« 愛・地球博「スーパーハイビジョンと万年時計」 | Main | 5月14日鶴練習番外編のお知らせです »

May 10, 2005

四面楚歌と虞美人草~その2~

 ~「その1」より続く~
 四面楚歌の場面には、さらに続く話がある。
 項羽は、戦場でひとり生き残った虞という寵姫を連れていた。四面楚歌の場面で自分の運命が尽きたことを悟り、残った食料と酒で別れの宴を行った。項羽は虞姫をひとり残すことが忍びがたく、虞姫にもその心が伝わり剣をとって舞ったあと自ら命を絶った。紀元前202年の冬である。
 やがて春が廻り来て、虞姫が自決した所に、美しい花が咲いた。虞姫の貞潔な血のように紅く、英雄項羽の運命を哀れむ虞姫の心のように悲しげに揺れていた。人々はこの花を虞姫の生まれかわりと思い“虞美人草”と呼んだ・・・。
 その花は、今の「ひなげし(ポピー)」のことである。

|

« 愛・地球博「スーパーハイビジョンと万年時計」 | Main | 5月14日鶴練習番外編のお知らせです »

Comments

へ~、学校で習うのか?
全く記憶にありません。漢文は大嫌いでした。
でも、有名な故事はいっぱいあるよね。
単なる意味だけでなく、その生まれた背景を知ると
面白いことがいっぱいわかるよね。

Posted by: Oちゃん | May 14, 2005 at 12:10 AM

四面楚歌の漢詩は中学か高校の時に習うね。
虞美人草の話もその時ちらっと聞いたかもしれない。
切なくなる話ですね。
胸キュ~ン!

Posted by: YOKKO | May 13, 2005 at 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/4072638

Listed below are links to weblogs that reference 四面楚歌と虞美人草~その2~:

« 愛・地球博「スーパーハイビジョンと万年時計」 | Main | 5月14日鶴練習番外編のお知らせです »