« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

★お茶の話

 お茶に含まれるカテキンが体に良いと言われて久しいですが、2004年はお茶のペットボトルが大ヒット。この影響で生産量が5年で3倍となり、安い茶葉の不足が深刻となっています。原料の荒茶(一次加工されたもの)は収穫時期の早い順に「一番茶」「二番茶」・・・と遅いほど安くなります。飲料メーカーがターゲットにするのは、2番茶以降のもので、2003年と2004年では、卸値が、2番茶で120%、3番茶で200%、4番茶で150%と大幅UPです。
 ところが一般の人が買う家庭用の茶葉はあまり価格UPしていません。これは業界の慣習として、商品に含む荒茶の配合割合を変え、価格を一定にしているからです。同じ値段でも「今年のお茶はいい」とか「悪い」とか評価されるのはこのためです。ところが荒茶の割合を増やすにも限界があり、高くなりすぎると利益を削って高い茶葉を入れざるを得なくなります。最大手の伊藤園でもブームに係わらず営業利益は9.8%減と落ち込んでいます。
 当分、緑茶飲料ブームは続く見通しです。お茶文化も“急須”から“ペットボトル”へと変化しており、そのうち飲食店で「お茶は無料」の常識がなくなる日がくるかもしれません。ところで、ペットボトルは関西空港の通関で見せなければ通れませんでした。ハイジャック対策?びっくり!これも時代の変化ですね。ちょっと前ならミネラルウォーターのペットボトルがブームとなりガソリンより高い水と話題になったものです。身近な所での変化が、改めて“時代の流れの中”にいることを感じさせます。
(参考)
 日経ビジネス 2005.2.21.号
 「時流超流 安いお茶が消えている」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 26, 2005

★お酒と肝臓の話

お酒が“百薬の長”となるかは飲み方・心掛け次第なのでです。

 大量にアルコールを摂取し続けると、アルコール分解酵素の一部の働きが活発なり多量のお酒が飲めるようになります。ところが、アルコール代謝・分解の時に起こる肝細胞の変化が恒常的に続くことになります。それが高じると肝細胞は変性し、壊死、繊維化を起こし、肝臓の働きが弱まります。これがアルコール性肝障害で、脂肪肝、肝炎などから肝硬変、肝臓ガンにまで至ることがあります。
 アルコール性肝障害の症状で頻度が高いのは、右上腹部鈍痛、嘔吐、下痢、黄疸、倦怠感のほか、時には発熱など風邪のような症状を伴うこともあります。アルコールは肝臓の酵素の働きで水と二酸化炭素に分解される。問題はその過程で発生するアセトアルデヒド。これは別の酵素で分解されるが、この分解力が弱い体質の人が常習飲酒者になると肝障害を起こしやすいと言われています。
 肝臓を痛めずにお酒を楽しむためには、週1~2回の休肝日を作るほか、飲酒時にはタンパク質の豊富なおつまみを取ることも大切なのです。

これを読んで下さっている皆さん、健康には十分気を使っておられることと思いますが、何事も程々に、お酒とも楽しくお付合いし“百薬の長”と致しましょう。

(参考)
 日経ビジネス 2005.2.28号「心と体 診察室 肝臓に優しい飲酒習慣を」川瀬建夫(公立学校共済組合関東中央病院 消化器内科部長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

■重要会議 ~ちょっと休憩①~

ヒロシです。
重要会議で”PDCA”の取組み発表をすることになりました。
”YMCA”と言わないか心配です。

※”PDCA”:Plan-Do-Check-Actionでの改善手法のこと。

PS.~ちょっと休憩~ 
 当コラムの中で、ホッと息抜きできるコーナーをスタートしました
                           by O

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2005

【本気にさせる】~ちょといい話⑤~

 <「5S」よりの続きです。>
前回は「躾」の問題でしょうか?と言ってしまいましたが、
別の本で、これまた、ちょっと気になる言葉を発見しました。

 PRESIDENT 2005.1.31号
 「しらけ部下を本気にさせるにはどうすべきか」
 弥永利司(U-スピリット代表(ユニクロ久留米上津店))より
 ・・・・・うちの店に入ってくる人たちには、最初に「ここは学校
 じゃない」「一般社会の常識と会社の常識は違う」と叩き
 込んでいます。
  なぜ一般社会の常識が企業に通用しないかというと、
 会社は強くなって勝たなければ潰れてしまうからです。
 みんな平等とか、そんな甘いことは言っていられない。
 だから、まず、強くなければ淘汰されると言う危機感を持た
 せる。最低限必要なレジ打ちとかミシンの補正を覚えさせて、
 「一ヶ月でマスターできなければ辞めさせる」と宣言して、
 最初の段階で会社の厳しさを教えます。
 でも、ここで落ちこぼれた人間は過去に一人もおりません。
 みんな、できるんですよ。
 要はやるか、やらないかだけです。

 人が努力するのは、なぜしなければいけないか?という目的意識があって初めて頑張れるのですよね。目的意識がなければ努力しない。っていうのが普通の人ですよね。子供でもこれが出来るとサンタさんプレゼント持って来てくれるよ。と言えば頑張るでしょ。大人も同じです。躾も目的をハッキリ示せば、進んで出来るハズなんですけどね。
では、目的意識をはっきりさせるのは、どうするの?<これはまた次回に続くとします。>
                            by O

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

【河津桜②】~ちょっといい話④

 今日、一日遅れで、自主鶴練(ランニングの鶴見緑地練習会)しました。昨日の2月本編は雨で中止、O&Kで午前中一時間程、日中開門の園内をうろうろ・・・
 寒い中、カラオケグループや、モデル写真撮影会、バードウォッチング、ウォーキングにフリーマーケットと賑わっていました。

 先の書込みの「河津桜」見てきました。
日本庭園前の池より階段を上がり右の鶴見新山方面へ60~80m位の所に2本あります。今年は、遅いようで、まだ蕾、ピンク色の蕾も数個ありましたが見ごろは3月入ってからかな。

 前回「思いやり」の話をしましたが、
雑誌の(PRESIDENT 2005.1.31号)で、俳優の佐藤蛾次郎さんの、「男の魅力はどうすれば醸し出せるか」という話より、
  ・・・・・
  いい男っていうのは、まず人間的に思いやりのある人ね。
  これのない奴はろくなもんじゃない。家庭でも、上司、仕事に
  対しても、すべてのことに対する思いやりだよな・・・・・
  そう難しいことじゃない。思いやり。モラル。ちょっとした常識を
  守る。それがいい男の条件です。
  別にいい格好しなくたって、普通でいいから。

 ちょっと借用ですが、男の魅力に限らず、女性の魅力でもあります。”人間的な魅力は・・・”っという解釈をするものなのでしょうけど、PRESIDENTですから、男の魅力は・・・て書いた方が商売になるのでしょうね。
                           by O

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【5S】~ちょっといい話③

生産の世界での話です。
2Sといえば整理・整頓。5Sといえば整理・整頓に清掃・清潔・躾を加えた5つ。と決まっています。
日本の生産工場では、必ずこれらの言葉が、スローガンとして、どこかに掲げられています。ところがこの5つの意味を上手く言える人は少ないのです。

5Sの本来の意味を整理すると、
・整理「必要なものと必要でないものを分け、不必要なものを
    処分すること」
・整頓「必要なものを効率よく取りだせるように配置すること」
・清潔「整理整頓した良い状態を維持・改善していくこと」
・清掃「維持管理の過程や作業などで発生した不要物を
    取り除くこと」
・躾 「5Sの理念を教育指導し全ての従業員に浸透させること」
となります。
 〔日経ものづくり 2004年12月号「中国的工場カイゼン記9」
  遠藤健治(海外進出コンサルタント)より一部引用〕

どうですか、実は私もなるほどとうなってしまいました。
さて、皆様の家庭では・・・問題となるのは、やっぱり「躾」でしょうか?
                    ~次回へ続く~

PS.前回の書込みのレスで、ちょっと躾の話がありましたので、違った切り口で見てみます。→やっぱり朝礼ネタですね。
                         by O

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2005

【天国と地獄】~ちょっといい話②

仏教訓話のなかの話ですが、ある人が高僧に尋ねます。
ある人「天国と地獄はどう違うのでしょうか?」
高僧 「空腹のときに、皆で輪になって食事をするとしよう。
    海や山の幸がいっぱい並んでいるが、それを取る
    箸が1mあったとする。するとどうなる? 皆が我先
    に食べようとして奪い合い、一生懸命箸で取るのだが
    口に運べない。皆こぼしてしまい美味しいご馳走を前に
    誰も食べられない。毎日毎日繰返す。これが地獄
    という所だよ。」
ある人「では、天国とは?」
高僧 「同じように、1mの箸を使って、皆で輪になって食事
    をする。違うのは、我先に食べようとしないで自分の
    反対側の人に食べさせてあげる。今度は相手がこち
    らに料理を運んでくれる。そうして皆でたっぷりと
    ご馳走を味わい、皆で満足する。これが天国ですよ。」
仏教では、「他人のことを思いやりなさい。自分本位でエゴばかりでは結局損をしますよ。」ということでしょう。でももっと現実的に組織で見ると、懸命にやればやるほど、もっといい方法が見えなくなってしまう。一歩下がって冷静に見ると、もっと良い方法があるのに直ぐに気が付く。やり方により天国にも地獄にもなる。“突き進みながらも冷静に見る”つまりこれが「カイゼン」の極意なのかもしれません。
PS.
 朝礼ネタにでも如何でしょうか? 昨日開港した中部国際空港では、トヨタ方式によるカイゼンが至る所で使われたと聞いています。製造業のバイブルともなったトヨタ生産方式では自主的にカイゼン行われているそうです。それは製造業だけでなく空港や官公庁や営業まで広がりつつあります。
         by O

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 16, 2005

【河津桜①】~ちょっといい話①

2月の上旬に咲きはじめ、1ヶ月かけて3月の上旬に満開になる桜があります。
伊豆の河津温泉近くで発見されたので、この名前がついたそうです。少し寒い時に咲くから、ゆっくりと成長しなかなか散らない。地元では1ヵ月にわたり“河津桜祭り”が行われています。鶴練の鶴見緑地では、日本庭園の池より階段を上がって右の方に数本有ったと思います。
ちょっと違ったことをする。すると良い様にも悪い様にも見えますが、良いところを上手く育てると素晴らしいものに変化します。人でも商品でも植物でも・・・
上手く育てる極意って何なのでしょうか。
“人間的な思いやり“かな。家庭でも、仕事でも、人に対しても、物に対しても、すべてのことに対する思いやり・・・
“すべての・・“っていうところが凄く難しい!失敗もいっぱいするのだけれど、決して難しく考えることはなくって、普段のちょっとしたことでいいんだ。それの積み重ねだよね、きっと・・・
                            by O

| | Comments (5) | TrackBack (2)

いよいよ開設です。

こんにちは、今日から”みてみてコラム”のスタートです。
はじめに、
このブログは、OちゃんKちゃんのホームページ”Hello's World”
http://homepage2.nifty.com/hello-ok/
よりリンクいたします。当HPにお越し頂いたお客様を対象に、
私たちの日頃の話題などを気のむくまま、ちょっと気取ってみたり、ちょっと気軽に、
その日の気分でしたためてみます。
テーマは色々ですが、お付き合いの程宜しくお願い致します。
                            by O

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 15, 2005

2月19日鶴練のお知らせ

2月の鶴見緑地練習会のお知らせです

日     2月19日(土曜日)

集合時間  5:00

集合場所  園内命の塔正面玄関より50メートルほど手前の
      看板の前
      
銭湯    6:30分頃 つぼ花の湯

オフ    7:30分ごろ 銭湯隣のフレンドリー

今各地でいろんな大会が催されています。
鶴練メンバーもそれぞれ大会に参加されたことでしょう
寒い夜の練習会ですがオフでは温かいスープなどを飲み
ながらマラソンの感想、今後参加する大会について
意見交換しましょう
ランは芝生広場3週約10キロです。
物足りない人は公園まで走ってくるか、先に来て走って
おいてくださいね
では、お会いできる事楽しみにしています。

荷物は車に預かります。
雨の場合は中止です
事前にお知らせします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »