« March 2005 | Main | May 2005 »

April 29, 2005

「中国4000年の味」に挑む(ハウス・バーモントカレーの話)

 ハウス食品は、日本でお馴染みのカレーを中国に普及させようとしている。日本では、カレーは国民食と言えるほど普及している。しかし中国では馴染みが薄く、自己流で作らせると、中華鍋で大量の油で野菜を炒めて煮込まずに醤油や紹興酒などで味を整えようとしたりする。そこで中国人が作って美味しく感じる“日本式カレー”を目指して商品開発を行った。もちろん隠し味にリンゴとハチミツを使った「バーモントカレー」の中国版である。日本で人気が高いのは、熱でスパイスの香りを飛ばしまろやかなコクを引き出したタイプ。これに対し、中華料理では香菜などを用いるように、香りを前面に出す傾向が強くスパイスの刺激を強調している。試作の繰返しを40回以上行い2000人以上の中国人が試食した結果、81%の人が購入したいというレベルの味を実現した。
 ハウス食品は、2002年10月に、まずレトルトカレーを発売、中国では夫婦共働きが多く電子レンジで温めるだけのレトルトカレーは受け入れやすい。子供から人気に火がつき、最初にTVコマーシャルを見た子供が食べたいと言い出し、やがて親も自分達のために購入するようになった。次にカレー専門店。3号店まではハウスが出店したが2004年9月にCoCo壱番屋と組んで本格的な展開を開始(元々日本でも、壱番屋のカレーは壱番屋専用のカレーをハウスが出荷している)。そして2005年4月上海市でカレールー「百夢多カレー」を発売。
 1970年、ハウス食品はバーモントカレーで、国内トップの座を射止めた。この成功を中国の百夢多カレーで再現できれば、日本式カレーも“中国4000年の味”の仲間入りとなれるかもしれない。
(参考)日経ビジネス2005年4月25日・5月2日合併号
 「戦略-海外事業 ハウス食品 中国4000年の味に挑む」より

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 24, 2005

ハナミズキの小径

sh0060-130 今日は、家から鶴見緑地まで、1時間半程ひとりで鶴練(鶴練:大阪・鶴見緑地公園でのランニングの練習会)
です。このところ春の花々が一斉に咲き、見頃の花が毎週変化しています。
 ちょうど、ハナミズキが見頃です。
先週はまだ花が薄緑でしたが、このところの陽気で、鶴見緑地やその周辺は満開!緑地の北側の未舗装の小径沿いは白や赤のハナミズキの並木となっています。少し判りづらく人も少ないのですが、絵を書く人がいたりして、ゆっくり散策できるお気に入りの小径です。
 花水木(ハナミズキ)は、北アメリカの代表的な木で、バージニア州の州花になっています。1909年から数年間にわたり当時の東京市長の尾崎行雄氏がアメリカ合衆国に桜の苗木を贈り、その返礼として1915年から日本に贈られたのがハナミズキ、日米親善の木として有名です。特に最近は人気があり住宅街の並木に採用されたりしています。
                          by O

| | Comments (4) | TrackBack (0)

万年時計の謎に挑む

 4月23日(土)、今日NHKの9時のニュースの後、たまたま見たNHKスペシャルにはまってしまった。「万年時計の謎に挑む!江戸時代の天才vs.現代の技術者100人▽驚異の歯車構造」という長いタイトルで、150年前の江戸時代末期に田中久重という職人が一人で作りあげた万年時計。一度ゼンマイを巻けば一年動き、和時計・西洋時計・干支・京都から見た太陽と月の動き・月齢(月の満ち欠け)など見事に連動している。それを現代の技術者が解析して復元し中部万博に出展した話なのだが、この万年時計には素晴らしいカラクリと独創が隠されていて、一瞬にして釘付けになってしまった。コンピュータの無い時代に、これだけの物が全て手作りで作れるのは、天才!。そしてモノづくりの原点を見る思いであった。正・逆両方向に動かす歯車や、夏至/冬至などの季節に合わせて動かす数々の独創性、正確に刻む加工精度。今なら、やる前にそんなものは無理です。と言われるが、“失敗と、忍耐と、執念”があれば、とてもできそうも無いものでも可能になる。これがモノづくりの原点なのでしょう。その後も田中久重は蒸気機関車や蒸気汽船を作り、日本の幕末から明治の初期の日本の工業発展に貢献した。彼の作った「田中製作所」の看板の横には、“どんな機械でも製作承ります”とうい内容が書かれていたそうです。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

April 20, 2005

★偽ブランドの話

 中国など、偽ブランド品が数多く作られている。
 日本メーカー名をそのまま使いパッケージまでコピーしたものから、少しだけ名前を変えたそっくりさんまで、例えば、
  SHARKの電気製品、SQNYの電池、HONGDAのバイク、TOSHIBAのガスレンジ(東芝は作っていません)、HAMAYA(ヤマハ)のTシャツ・・・
ニセモノの製品による日本企業の被害額は利益ベースで1兆円にも達すると言われている。しかし、一番の問題は、事故に繋がること。ニセモノは安くしないと売れない。そこでニセモノは、本来必要な安全面や法規制の仕様をバッサリ削除している。
 例えば、今回問題とする「SONYのニセモノのリチウムイオン充電電池」保護機構や制御回路の一部がなく、これによるデジカメの発火・破裂事故が20件ほど報告されており、人体に危害が及んだケースもある。
 一番被害を受けるのは、だまされた使用者であり、それによりブランドを傷つけられた本物メーカーである。
 日本の工業製品がなぜ良いかは、この安全性や法規制対応により品質基準が非常に高く(つまり高価になるが)このことが安心して使えるものとなっている。
 安すぎる商品は疑ってかかる意識が自分を守るかもしれません。皆様もご注意下さいませ。
 (参考)日経ものづくり2005.3月号「事故は語る」、
      日経ものづくり2005.2月号「ニセモノに勝つ」

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 17, 2005

赤いチューリップの花言葉

sh0054-160 昨日は4月定例の鶴練、今日は朝から勝手に鶴練しました。
(鶴練:大阪・鶴見緑地公園でのランニングの練習会)
昨日今日と、風車前にチューリップが見事に満開です。
ところで、チューリップの花言葉ってご存知でしょうか?

 真っ赤なチューリップは、“愛の告白”素敵な花言葉ですね。それ以外に“美しい瞳”という意味もあります。
 白いチューリップは、“思い出の恋”、“失恋”。ちょっと悲しいですが“新しい恋”という意味もあります。
 黄色のチューリップは、“愛の表示”、“名声”と言う意味なのですが、別の意味は“希望のない恋”、“望みなき愛”といった意味もあります。

 誰がつけたのか知りませんが、どの色の花も、皆一生懸命咲いて私たちの目を楽しませてくれています。チューリップが赤ばかりでは面白くないですよね。白も黄色もあって、初めてそれぞれの色のチューリップが美しく咲き誇れるのです。黄色の花言葉を考えた人は、きっと悪い経験をされたのでしょうね。もし黄色の花で良い思い出があれば、花言葉は変わっていたに違いありません。どの花も季節に合わせて綺麗な花を咲かせます、その花に良いも悪いもなく、美しいと感じる心が大切なのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 13, 2005

★カプセル型胃カメラの話

 胃カメラを飲んだことのある人は、大変みたいですね。
これからは、錠剤型のカプセルカメラで済みそうです。

 カプセル型内視鏡が注目されている。現在手に入るのは(但し日本ではまだ認可されていない)次のものだが、数年内の実用化に向け開発が活発化している。
① Given Imaging社 外径11mm×長さ26mm 480$
② アールエフ(長野市)外径9mm×長さ23mm 100$
③ オリンパス 外径11mm×長さ26mm 価格未公表
使い方は、錠剤のように飲み込むだけ。胃や腸のぜん動運動により体内を深耕し消化管の映像を自動撮影した後、体外に排出される。もちろん使い捨てである。患者に負担を与えない楽な検査法として早期実用化が期待されている。
 更に、アールエフでは、今年の春に、直径5.8mm×長さ11mmのNORIKA Jr.を発表予定。価格も50$を目指している。オリンパスは今年の秋に、小腸にも適応したカプセル内視鏡の冶験を開始し2006年半ばの実用化を目指す。
②のアールエフの構造は、レンズの後にCCDカメラ、4個のLED照明、ピント調整用マグネットコイル、ビデオ送信機、姿勢制御コイル、電源用コンデンサ、薬を入れるタンク2基と、まさにミクロの無人宇宙船である。
(参考)日経ものづくり2005.3月号p.23「【詳報】患者の負担が小さいカプセル型内視鏡、数年内に実用化へ」

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 12, 2005

4月16日鶴練のお知らせ

4月、鶴見緑地練習会のお知らせです。

日      4月16日(土曜日)

集合時間   16:30

集合場所   園内命の塔正面玄関東約50メートル東の
       トイレの前の看板

お風呂    18:00 つぼ花の湯

ご飯     19:00 銭湯の前のフレンドリー

庭園内は今春のお花でいっぱいです。たぶん風車前の花壇は
チューリップが満開だと思います。
庭園は17時閉門ですので30分だけお花を楽しみましょう。
その後は普段の芝生広場です。


国際庭園は17時30分まで開いていました
1時間お花ラン楽しめます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2005

拙速と巧遅

 よく新聞などで、拙速(セッソク)という言葉が使われている。「スポーツや他人の行動などで素早いが拙い攻めで失敗だった。」などと批判するときに都合のよさそうな言葉である。だが、お客様に物を買って頂く現場の感覚とはかなりかけ離れている。開発などの現場の立場で言うと、拙速とは「多少未完成でも素早く対応する。そのスピードに十分値打ちがある。」褒め言葉である。
 タイミングが合わなければ商売は消える。欲しいと思った時に欲しいものを提供する。特に開発や試作、企画などでは、たとえ50点の途中の物でも「途中ですが・・・」と速攻で示せば満足して頂ける。人の感覚は微妙なもので、頭の中だけで考えた場合と実際に物や図面を見た時では、かなり違っており、最初に見た後、お客様の考えが変る場合が多々ある。50点の物でも、スピードが速ければ、お客様の望むものに修正する時間が生まれ、ピッタリのものが作れる。
 反対に、100点取ろうとすれば凄く時間がかかってしまい巧遅(コウチ)を過ぎて迷宮化なんてことにもなる。最悪の場合は、100点だと思っていても、それを見たお客様は「こんなイメージじゃなかった。」となるとどうしようもなくなる。
 拙速でも巧遅でも行き着く所は同じだとしても、途中でコミュニケーションが取れベクトル合わせが出来るほうが、結局ムダ・ロスが少なくなる。現場で重宝される所以である。
                              by O

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2005

★春のたけのこ“若竹煮”

 たけのこは、春の味覚を代表する食材のひとつ。
 子供の頃は好きでなかったが、歳と共に大好物になった私のような人も多いと思います。独特の味と食感が大人の好みにピッタリ。たけのこ自体の栄養価は高くないが、食物繊維を豊富に含み、腸内の老廃物や有害物質を吸着して排出する力があり、大腸がんの予防にもなる。またコレステロールの吸収を防ぎ動脈硬化の予防にも役立つ。
 たけのこの旨み成分はアミノ酸。茹でたたけのこを切った時、切り口にでる白い粉は、チロシンというアミノ酸の一種で、脳を活性化する働きがある。取り除かずに食べると良い。食べ合せに適しているのは、アミノ酸の吸収を高めるわかめ。たけのこを鰹だしで香りよく煮て、わかめと木の芽を添える“若竹煮”。
 どうですか?春の味を肴に冷えた吟醸酒をキュッといっぱい、食べたくなって来たでしょう。これからの季節の旬の味、楽しみですね。
(参考)日経ビジネス2005.4.4.号「食材のチカラ たけのこ 食物   繊維が大腸ガンを予防」(白鳥早奈英、栄養学博士)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2005

【桜雨】~ちょっと素敵な話~

 「桜がちらほら咲いてきました。」
冬の寒さを経験しないと、桜は咲かないそうです。
植物は、葉で呼吸をし光合成で栄養を取っています。桜は、葉のないうちに、それまで蓄えていた養分で一気に満開の花を咲かせるのです。でも本当は、冬の寒さに耐え、花に養分を与え、木の活力は弱りきっているのです。
 「桜の頃は雨が多いですね。」
折角見事に咲いた桜の花が雨に打たれて一夜のうちに散ってしまう・・・ 春の嵐のなんと“無情”なことでしょうか。
そんな桜にとって、“無情の雨”は“恵みの雨”だったのです。
たった1日の春の雨で、桜の葉は一気に大きくなるのを感じたことがあるでしょう。雨の後、1週間もすれば、すっかり葉で覆いつくされます。4月の冷たい雨が、若葉をはぐくみ木に活力を復活させ、弱りきった桜を生き返らせるのです。そして暑い夏の間にたっぷりと養分を蓄え、再び私たちに感動を与えてくれるのです。
 嫌われ者の春先の冷たい雨。
でも、かけがえのない優しい命の恵み“桜雨”だったのです。
 ブルーな気分の雨の日は思い出してください。きっと心が温ったかくなります・・・
                              by O

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 02, 2005

リハビリ・ラン①

sh0050 今日は、仕事を早く切り上げて、昼から松阪森林公園までランニングです。一昨年に腰痛(腰椎すべり症)で右足にしびれが出て、ほぼ2年近く、まともに走れてません。昨年末にようやく安定してきたので、10km程の大会にゆっくりペースでリハビリ参加して、今年ようやく1時間30分程度の練習までは何とか回復してきましたので、今日は、2時間のリハビリランに挑戦しました。勿論ゆっくり無理せずです。
 このコースは第2回の<松練・肉練>の森林公園までのコースと殆ど同じです。家から、松阪森林公園までは、最初は平坦ですが途中より登り100%の山登りランになります。でも、家々の庭には、山つつじ、八重の梅、もくれんなど色々な花が咲き、その花を楽しみながらのランでした。
 まだまだマラソンに出場するほどではありませんし、このすべり症は腰椎の変形ですから治らないものです。それだけにいかに安定状態を維持するかに掛かっています。元々健康のために始めたランニングですから、無理せずマイペースでランを楽しみたいと思います。一度走れなくなると復活できるのかと不安になります。でもその分、走れる喜びを強く感じるようになります。
 ランニングで体に異常が出た時は決して無理しない事。それが後々まで尾を引かさないコツかもしれませんね。

PS. YOKKOさんのブログにトラックバックしました。上手く出来たかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »