« ★チャイナリスク | Main | ★ハリケーンと米経済リスク »

August 30, 2005

★チャイナリスクとチーズの話

 最近、チーズが値上がりしている。世界的にチーズが品薄状態になっているらしく、輸入ナチュラルチーズの価格が5年前に比べ4割近く上昇したそうです。チーズは牛や山羊、羊などの乳を凝固させるナチュラルチーズ(NC)とNCを原料に加熱・乳化工程を経て保存性を高めたプロセスチーズ(PC)の二種類に大別される。国内の乳製品メーカーが生産するPCの大半は輸入NCが原料である。その輸入の4割以上はオーストラリア産であり3年前に起きた干ばつで牛乳生産量が減少しそれをきっかけに輸入価格上昇が続いている。日本の消費量も、宅配ピザやコンビニ弁当、総菜類などの業務用が増加しており、昨年度は265,700トンと過去最高を記録。
 世界的にみても品薄状態であり、その原因は、中国の需要が急拡大したことで供給不足になり国際価格が上昇したと言われている。中国の都市部では、マクドナルドやピザハットの出店が増えておりチーズバーガーやピザ用の業務用の需要が伸びている。中国統計局によると2002年の都市部の一人当たりの牛乳消費量は約16kg。日本(39kg)の半分以下だが4年間で2.5倍に増えている。ヨーグルトでは2.8倍に膨らんだ。さらに洋菓子などの加工用の脱脂粉乳の需要も拡大している。中国がチーズや脱脂粉乳の輸入を増やし続けているため世界的に需要が逼迫している。
 中国のような大国が急激な経済成長を続けると様々な影響がでてくる。「世界の工場」といわれ製造業が一斉に中国に進出したが、当然予想されたチャイナリスクは、予想以上に多方面に影響を及ぼしているようです。
(参考)日本経済新聞 2005.8.28「エコノ探偵団 チーズの価格 なぜ上昇?」より

|

« ★チャイナリスク | Main | ★ハリケーンと米経済リスク »

Comments

まきこさん、こんばんは
ブログ見ていただきありがとうございます。
このところ、イベント続きとか旅行とかで、ブログも夏休みしてました。少し涼しくなったので、これから書込み増やしていきます。
中国ネタが続きますが、実際の中国事情はどうなのでしょうか?上海に住んでいると、日本より見る見方と違ったように見えるのでしょうね。そのあたり、宜しければ教えてください。

Posted by: Oちゃん | August 31, 2005 at 11:00 PM

Oちゃん 今晩は!中国事情正にその通りです。牛乳の消費量最近富に増えました、日本では普通の紙パック入り ホント最近なんですよ、しかもチャンと冷蔵されてる(笑)10年前はホテルでも朝のミルクは脱脂粉乳 チーズ、バターはオーストラリアからの輸入しかなく田舎では先ず見る事も手に入れる事も出来ず、上海まで買出しでした。中国でも酪農増えては来ていますが 消費には追い付けないのではと思いますね。Oちゃんんのプログ毎回楽しみにしています 

Posted by: まきこ | August 31, 2005 at 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/5711039

Listed below are links to weblogs that reference ★チャイナリスクとチーズの話:

« ★チャイナリスク | Main | ★ハリケーンと米経済リスク »