« ★”愛・地球博”と次世代ハイビジョン | Main | 【愛の妙薬/陳平の毒②】~ちょっといい話~ »

March 28, 2005

【愛の妙薬/陳平の毒①】~ちょっといい話~

 ドニゼッティのオペラに「愛の妙薬」というのがある。
 ヨーロッパの田舎町に、怪しげな薬売りがやってきて、恋の悩みにも効くという万能薬を売る。本当はただの葡萄酒なのだけど、物語の主人公の青年は、その効能を信じて高い値段で買ってしまう。でも、元々内気な彼は、それを飲むと勇気がわいてきて、憧れの娘の心を射止めるというお話です。
 実際は酔っぱらっただけで効能も何もないのですが、「信じるものは救われる」というわけで、信じてそれをきっかけに、ああでもないこうでもないと考え努力すればこそ願いが叶うのです。
 司馬遼太郎の「項羽と劉邦」でも、その教訓は「徳があればこそ人が集まり、勢いがあればこそ勝利がある。勝利は水の流れのようであり、勢いのあるときも澱むときもあり、その水流を見極め、素直に乗れるかが勝利する条件」と考えられる。この事は、現在のビジネスや人生でも生きてくる。やってみないとわからないと言った他人任せでなく、乗り切る算段(戦略)が立って初めて道が開ける。その戦略の上に立ち周到な準備(努力)を行ったからこそ、勝利したのです。
 歴史本が面白いのは、その人物や周囲の人物と共に、行動に移るまでの考えの推移と信じて努力するところが、今に通じる点であり興味を引き付ける所以である。
 ~【愛の妙薬/陳平の毒②】へ続く~

|

« ★”愛・地球博”と次世代ハイビジョン | Main | 【愛の妙薬/陳平の毒②】~ちょっといい話~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84629/3478289

Listed below are links to weblogs that reference 【愛の妙薬/陳平の毒①】~ちょっといい話~:

« ★”愛・地球博”と次世代ハイビジョン | Main | 【愛の妙薬/陳平の毒②】~ちょっといい話~ »