« 液晶テレビの時代 | Main | 一番きれいな水 »

July 03, 2005

「王様と私」~最後の恩返し~

 邦画でヒットした「Shall We ダンス?」の主題歌は、有名なミュージカルの「王様と私」の主題歌です。そのミュージカル「王様と私」で当たり役と言えば、王様役のユル・ブリンナー。初演から亡くなる直前の1985年まで合計4,625回も王様役を演じています。ブリンナーは、モンゴル人の父親とルーマニア系のジプシーの母親との間に生まれ、幼い頃に北京に移住して中国大陸を転々とし、10歳の時にフランスに移住し、ソルボンヌ大学で哲学の学士号を取得しています。1941年にアメリカに渡り、50年に新作舞台ミュージカル「王様と私」のオーディションに参加します。オリエンタルな風貌と、ジプシー民謡を歌ったユニークさが買われて大抜擢され、ブリンナーの王様役が誕生するのです。
 このブリンナーと言えば、つるつる頭がトレードマークですが、これは「王様と私」以降の演出効果で、オリエンタルでエキゾチックな容姿につるつるの坊主頭で独特の存在感を醸し出すことに成功しています。
 その彼は、ヘビースモーカーで1983年に肺癌の診断を受けます。1985年5月には癌の悪化で「王様と私」の続演が不可能となります。余命いくばくもないと感じたブリンナーは、死の直前に禁煙を訴えるテレビコマーシャルに出演し、肺癌に蝕まれた姿をTVに現しました。俳優生命に多大なダメージを与える出演に応じたのも、ジプシーの血が流れる彼に安住の地を与えてくれた国に、死をもって喫煙の恐ろしさを訴える恩返しだったのでしょうか。
 (参考)JEITA Review 2005.5「Coffee Break(No.5)ユル・ブリンナーの王様と私」より

|

« 液晶テレビの時代 | Main | 一番きれいな水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/4807580

Listed below are links to weblogs that reference 「王様と私」~最後の恩返し~:

« 液晶テレビの時代 | Main | 一番きれいな水 »