み、頭痛やめまい、耳鳴り、目の疲れ、むくみ、肌荒れ、胃もたれ、など様々な症状が全身に表れる。こうした症状は、風邪などで一般的であり、パソコンが原因とは気付きにくいものです。
 毎日パソコンとニラメッコしている人は、パソコンに向かう姿勢を変えてみてください。斜めに腰掛けたり前屈みになったり不自然な姿勢を続けていませんか? キーボードやディスプレイと椅子の高さの関係はどうですか? 軽症なら姿勢を変えるだけで良くなるはずです。症状がなくても時々ストレッチしましょう。両手を後ろに回し息を吐きながら胸や首を後ろに反らしたり、両手を上げて腕全体を後ろに反らすなど、その場で簡単にでき、症状の緩和や予防になります。
(参考)日経ビジネス2005.9.12号「診察室 体調不良は“マウス“のせい?」(KIZカイロプラクティック院長 木津直昭)より

|

« 当たり前にできる(5S その3) | Main | 幻の焼酎のからくり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/6057034

Listed below are links to weblogs that reference パソコンで体の調子悪くしていませんか?:

« 当たり前にできる(5S その3) | Main | 幻の焼酎のからくり »